2008年 08月 28日
江戸川花火大会 2
Nikon D300 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G
f0018464_1155858.jpg
花火大会といえば、やっぱりスターマイン。
スターマインが上がると、歓声もひときわ大きくなりますよね。
ただ、写真に撮るとなると、実は結構難しいのです。
スターマインの最中に普通に露光していても、白飛びと煙でダメダメになります。

なので、今回は短時間露光した複数の写真を合成する手法を用いました。
基本は先日の蛍写真と同じですね。
今日は、その合成の様子を紹介します。



f0018464_10563024.jpg
  
f0018464_10563726.jpg

f0018464_10564340.jpg

f0018464_10565015.jpg

f0018464_1057097.jpg

今回合成したのはこの5枚。
露光時間は1~3秒程度です。
あまり長く露光すると白飛びしちゃいますからね。

でもって、これらをJTrimを使って合成します。

合成方法は“明るい画素優先”と“加算”の両方を適度に織り交ぜています。
“明るい画素優先”だけを使うと、煙や花火の重なった部分が不自然になっちゃうんですよね。
かといって“加算”ばかりを使うと、背景が明るくなりすぎたり花火が白飛びしてしまいます。
なので、今回は不自然にならないものは“明るい画素優先”で、
不自然になりそうなものは“加算”で合成しました。
この辺は試行錯誤ですね。^^

で、↓ これが合成後の写真です。
f0018464_10571483.jpg
これでも十分なのですが、ちょっと煙い感じですよね。
実際煙いんですけど。^^
なので、Photoshopを開いて露出・コントラストを調整します。
JTrimにも露出・コントラストの調整機能があるのですが、ちょっと使いにくいので。
あと、下部にデジカメかビデオの液晶がいくつも写り込んでいますよね。
ちょっとウザいので、コピースタンプツールで消します。
でもって、補正後に左右をトリミングしたものがtopの写真です。
大体の手順はこんな感じです。


実は、今回は1つだけズルいことをしています。(^^;
それは、合成した元画像なのですが、左右にずらしながら撮っているんですよね。
背景のビルの夜景に注目するとわかりやすいと思います。
そうしないと、スターマインは同じ場所から打ち上がるので、中央部でごちゃごちゃしちゃうんです。

↓ 例えば、こんな感じです。
f0018464_12172621.jpg
バランスが悪いですよね。

これくらいの「嘘」は許してくださいね。^^


内容が重複するので、コメントはこちらにお願いします。

by muto2100 | 2008-08-28 08:28 | 合成写真


<< 江戸川花火大会 3      江戸川花火大会 1 >>