タグ:AF-S 70-200mmf/2.8G ED VRII ( 31 ) タグの人気記事

2020年 01月 13日
養老川臨海公園 2
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
養老川臨海公園 2_f0018464_21405904.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

前回の続きです。
他にも色々と撮ってきたので紹介します。



More

by muto2100 | 2020-01-13 21:21 | 風景・千葉 | Comments(0)
2020年 01月 06日
真名瀬海岸 1
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
真名瀬海岸 1_f0018464_17573535.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

新年初撮りに行ってきました。
行ってきた先は真名瀬海岸です。
ところで「真名瀬」って読めますか?
「まなせ」じゃないですよ。
真名瀬と書いて「しんなせ」と読みます。

真名瀬海岸は神奈川県三浦郡葉山町にあります。
近くに森戸神社があって
その神社の鳥居が海中の岩場に建っています。
また、近くに「裕次郎灯台」という
故石原裕次郎の功績を讃えた灯台も建っていて
「鳥居」「灯台」「富士山」の3つを
同時に構図に入れることが出来る撮影スポットです。

ただ、こんなに良い場所なのに知名度は意外と低く
「森戸の夕照」と称する森戸海岸と
歌川広重の浮世絵「相州三浦秋屋の里」
に描かれた立石公園が
ともに「神奈川景勝50選」に選ばれていて
真名瀬海岸はこの2つの観光名所の間にあるので
あまり人がいないのが特徴です。

この日も三脚抱えた風景カメラマンは
私を含めて4人しかいませんでした。

真名瀬海岸 1_f0018464_17534627.jpg

真名瀬海岸に訪問するのは今回が2度目です。
前回訪問は2013年3月。
何と7年近くも前のことになります。
(その時の記事はこちらです。)

あの時は富士山は綺麗に焼けてくれたのですが
岩のバランスがイマイチで
構図的に不満の残る撮影でした。
撮影機材もD300ということでDXフォーマットですし
私の現像・レタッチ技術も稚拙です。

なので、今回は
7年前の反省を踏まえて再挑戦となりました。

果たして結果は御覧の通り。
岩のバランスは良い感じに決まったのですが
残念ながら富士山が焼けませんでした。
(^^;
富士山が焼けた前回訪問が3月だったので
ちょっと時期が早すぎたみたいです。
2か月後に再訪します。


More

by muto2100 | 2020-01-06 11:15 | 風景・その他 | Comments(0)
2019年 12月 24日
久津間海岸 6

Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
久津間海岸 6_f0018464_23053005.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

前回の続きです。
富士山を中央に配して電柱を周りに散らし
右に添景として人を入れてパチリ。
人が入ると情緒が出ますね。

前回と同じ場所で撮っているようで
実は20mくらい右に移動して撮っています。


More

by muto2100 | 2019-12-24 22:47 | 風景・千葉 | Comments(0)
2019年 12月 23日
久津間海岸 5
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
久津間海岸 5_f0018464_22521985.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

題:「夕凪」

前回の訪問から1週間後。
木更津の久津間海岸に再訪しました。
12月に入ってから、これで3回目ですね。
最近、しつこいくらいに訪問していますが
電柱がいつ撤去されるかわからないので
今冬は納得のいく写真が撮れるまで通い続けます。

この日は干潮から満潮に代わる潮目だったので
潮溜まりは期待できません。
なのでNDフィルターを装着し、F16まで絞り込んで
25秒の長時間露光で海面を滑らかにしました。
なかなか良い感じに仕上がったと自画自賛の1枚です。

ちなみに、この写真は前回撮影した場所ではなく
少し離れた所で撮っています。

この角度からだと、富士山と電柱を
良い感じに絡めて撮ることができますが
その代わりに、左手にある君津の製鉄所を入れて
撮ることができません。
その辺がちょっと悩ましかったりしますが
個人的にはこっちの方が好みですね。

忙しいので、今日はこの辺で。
 


by muto2100 | 2019-12-23 20:43 | 風景・千葉 | Comments(0)
2019年 12月 10日
久津間海岸 1
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
久津間海岸 1_f0018464_20552495.jpg

今日から新シリーズです。

前回の記事でアクアラインの夕景の写真を紹介しましたが
数日後に木更津を再訪しました。


More

by muto2100 | 2019-12-10 21:47 | 風景・千葉 | Comments(0)
2019年 11月 14日
小田代ヶ原 8
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
小田代ヶ原 8_f0018464_09404802.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

立冬を過ぎて、私が住んでいる千葉県地方も
朝晩が冷え込み、寒さを感じるようになりました。
いよいよ関東の平野部にも紅葉の時期がやってきます。
街角の木々もだんだんと色づいてきました。


閑話休題。
今日は前回の続きで小田代ヶ原の黄葉です。
他にも色々と撮ってきたので紹介します。


More

by muto2100 | 2019-11-14 10:05 | 風景・栃木 | Comments(0)
2019年 11月 10日
小田代ヶ原 7
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
小田代ヶ原 7_f0018464_17212376.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

前回の続きです。
陽が昇ってきて、落葉松の金屏風が全容を現してから
小田代湖の水鏡のリフレクションを利用してパチリ。
「貴婦人」と呼ばれる白樺の木を右奥に配して
構図のバランスをとりました。
小田代ヶ原らしい1枚です。

ただ、小田代ヶ原をよく知らない人は
この写真でも十分良いと思われるかもしれませんが
実は、私が狙っていたのは
これにプラスして霧氷が付いた状況なのです。
貴婦人とその足元の木や草に霧氷が付いて白くなると
背後の落葉松の黄葉の色と相まって
素晴らしい景観になるのです。

霧氷は水蒸気が凍って木々に張り付く現象なので
気温が氷点下にならなくては氷は付きません。
ところが、この日は生憎とそこそこに暖かい日でした。

私が訪問した2日後に霧氷が付いたので
今回は本当に悔しかったですね。
まぁ、私の普段の行いが悪いのでしょう。
(^^;

そんなわけで、この写真は
自己採点で75点といったところです。
次に小田代湖が出現するのが
何年後になるのかわかりませんが
100点満点の写真は
次回の楽しみにとっておきます。
(負け惜しみ)
 


by muto2100 | 2019-11-10 17:35 | 風景・栃木 | Comments(0)
2019年 11月 08日
小田代ヶ原 6
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
小田代ヶ原 6_f0018464_06365085.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

題:「小田代ヶ原の錦秋」


前回の続きです。

霧が晴れてくると、金色の落葉松林が
少しずつその姿を現し始めます。
やがて、緻密なタッチで描かれた日本画のような
美しい風景が目の前に現れました。

いつまで見ていても飽きることのない
小田代ヶ原の錦秋の風景。
「写真撮影を趣味にしていて本当に良かった」
と、つくづく思うひとときです。


by muto2100 | 2019-11-08 20:47 | 風景・栃木 | Comments(0)
2019年 10月 22日
小田代ヶ原 4
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
小田代ヶ原 4_f0018464_07305748.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

前回の続きです。
「貴婦人」と呼ばれる白樺を主役にしてパチリ。
この白樺は小田代ヶ原のシンボルツリーで
多くのカメラマンがこの白樺を撮りにここまでやってきます。

ただ、この白樺に拘り過ぎると構図が破綻するので
私はあまり拘らないようにして撮っています。
今回は草紅葉が良い感じに映えてくれましたね。^^


More

by muto2100 | 2019-10-22 21:18 | 風景・栃木 | Comments(0)
2019年 10月 20日
小田代ヶ原 2
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
小田代ヶ原 2_f0018464_20374047.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

題:「幻の朝」

昨日の続きです。
夜明けとともに霧が晴れてきて視界が開けると
素晴らしい光景が眼前に現れました。

ヽ(*´▽`)ノ ヤッター

先ほどまでお喋りに花を咲かせていた爺様達も
この時ばかりは皆無言でシャッターを切っています。
まさに風景屋にとっては至福のひと時ですね。
私も夢中でシャッターを切り続けました。

この日は深夜の1時半に家を出て現地入りしましたが
そんな苦労が報われました。

ただ、作品名が適当なものが浮かばなくて難儀しています。
とりあえずは幻の湖の夜明けなので
「幻の朝」と名付けましたがイマイチですよね。

再考します。(^^;
 


by muto2100 | 2019-10-20 10:47 | 風景・栃木 | Comments(0)