2019年 11月 10日 ( 1 )

2019年 11月 10日
小田代ヶ原 7
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
f0018464_17212376.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

前回の続きです。
陽が昇ってきて、落葉松の金屏風が全容を現してから
小田代湖の水鏡のリフレクションを利用してパチリ。
「貴婦人」と呼ばれる白樺の木を右奥に配して
構図のバランスをとりました。
小田代ヶ原らしい1枚です。

ただ、小田代ヶ原をよく知らない人は
この写真でも十分良いと思われるかもしれませんが
実は、私が狙っていたのは
これにプラスして霧氷が付いた状況なのです。
貴婦人とその足元の木や草に霧氷が付いて白くなると
背後の落葉松の黄葉の色と相まって
素晴らしい景観になるのです。

霧氷は水蒸気が凍って木々に張り付く現象なので
気温が氷点下にならなくては氷は付きません。
ところが、この日は生憎とそこそこに暖かい日でした。

私が訪問した2日後に霧氷が付いたので
今回は本当に悔しかったですね。
まぁ、私の普段の行いが悪いのでしょう。
(^^;

そんなわけで、この写真は
自己採点で75点といったところです。
次に小田代湖が出現するのが
何年後になるのかわかりませんが
100点満点の写真は
次回の楽しみにとっておきます。
(負け惜しみ)
 


by muto2100 | 2019-11-10 17:35 | 風景・栃木 | Comments(0)