2006年 02月 25日
椎茸・2
Nikon D50+Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D
f0018464_7543172.jpg
f0018464_7544054.jpg昨日に引き続き椎茸。
これは、下から撮ったもの。
このアングルの方が、キノコらしさが出て良い感じである。

これらの写真は、三脚を用いてSS2秒・F値23くらいで撮影した。
手持ちで普通に撮ると、被写界深度が浅すぎてボケボケ写真になってしまうから。

by muto2100 | 2006-02-25 08:04 | 植物 | Comments(8)
Commented by Blendy at 2006-02-25 17:38 x
mutoさん、こんにちは。

おいしそうですねぇ~。バター焼きに一票。
しかし、mutoさんは撮影対象にバリエーションが有ってうらやましい。
こちらはまだ、”春まだ遠い”感じです。早く暖かくなって欲しい・・・。
Commented by muto2100 at 2006-02-26 07:06
Blendyさん、こんにちは。
マクロレンズは、いろいろと楽しめて面白いですね。
あんなのどうかな、とかこんなの撮ってみようかなとか、
アイデアがいろいろ浮かんできます。
Commented by doragonjun at 2006-02-26 07:57
おはようございます。
確かにこのアングルの方が見慣れた椎茸という感じがします。
ところで、マクロレンズは色々と楽しめて良いですね~
私も早く欲しいです!!
Commented by tyuuka-syubou at 2006-02-26 10:19
コメントありがとうございました。
こちらもリンクさせてもらいました。

新型のマクロ欲しいですよね。
Commented by isyota at 2006-02-26 16:04 x
こういう被写体は質感を出したいので絞った方が良いですよね。
収穫したてを、焼いてバターとしょうゆで食べれば最高でしょうね。
Commented by muto2100 at 2006-02-26 19:10
doragonjunさん、こんにちは。
マクロレンズは、楽しいですね。オススメです。
60mmと105mmは同じマクロレンズでも用途が違うレンズですね。
それぞれ、活躍する場面があります。
Commented by muto2100 at 2006-02-26 19:12
tyuuka-syubouさん、こんにちは。
MicroVR105mm、気になりますねぇ。
Micro105mmと同じ描写でVR付きなら絶対に買います。
105mmは手ブレに随分気を遣いますからね。
Commented by muto2100 at 2006-02-26 19:17
isyotaさん、こんにちは。
この写真は思い切って絞りました。リアルさを追求したかったんで。
下からのアングルは、三脚を設置するのに結構苦労したんですよ。

じつは、この椎茸、写真を撮っただけで、味見はしてないんですよね。


<< 鴨      椎茸 >>