2008年 05月 25日
石切場
Nikon D200 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G
石切場_f0018464_1785322.jpg
長い階段を登ると、こんな場所に出てきます。



  
石切場_f0018464_1793780.jpg

石切場_f0018464_1795116.jpg

石切場_f0018464_1710059.jpg

石切場_f0018464_17294527.jpg
実は、鋸山は、かつては房州石の採石場であった。
そのため、山の一部はこんな感じで垂直に切り取られている。
自然現象じゃあ、こんな風にはならないよね。
この岩壁、まるでアンコールワットみたいだ。

本当は、ここの裏側から山を下ると、もっと本格的な石切場跡がみられるのだが、ここに来るまでに結構階段を登りまくって流石に疲れたので今回はパス。
実は、ここに来た一番の目的がその石切場跡見学だったのだが、初めて来た場所だったので登り口を間違えてしまったようだ。(苦笑)
裏側(保田駅方面)から昇れば良かったんだね。

まぁ、そのおかげで千五百羅漢や大仏を拝むことが出来たから良しとするか。

次回は裏側から昇って、是非石切場跡を訪問しようと思う。


石切場_f0018464_17123597.jpg

石切場_f0018464_17125046.jpg
↑ の観音像は「百尺観音」と呼ばれている。
名前の通り、身の丈百尺。約30mの観音様である。
いやぁ、昨日の大仏も大きかったけど、これも大きかったなぁ。
百尺観音は、昭和41年に6年の歳月を費やして彫られたそうだ。
こうやってみると、何だかバーミヤンみたいでしょ。
日本じゃないみたいだね。^^




← ちなみに、鋸山の頂上はあの垂直な岸壁の上。
何だか怖そうだなぁ。

折角ここまで来たのだから、
がんばってあそこまで昇ることにした。


明日から出張で京都方面へ行ってきます。
なので、blogはしばらく更新が滞りますのでご了承下さい。

いつも拙blogに訪問してくださって有り難うございます。
ここのところ公私に多忙なため、皆様のblogになかなか訪問することが出来ないでいます。
毎日多くの方に訪問して頂いている事を鑑みると、本当に申し訳なく思っています。
今回は、記事をUPするか、皆様のblogに遊びに行くかを天秤にかけて、記事をUPする方を選びました。(^^;
皆様のblogには、出張から帰ってから遊びに行きますね。

※ 内容が重複するので、コメントはこちらにお願いします。

by muto2100 | 2008-05-25 17:49 | 神社・仏閣


<< 地獄のぞき      大仏 >>