<   2019年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2019年 11月 10日
小田代ヶ原 7
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
f0018464_17212376.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

前回の続きです。
陽が昇ってきて、落葉松の金屏風が全容を現してから
小田代湖の水鏡のリフレクションを利用してパチリ。
「貴婦人」と呼ばれる白樺の木を右奥に配して
構図のバランスをとりました。
小田代ヶ原らしい1枚です。

ただ、小田代ヶ原をよく知らない人は
この写真でも十分良いと思われるかもしれませんが
実は、私が狙っていたのは
これにプラスして霧氷が付いた状況なのです。
貴婦人とその足元の木や草に霧氷が付いて白くなると
背後の落葉松の黄葉の色と相まって
素晴らしい景観になるのです。

霧氷は水蒸気が凍って木々に張り付く現象なので
気温が氷点下にならなくては氷は付きません。
ところが、この日は生憎とそこそこに暖かい日でした。

私が訪問した2日後に霧氷が付いたので
今回は本当に悔しかったですね。
まぁ、私の普段の行いが悪いのでしょう。
(^^;

そんなわけで、この写真は
自己採点で75点といったところです。
次に小田代湖が出現するのが
何年後になるのかわかりませんが
100点満点の写真は
次回の楽しみにとっておきます。
(負け惜しみ)
 


by muto2100 | 2019-11-10 17:35 | 風景・栃木 | Comments(0)
2019年 11月 08日
小田代ヶ原 6
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
f0018464_06365085.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

題:「小田代ヶ原の錦秋」


前回の続きです。

霧が晴れてくると、金色の落葉松林が
少しずつその姿を現し始めます。
やがて、緻密なタッチで描かれた日本画のような
美しい風景が目の前に現れました。

いつまで見ていても飽きることのない
小田代ヶ原の錦秋の風景。
「写真撮影を趣味にしていて本当に良かった」
と、つくづく思うひとときです。


by muto2100 | 2019-11-08 20:47 | 風景・栃木 | Comments(0)
2019年 11月 07日
小田代ヶ原 5
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
f0018464_10595870.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

1週間ほど前のことになりますが
奥日光の小田代ヶ原に再訪しました。


More

by muto2100 | 2019-11-07 10:56 | 風景・栃木 | Comments(0)
2019年 11月 04日
奥入瀬の秋 5
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
f0018464_20462390.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

奥入瀬の秋シリーズの最終回です。
↑ は「九十九島」の写真です。
小さな島が沢山浮かんでいるような場所なのですが
なかなか良いアングルが探せず
一部を切り取るような構図を選択しました。

うーん、何かイマイチっす。
(^^;


More

by muto2100 | 2019-11-04 08:21 | 風景・その他 | Comments(0)
2019年 11月 03日
奥入瀬の秋 4
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
f0018464_21245362.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

昨日の続きです。
これも「阿修羅の流れ」の一部になります。
ちょっとゴチャゴチャしていますが
奥入瀬の秋らしい1枚です。
 


by muto2100 | 2019-11-03 21:35 | 風景・その他 | Comments(0)
2019年 11月 02日
奥入瀬の秋 3
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
f0018464_22090090.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

11月に入りました。
月日の経つの早いですね。

この3連休は私は仕事なので撮影はお預けです。
今日の小田代ヶ原は氷点下になって
今年初めての樹氷が付いたそうですね。
実は小田代ヶ原には
2日前に休みを取って訪問しているので
ちょっと悔しいです。(^^;

それでも2日前も
それなりに良い写真が撮れていますので
現像して近日中にblogで紹介します。

でもって、今日は奥入瀬シリーズの続きです。
今日UPしたのは「阿修羅の流れ」近辺です。
この辺りは「紅葉」ではなくて「黄葉」といった趣でした。
黄色はちょっと色をいじると
途端に違和感のある写真になってしまうので
実際の色味になるべく近くなるように
気を使いながらの現像となりました。

これはこれで悪くはないのですが
やっぱり渓流写真は「紅葉」の方が良いですね。
 


by muto2100 | 2019-11-02 22:20 | 風景・その他 | Comments(0)