2007年 08月 02日
マリア観音
Nikon D200 + Ai AF DC Nikkor 105mm F2D
f0018464_7515733.jpg

f0018464_7521435.jpg

f0018464_7524775.jpg

f0018464_7522880.jpg
松之山温泉街から自転車で約10分。
苔生した石段を上がると民家のような寺が見えてくる。
この寺の名は松蔭寺。
ここにはマリア観音が祀られている。

マリア観音は、江戸幕府によって迫害や弾圧を受けたキリシタンが人目を忍び、隠れて信仰を貫き通す為に作られた。
巧妙に作られたマリア観音をマリアと信じて信仰を守り続けたという。
松蔭寺のマリア観音は日本に3体しかないものの1つだそうだ。

ちなみに上の地蔵は石段の脇に祀られていた。
これらを見る限りでは、キリスト教っぽい部分は全く見られない。
カモフラージュなのかな?





 
f0018464_19174546.jpg
で、これがマリア観音。
右手に抱いた子供は取り外しが出来るそうだ。
さらに、冠の正面には十字架が見えるのだが、これも取り外しが出来る。
そうやって、幕府の役人の目を誤魔化しながら信仰を続けたらしい。

何となく立ち寄った寺であったが、良い勉強になった。

by muto2100 | 2007-08-02 08:26 | 風景・新潟


<< 擬宝珠      合歓木 >>