2008年 05月 15日
高圓寺の長寿藤 1
Nikon D200 + Ai AF DC Nikkor 105mm F2D
f0018464_6305528.jpg
題:「紫海飛行」

千葉県の市川市に高圓寺という寺があります。
この寺の境内に「長寿藤」と呼ばれる樹齢200年の藤棚があって、
毎年、GWの時期に見事な花をつけるため、地元ではちょっとした名物になっています。

で、この寺は私の家からも比較的近いところにあるので、
毎年、GW中には何度も訪れて楽しませてもらっています。
今年も勿論、楽しませてもらいました。^^

2年前には花が全然咲かなくて、地元の人たちも随分と心配したようなのですが、
昨年と今年は、とりあえず見事な花をつけてくれました。

「長寿藤」という名前は、1m以上の花穂を付けることから名づけられました。
高圓寺の長寿藤、全4回シリーズでUPします。

by muto2100 | 2008-05-15 06:45 | 植物 | Comments(24)
Commented by tsukimizato at 2008-05-15 06:55
おはようございます。
これはどのように撮影したのでしょう?蜘蛛の糸ですか?
何とも印象的な一瞬を切り取られましたね。
儚くも美しい描写はお見事です。スクエアなサイズ、ロマンティックなタイトル
といいすっかりツボにはまりました!
Commented by hidetatu32jp at 2008-05-15 21:58
うーむ素晴らしい・・・。幻想的な感じがすごいです。ポッと輝く花の一点が何とも言えないです。命と言うか・・人生と言うか・・・。
Commented by yosshy_z at 2008-05-15 22:47
こんばんは~。
mutoさんの色、雰囲気が詰まった1枚ですねぇ。
タイトルも「うーん。」と思わず唸ってしまいました、さすがです!
シリーズ続編、楽しみにしてますよ~^o^/

私事ですが、mutoさんの以前の記事“スキン編集”にハマってます。
大幅な変更はまだしていませんが、ちょこちょこといじってちょっとだけ変化した自分のブログを見て喜んでます/笑
記事をアップするのも楽しいですが、そんなこともまた楽しいですね。
Commented by サンゴ at 2008-05-15 22:59 x
藤の散る姿、写真では初めて見ました。
他の花にない、お洒落な結末ですね。
Commented by kicyann at 2008-05-16 00:19 x
mutoさん~~~すご~~い♪^^
これは、なんですか~?
蜘蛛の糸~~~?
それとも、一個の花びらが、ゆ~~ら、ゆ~~ら~~~?
題が何とも素敵~~~流石~~~mutoさん。。。。
この花びら~~~
紫の海に落ちてしまうのね~~♪
Commented by 【おとなのコラム】 at 2008-05-16 19:38 x
きれいに画像が撮れていますね!
私もよく花の写真をとるのですが、なかなか難しくて・・・
動物もそうですが、植物にもシャッターチャンスってありますね。

申し遅れました・・・はじめまして!
私は【おとなのコラム】【おとなのアート】というサイトの運営スタッフです。
ここで、読者の方々からお送りいただくコラムなどの書き物やアート作品を毎週掲載しています。
そして、楽しい、素敵な文章を書く方、アートを描く方を日々探しています。

もし宜しかったらサイトに遊びにきていただけませんか?
お待ちしています。
Commented by kicyann at 2008-05-16 21:30 x
再度登場~~~
どっちも好きですが、
藤の場合は、はっきりした写真の方が好みかな~~~
明暗があって、自分を主張しているようで好きですね^^
私、ここにいるよぉ~~~~見てね~~~~って。。。。
言ってるみたいで~~~~~
でも、ソフトはmutoさんだぁ~~~ってイメージが浸透してて。。。。
Commented by to-oh at 2008-05-16 22:23
こんばんは。

藤の花、私は今年撮り逃してしまいました。
戸定邸で撮ろうと思ってたんですけどね…

藤や紫陽花もそうですが、紫色の花って撮ってて楽しいですよね。
明るく撮れば爽やかさを出す事もできますし、暗めに撮れば妖艶な美しさも表現できますし。

かりっとorふんわり
私は今回はかりっとですかね~…
う~ん、でもどちらもすごく素敵だと思います。
Commented by muto2100 at 2008-05-17 06:16
tsukimizatoさん、こんにちは。
これは蜘蛛の糸に藤の花が引っかかっているのです。
藤の花って、こんな風にポトリと落ちるんですよね。
DCリングを操作して、背景が大ボケするようにして、
宇宙を漂っているようなイメージで撮ったつもりなんですが、
ボケ味がもう一歩でしたね。
藤の花は、うまく輝いてくれたのですが。
Commented by muto2100 at 2008-05-17 06:19
hidetatu32jpさん、こんにちは。
>>ポッと輝く花の一点が何とも言えないです。
これは実は難しいのです。
何が難しいかというと、被写体に少しだけ光が当たって、
かつ、ピンを微妙に外したときにこんな風に光って見えるのです。
わざと外しても光らないので、何枚も撮って偶然に期待しなくてはいけません。

背景がもう少し綺麗になれば言うこと無しだったんですけどね。
Commented by okamura-ken at 2008-05-17 06:23
私はふわふわバージョンが好きですね
幻想的な雰囲気が出てますからね~
カリカリもいいんだけど、ふわふわのほうが余韻が残るような気がしますね
Commented by muto2100 at 2008-05-17 06:23
yosshy_zさん、こんにちは。
>>タイトルも「うーん。」と思わず唸ってしまいました、さすがです!
有り難うございます。^^
タイトルを付けているのは、撮影時に私なりにイメージを持っていた写真です。
今回は、紫の海原を航海する藤の花の宇宙船をイメージして撮りました。^^
背景の処理がイマイチなので、
ちょっとレタッチしてうまくいったらフォトコンに送ろうと思っています。

>>ちょこちょこといじってちょっとだけ変化した自分のブログを見て喜んでます/笑
おぉ、そうですか。
私の記事がお役に立てたようで良かったです。
オリジナルのスキンって、やっぱり気分が良いですよね。
ちょっといじるだけでも随分と違って見えますよ。^^
Commented by muto2100 at 2008-05-17 06:25
サンゴさん、こんにちは。
>>藤の散る姿、写真では初めて見ました。
藤の花は花ごとポトリと落ちます。
今回は、偶然蜘蛛の糸に引っかかってくれたので、
それを利用して撮りました。
他にも幾つか撮ったので、後でUPします。
Commented by muto2100 at 2008-05-17 06:29
kicyannさん、こんにちは。
>>これは、なんですか~?
蜘蛛の糸に引っかかった藤の花です。
昨年も同じような写真を撮ったのですが、
今回はDCリングを操作して、ふわっとした感じを出しました。
背景がイマイチですが、
全体の雰囲気は良い感じに撮れましたね。^^
Commented by muto2100 at 2008-05-17 06:33
【おとなのコラム】のスタッフさん、こんにちは。
>>動物もそうですが、植物にもシャッターチャンスってありますね。
そうですね。
植物自体はじっとしていますが、
光の入り具合や、集まる虫達、
また、花の生育状況によってそのときしか撮れない写真って言うのがあります。
藤の花は旬の時期が短いので、1日1日が勝負になりますね。

>>もし宜しかったらサイトに遊びにきていただけませんか?
後ほど、お伺いさせて頂きます。
Commented by muto2100 at 2008-05-17 06:40
kicyannさん、再登場どうもです。
>>藤の場合は、はっきりした写真の方が好みかな~~~
そうですか。
私もはっきりした方が好みなんですけど、
はっきりさせると花のアラもはっきりしちゃうんですよね。
花穂が途中で切れているのがあったりして、
現像していて、それが気になり始めたりします。
ふわっとしていると目立たないんですけどね。
Commented by muto2100 at 2008-05-17 06:45
to-ohさん、こんにちは。
>>藤の花、私は今年撮り逃してしまいました。
藤の花って、案外旬の時期が短いので、撮り逃すことが多いですよね。
私も、この藤の花を撮るにあたっては、時期を逃さないよう、気を遣いました。
具体的には、開花前に何度も下見しただけですけどね。^^

>>紫色の花って撮ってて楽しいですよね。
個人的に、青色系の花は好きなので、
藤の花は好きな被写体の一つですね。
いつか足利フラワーパークの藤を撮ってみたいです。
Commented by muto2100 at 2008-05-17 06:48
okamura-kenさん、こんにちは。
>>カリカリもいいんだけど、ふわふわのほうが余韻が残るような気がしますね
撮っている立場からすると、
ふわふわの方が、細かいアラがごまかせるので撮りやすいですね。
でも、今回もフワフワばかりだと、
mutoはフワフワしか撮らないのか、と思われちゃうかなと思い、
今回はカリカリをtopに持ってきました。^^

私らしいのは、フワフワの方だと思いますけどね。
Commented by isyota at 2008-05-17 14:05 x
蜘蛛の糸にぶら下がっているのでしょうか、揺れるので撮るのが大変だったでしょう。
SecondPrizeおめでとうございます。やりましたね。
ひょっとして、小湊鉄道の駅のですかぁ。楽しみ。
Commented by りん at 2008-05-17 15:20 x
こんにちは!
藤の花、素敵ですね~。
昨年、GR-Dでまったく撮れなくて、今年は時期を逃してしまいました(笑)
とっても難しいなぁ、って思ってるんですけど、やっぱりmutoさんは「品のある日本女性」風に撮りますね~。
あ、私も「かりかり」より「ふわふわ」の最後のショットが好みですが、私が「これこれ!」って思ったのは、シリーズ3の4枚目です。あー、こんな風に撮りたい!って思いました(笑)
Commented by muto2100 at 2008-05-17 18:38
isyotaさん、こんにちは。
紫海飛行は蜘蛛の糸に花がくっついたものです。
ゆらゆら揺れていたので、数撃ちまくりました。^^
ボケ味がイマイチですが、何とか狙い通りの雰囲気は出てくれました。

>>SecondPrizeおめでとうございます。やりましたね。
有り難うございます。
作品は小湊鐵道を題材にしたものです。
今回の入選は、自分なりにフォトコンに一区切りつけた感じがします。
このblogでは、長寿藤の記事が終わったら報告しようと思っています。
Commented by muto2100 at 2008-05-17 18:42
りんさん、こんにちは。
>>mutoさんは「品のある日本女性」風に撮りますね~。
ははは。
りんさんは、いつもこうおっしゃりますよね。
でも、「品のある日本女性」って、良いですね。
ウチの娘もそうなって欲しいものです。

>>シリーズ3の4枚目
あれは、余計なものをなるべく省いて、花だけを「うわぁ」っと撮ろうと思って構図を決めました。
天気が良かったら、もっと綺麗に撮れたと思いますが、
生憎の曇り空だったので、コントラストが低く、ちょっと眠たい絵になっちゃいましたね。(^^;
Commented by hapihapitime at 2008-05-18 22:28
こんばんは。
なんじゃこれーーー!!プロの写真を見ているようですよ!
藤の世界に吸い込まれそうになりました。
桜も良かったですが、藤の色はボケると幻想的になりますね
蜘蛛の糸(昨年種明かしあったかな?)もみごとですが、最後の1枚目、おおっと思いました。
これだけファインダー越しに、仕上がり予想できて撮れれば、満足じゃないですか?
DCここまで使える人は、なかなかいないでしょう。
作品といえば、花撮りmutoさんです。
よい作品提供ありがとうございました。
Commented by muto2100 at 2008-05-20 22:12
hapihapitimeさん、こんにちは。
返事が遅れてゴメンなさい。<(_ _)>

>>藤の色はボケると幻想的になりますね
そうですね。
個人的には、藤の紫色はとても好きです。
あと、藤の花は匂いも良いですよね。
なので、藤は毎年開花を楽しみにしている花です。

>>DCここまで使える人は、なかなかいないでしょう。
DC105mmはマイナーなレンズなので、あまり作例を見かけませんよね。
そういう意味で、私の作例が目立っている面はあります。^^

このレンズを購入してから早1年。
もう何万枚も撮っているので、DCリングの扱いは大分わかってきましたね。
気に入っているレンズなので、
このレンズでこれからも沢山の花の写真を撮りますよ。^^


<< 高圓寺の長寿藤 2      春紫苑 >>