2021年 05月 07日
美人林 2
Nikon D780 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
美人林 2_f0018464_06361067.jpg

↑ クリックすると大きくなります。

題:「欣喜の朝」

昨日の続きです。

「一瞬でもいいから太陽が出てきてくれ」
と、祈るような気持ちで待っていると
祈りが通じたのか、私の普段の行いが良いのか
雲間から光が差してきました。
その瞬間、今まで暗く地味だった美人林が
息を吹き返したように明るく輝きます。

風景撮影を趣味にしていて良かったと
心から思う瞬間です。

(*^∀゚)b ヤッタネ!
 


# by muto2100 | 2021-05-07 06:44 | 風景・新潟 | Comments(0)
2021年 05月 05日
美人林 1
Nikon D780 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
美人林 1_f0018464_20432566.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

6日ぶりの更新になります。
GW中は撮影機材を車に放り込んで
ちょいと遠出をしていました。

↑ は、そんなGW中に訪問した撮影地の一つ。
新潟県・松之山の美人林です。
松之山は拙blogの主力コンテンツの一つで
年に一度は必ず訪問してきた
お気に入りの撮影地です。

ただ、昨年はコロナ禍にあって
全く歓迎されていない雰囲気だったので
訪問を自粛しました。
なので松之山訪問は丸2年ぶりになります。

私が訪問したのは5月2日。
前日の1日の新潟は深夜まで雨模様でした。
ただ、SCWの雲量情報を調べたところ
2日の天候もイマイチですが
晴れる可能性もそこそこありそうです。

「これはチャンスかも」と思い立ち
1日の深夜に250km車を走らせ現地入りして
最初に撮ったのが ↑ の写真。

足元の雪は無くなりかけていて
まぁ、良くも悪くもない平凡な写真です。

この写真を観た限りでは
「mutoの奴、こんな写真撮りに行ったの?」
「あらら、しくじり先生やっちまったのね。」
と思われたかもしれません。

ただ、松之山は地元の方が
blogで現地の状況を紹介してくれていますので
雪が解けかけているのは判っていました。

実は、私の今回の目的地はここではなく
もう少し奥に行った場所なのです。
美人林の裏側とでも言えば良いのでしょうか。
幹は整っていませんんが
なかなか雰囲気の良いブナ林があるのです。

↓ こちらがその場所になります。

美人林 1_f0018464_07082836.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

なかなか良い感じですね。
「裏側」は「表側」よりも雪解けが遅いので
まだ雪が多く残っています。
夜半過ぎまで降った雨のお陰で幹が濡れて
さらには低く垂れこめた霧が奥行きを出して
印象を深めてくれています。

これでも十分に良い写真なのですが
私が期待するのは光芒です。

美人林の光芒写真は、もう10年以上に渡って
私が追い求めている被写体です。
「根開けの時期に私が仕事の休みが取れて
夜半過ぎまで雨が降った翌朝に無風で晴れる」
という条件は何気にハードルが高く
美人林には今まで何度も訪問してきましたが
光芒写真を撮る事は一度もできていないのです。

美人林 1_f0018464_07083549.jpg

この日は光芒発生の条件を
たった一つを除いて全て満たしていました。

そのたった一つの条件は「晴れる」ことです。

SCWでは明け方から一時的に晴れるとのことでしたが
果たして夜明けを迎えても生憎の曇り空。
当前ですが、陽が差さないと光芒は現れません。

「お天道様、オナシャス!」
と、祈るような気持ちでその時を待ちます。

つづく。
 



# by muto2100 | 2021-05-05 21:50 | 風景・新潟 | Comments(0)
2021年 04月 29日
大波月海岸 2
Nikon D780 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
大波月海岸 2_f0018464_11250048.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

昨日の続きです。

↑ これが大波月海岸です。
右に見えるのが「ロウソク岩」ですが
全然ロウソクに見えませんね。
この形だったら「烏帽子岩」とか呼んだ方が
良いのではないでしょうか?
まぁ、余計なおせっかいですね。

風光明媚であれば
名前なんかどうでもいいです。はい。

逆光状態だったのでゴースト出まくりですが
こんな感じで黎明の時間帯に
波を流して撮りたいと思っています。
3月に城ケ崎で撮った
橋立の柱状節理みたいなイメージですね。

ちなみに、この写真を撮ったのは
ほぼ干潮に近い時間帯です。
つまりは、この場所は干潮時でないと
立ち入ることが出来ないということです。

今回も撮影していて
何度も波が脚に掛かりそうになりました。


大波月海岸 2_f0018464_11250087.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

↑ ちょっと窮屈に感じるかもしれませんが
この構図も私にとっては重要です。

実は、まとまった雨が降った翌日は
この構図の左上部分から滝が流れます。
よく見ると雨どいみたいになっていますが
判りますでしょうか?


という感じでロケハン終了です。
海岸周辺は外灯も無く寂れていますが
近くにコンビニ(セブンイレブン)があるので
飲食とトイレの心配はありません。
現地入りまでに掛かる時間も把握できました。

次に私がここを訪問するのは
雨後で干潮で晴れた未明の早朝です。
簡単な条件ではないですが
納得のいく写真を撮るためですから
気長に待つことにします。

あ、書き忘れていましたが
今日の写真は、2枚ともND400フィルターを装着して
長時間露光で撮影しています。
 


# by muto2100 | 2021-04-29 08:00 | 風景・千葉 | Comments(0)
2021年 04月 28日
大波月海岸 1
iPhoneX
大波月海岸 1_f0018464_09523298.jpg

1週間ぶりの更新になります。

東京都で緊急事態宣言が発出されました。
私が住んでいる千葉県地方は対象外ですが
隣接県ということで仕事に影響が出ています。

そんなわけで、仕事の方で
ちょっとバタバタしておりました。
(^^;

閑話休題。
先週の休みを利用して大波月海岸に行ってきました。
大波月海岸は千葉県の御宿町にあります。
チーバ君のお尻の辺りと言えば判りやすいかな?

この海岸は天の川撮影で有名ですが
海岸には「ロウソク岩」と呼ばれる奇岩があって
それを絡めると朝景も良い感じに撮れる
ということで、かねてから狙っていた場所なのです。

ただ、この辺りはかなりの田舎で
海岸付近には外灯が一つもありませんから
夜中にいきなり訪問するのは危険かなと思い
明るい時間に下見で訪問した次第です。

↑ は海岸付近の駐車場です。
全く観光地化されていないですね。
看板、埋もれているし。
いや、折れた看板を地面に差したのかな?

いずれにしても、夜中にここを通っても
見逃してしまいそうですね。
やはり昼間に下見に来て良かったです。

ここから海岸までは歩きになります。 


More

# by muto2100 | 2021-04-28 10:18 | 風景・千葉 | Comments(0)
2021年 04月 21日
水張田の夜明け
Nikon D780 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
水張田の夜明け_f0018464_18475047.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

9日ぶりの更新になります。

4月に入ってから公私ともに忙しく
全く撮影に行けていなかったのですが
今日、やっと休みが取れたので
久しぶりに大山千枚田に行ってきました。

生憎と雲一つない快晴だったので
空が単調で面白味が無く
風が吹いていて霧も出なかったので
条件的にはイマイチでしたね。

それでも、それなりに雰囲気のある写真を
撮ることが出来たので良しとします。
3週間ぶりに撮影を楽しめましたからね。

早起きして眠いので
今日はこの辺で。
 


# by muto2100 | 2021-04-21 18:56 | 大山千枚田 | Comments(0)