2008年 08月 31日
紅葉葵
Nikon D300 + Ai AF DC Nikkor 105mm F2D
f0018464_853299.jpg
モミジアオイの花。
近所の空き地に咲いていた。



f0018464_862114.jpg

f0018464_825829.jpg

モミジアオイは北米原産の花で、8月から9月にかけて咲きます。
なかなか大きくて、育つと2m以上になりますね。
なので、これらの写真も見上げるような角度で撮ったものが多いんですよ。

モミジアオイはハイビスカスの仲間なので、
ぱっと見、ハイビスカスの花に似ていますよね。
とくに、しべの形なんかそっくりです。
ちなみに、今日紹介した花はモミジアオイとアメリカフヨウの交配種です。
一般的なモミジアオイの花はもっと細長いです。

紅葉葵の名称は、花ではなく葉の形が紅葉に似ていることから付けられました。
とくに葉の写真は撮らなかったので、花と一緒に写っている葉の一部から想像してください。(^^;

f0018464_863924.jpg

f0018464_86518.jpg

今回は、背景に木漏れ日が差していたので、玉ボケを取り入れてみました。
本当は、もうちょっと絞って玉ボケをはっきりさせたかったのですが、
そうすると、今度は花の描写がキリっとし過ぎてしまうんですよね。

ふわっと描写しながら玉ボケを入れるのは、実は難しいことだったりします。(^^;
 

by muto2100 | 2008-08-31 08:20 | 玉ボケ万歳!


<< ニラとハナアブ      江戸川花火大会 3 >>