2007年 10月 09日
Defocus-Image Control
Nikon D200 + Ai AF DC Nikkor 105mm F2D
Defocus-Image Control_f0018464_6293996.jpg
今回は、DC Nikkorが花撮りに向いている理由を紹介します。

にほんブログ村 写真ブログへ



 
DCとは、Defocus-Image Controlの略で、
DC Nikkorとは、被写体の前後のボケをコントロールすることができるニッコールレンズのこと。
私はこのレンズを購入以来、ずっと花撮りに常用している。

常用している理由は2つ。

Defocus-Image Control_f0018464_6573342.jpg
1つ目は、DCリングを過度に回すとふわっとした描写になること。
カリカリに解像した写真も良いが、私は花撮りに関しては上の写真のような柔らかい描写の方が好みである。
ソフトレンズやレタッチを使えば似たような描写にはなるが、
スパゲッティのアルデンテのようなちょっと芯を残したボケ味は、やはりDC Nikkorでなければ味わえない。



2つ目の理由は、下の写真を見てほしい。

Defocus-Image Control_f0018464_19271285.jpg
この写真は、DC105mmで撮ったコスモスなのだが、DC機能を使わなかった。
そこで背景に注目してほしいのだが、ボケ味が五月蠅いのが判るだろうか。

コスモスは、花自体は綺麗なのだが、葉が細長くてモシャモシャと生えている。
なので、撮るときは構図を工夫しないと背景のボケが五月蠅くなりがちである。
いくら花が綺麗に撮れていても、背景が汚くては話にならない。

そこでDC機能の出番である。

この機能を使うと背景を強制的にボカすことができるので、このモシャモシャした葉が目立たなくなるのである。

Defocus-Image Control_f0018464_741364.jpg
で、改めてDC機能を使って撮った上の写真を見てみると、
同じようなシチュエーションなのに背景がずいぶんすっきりしているのが判る。
背景が綺麗だと、全体の雰囲気もずいぶんと違って見える。

花撮りにおいて、案外重要なのが前後のボケ味。
なので、ボケ味をコントロールできるDC Nikkorは、花撮りに最適なレンズなのである。

Defocus-Image Control_f0018464_19282782.jpg

最後に、このレンズの欠点を2つ。

1つ目は、なかなかにじゃじゃ馬なレンズで、成功するとすばらしい描写をするが、失敗も多いということ。
失敗すると、なんじゃこりゃと言いたくなるようなお粗末な描写である。
これは私の腕の問題なので、欠点と言ったらレンズに失礼かな。
でも、他に比べると扱いの難しいレンズと言える。
これについては、今のところ数撃ちゃ当たる作戦で何とか対応しているけどね。(苦笑)

2つ目の欠点は、寄れないこと。
上の写真はどれも最短撮影距離付近で撮ったものである。
これ以上寄りたいときはトリミングで誤魔化すしかない。
よって、小さな花は苦手である。

Micro DC105mmなんていうレンズ、出してくれないかなぁ、ニコンさん。

by muto2100 | 2007-10-09 07:16 | アイテム帳 | Comments(16)
Commented by ゆきかぜ at 2007-10-09 21:33 x
こんばんは。

同じコスモスでもmutoさん撮ったのと自分のを比べると
恥ずかしくなっちゃいますね。(苦笑)

4枚目が一番お気に入りですね。自分ももっとシャッター
押すべし押すべしの気持ちで頑張ります。
Commented by kicyann at 2007-10-09 22:48 x
納得~~~~♪
最後の写真良いですねぇ~~♪
このマクロが出たら私はmutoさんの次に買いたいです~~~
すぐ教えてくださいね^^
でも、このレンズ2本共持っている人知ってますが、こんな描写は出来てない~~~
(その人ベテラン~~~やっぱりmutoさんでないと使えないと思います)
Commented by poko_88 at 2007-10-09 22:52
DC105mmは使いこなしも難しいのですね。
でも成功したときの写真はこのレンズ以外では絶対に出せない
雰囲気が得られるんですね。
このレンズ、とくにコスモスに向いてると思います。
Commented by とぉ at 2007-10-09 23:03 x
なるほどなるほど。
mutoさんが、このレンズにほれ込んでる理由がよく
理解できました。以前からmutoさんは、被写体だけ
でなく、ボケ味にも相当の拘りを持ってましたからね。
まさに、ご自分の狙った表現を得るための最適の
機材と巡り合ったということでしょうね。

私も今日はコスモスなんですが、確かにボケ味と
いう点では、格段の差を感じてしまいました。

>Micro DC105mm
カスタマーセンターへ、要望を出しましょう(笑)
応援しますよ♪
Commented by ヒロ at 2007-10-09 23:26 x
改めて良いレンズですね。
mutoさんの腕もさすがです。
切り取り方も絶妙だと思います。
花って簡単なようで、難しいですね。
Commented by non08609 at 2007-10-11 00:21
ふむふむむ. すごくお勉強になりました.
mutoさん,お写真はもちろん言うまでもなくすばらしいんですが,文章表現もすごいなぁと思います.
『スパゲッティのアルデンテのようなちょっと芯を残したボケ味…』 なんてわかりやすいんでしょう.
Commented by muto2100 at 2007-10-11 06:31
ゆきかぜさん、こんにちは。
お褒め頂き、光栄です。
でも、レンズに撮らせてもらったようなものですからね。(笑)

写真は、毎日のように撮っていますので、
自分なりに上達したな、と思うことはあります。
とくにblogをやっていると、1年前の写真がわかりますからね。
デジカメなので、シャッターを押しまくっています。
Commented by muto2100 at 2007-10-11 06:35
kicyannさん、こんにちは。
このレンズは元々ポートレート用に開発されました。
DC機能は、ポートレートにおいて背景の距離が稼げないときに使うことを想定しています。
それを花撮りに応用しているわけですね。
2本持っているベテランの方は、ポートレートで使われているのではないでしょうか。

実は、このレンズ、もう一つ欠点があって、
値段が高いんです。
定価13万円はちょっとお高いですよね。(苦笑)
Commented by muto2100 at 2007-10-11 06:39
poko_88さん、こんにちは。
このレンズは、なかなか扱いが難しいですよ。
とくに、花撮りの時は絞りはF2.2~2.8くらいですから、
被写界深度が狭く、ちょっとでもピンをはずすと、ボケボケ写真になります。
かと言って、ピンが合っていても、ふわっとならず変な描写になったりもするんですよね。
扱いには大分慣れてきましたけど、
それでも、成功するのは4・5枚に1枚くらいですね。

でも、このレンズ、うまくいくとすばらしい描写を見せてくれます。
Commented by muto2100 at 2007-10-11 06:45
とぉさん、こんにちは。
花撮りに関しては、ボケ味は相当にこだわりがあります。
基本的には、前後が綺麗にボケていないと、ボツになりますね。
っていうか、カリカリ解像写真自体、あまり好きじゃないのかも知れません。
花は癒しですからね。

このレンズは購入して本当に良かったと感じるレンズですね。
105mmの単焦点が何で13万もするの?とか思いますが、値段分の価値は十分にあります。
この半年間で、私がもっとも使ったレンズではないでしょうか。
Commented by muto2100 at 2007-10-11 06:50
ヒロさん、こんにちは。
今回は、DC機能に焦点をあてて紹介しましたが、
このレンズは普通に撮っても繊細で解像感のある素晴らしいレンズなんですよ。
元々はポートレート用に開発されたレンズですからね。

花撮りって、なかなか奥が深いですよ。
ただ寄って撮れば良いというものではないですからね。
でも、いろいろ凝り出すと止められない世界だったりします。(笑)
Commented by muto2100 at 2007-10-11 06:55
さくらママさん、こんにちは。
文章に関しては、このblogを立ち上げたときに必ず挿入しようと決めていたので、
これでも一応、毎回時間かけてタイプしているんですよ。
今回のだと、30分くらいかかったかな?
さらにUPした後も何度か校正を入れています。
これ位の文章を15分くらいで校正なしで打てるようになりたいですけどね。
生憎と、そこまでの能力は持ち合わせていません。(笑)
Commented by mino_rin at 2007-10-13 01:00
こんばんは(^^)
コスモスシリーズ 楽しませていただいてました^^!
ふんわりとした 優しい描写のコスモスは 光にとけてる・・・・
そんな感じがします!お花のもつ優しさを 引き出してますよね、すごいです^^
癒されますね。ふわふわ、ふわり♪
Commented by muto2100 at 2007-10-15 18:58
mino_rinさん、こんにちは。
個人的には、コスモスは優しいイメージがあるので、ふわっと撮りたいですね。
そういう意味では、今回は自分なりにうまくいきました。(笑)
DC Nikkorに感謝です。
あと、実際に撮ったときの天気は曇り空でした。
曇り空の方がコントラストが低くなるので、こういう絵作りには向いていますね。
晴れちゃうと、こういう雰囲気はなかなか出せません。
Commented by hidetatu32jp at 2007-11-06 21:00
なるほど~~そんなレンズもあるのですね。大変参考になりました。なかなかレンズも買えない状態なのですが^^;
今もっているのが標準ズームと60ミリ短焦点のみなんです。
ありがとうございました。
Commented by muto2100 at 2007-11-07 20:51
hidetatu32jpさん、こんにちは。
レンズは一通り揃えようとすると大変ですよね。
とくにNikkorは値段が張るので、経済的に辛いものがあります。^^
因みに、DC Nikkor105mmも定価は13万円(!)もします。
おいそれとは手が出ませんよね。
なので、私の場合、レンズは中古を買うことが多いです。
定価の半額くらいで買えたりもしますから、新品にこだわりが無ければおすすめですよ。


<< Transit Steamer...      秋桜 >>