2007年 01月 17日
日テレ大時計
Nikon D200+AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G
f0018464_181742.jpg

f0018464_1801746.jpg
汐留にやってきた。
目的はこれ、日テレ大時計
あの宮﨑駿氏のデザインということで、以前からかなり期待していた。
ようやく昨年末に完成し、一般公開が始まったというので早速見に行ってきた次第である。
遠くからだと大したことないように見えるが、間近で見るとなかなかどうして凝った造りをしているのが判る。

いわゆる手抜きが一切無い。

細部までこだわりを持って作り込まれた素晴らしい芸術作品である。





  
f0018464_17595374.jpg

f0018464_1804472.jpg

f0018464_1805768.jpg

f0018464_180526.jpg

f0018464_1811798.jpg
ここに着いたときの時刻が午後2時40分。
3時になると大時計が動き出すということなので、当然待つことにした。

つづく。

by muto2100 | 2007-01-17 18:18 | その他 | Comments(22)
Commented by doragonjun at 2007-01-17 22:43
宮﨑駿さんのチェックが厳しくて手抜きが出来なかったのでしょうね(笑)
よ~く観ると何か「ハウルの動く城」に合い通じる所があるような、ないうような・・・
Commented by とぉ at 2007-01-17 23:38 x
こんばんは。

全開の記事で正解をコメントしようと思っていたら、早くも次の記事が(笑)。宮崎駿氏らしい作品ですね。
実は、私はジブリ好きなんですよ。一番は「ラピュタ」なんですが。
この時計も、ジブリテイストがふんだんに盛り込まれていますね。
さて、次回が楽しみな展開になってきましたね。
Commented by シャルダー at 2007-01-18 08:04 x
おはようございます。

お、遂にきましたね。先日のお台場お出かけシリーズ。
こんなのあるんですね~。初めて知りました。
私を含め家族全員ジブリファンなので是非見に行ってみたいです。
先日の写真を見たときはハウルかな?と思っていました。
次回も楽しみにしていま~す。
Commented by gohda_takeshi at 2007-01-18 09:07
お~やっぱり日テレ大時計でしたか!
ズームインスーパーでいつも見てるから予想的中でしたよん♪

でもカラクリは見たことがないのでどんな風になるのか楽しみ
だなぁ~o(*°∀°)o ワクワク
Commented by parasa_k at 2007-01-18 16:30
わぉ。。かっこいいですねぇ!
こういう物に、何気なく、さりげなく、出会える所が大都市のいい所ですよね。。

東京へ行かねばならない用事ってないかなぁぁぁ。。
Commented by kicyann at 2007-01-18 17:12 x
昨日の段階では、わかりませんでした~
今わかりました。テレビで紹介してましたね・・・
ここは、空港から遠いんでしょうか・・?
近かったら今度行って見たいな・・・
Commented by 竜之介 at 2007-01-18 19:38 x
こんなのあるんですね~。3時になって何が起こったのかがすごく気になります!
一度三鷹のジブリ美術館に行ったことがありますが、あちらも細かいところまでこだわって作られているのが感じられて心地よい空間でした。
Commented by muto2100 at 2007-01-18 21:41
doragonjunさん、こんにちは。
>>宮﨑駿さんのチェックが厳しくて手抜きが出来なかったのでしょうね(笑)
いや、きっとそうだと思いますよ。
ジブリ絡みでは下手なモノ、作れませんからね。
これを見ておくと、映画の飛行船とか見たときにイメージが沸きやすくなりますね。
一見の価値有りですよ。
Commented by muto2100 at 2007-01-18 21:43
とぉさん、こんにちは。
おぉ、とぉさんもジブリ好きでしたか。
わが家も、皆大好きです。
この大時計は、誰でも一目見ればジブリのものだと判りますよ。
遠目からだと大したこと無い感じなのですが、
近くで見ると、本当によく作り込まれていますよ。
Commented by muto2100 at 2007-01-18 21:45
シャルダーさん、こんにちは。
この写真は、お台場の帰りに寄ったのですけどね。
お台場の写真は、後日UPします。
ジブリ好きならば必見ですよ、これ。
1時間見てても飽きないですね。
見所が多くて、写真撮っていたら、あっという間に100枚超えていました。
Commented by muto2100 at 2007-01-18 21:46
gohda_takeshiさん、こんにちは。
日本テレビを見ていると、ニュースや天気予報でチラチラ出てきますよね。
実物はテレビよりも良いですよ。
とくに近くで見ると精巧な造りに圧巻です。

からくりは、実は大したこと無かったんですけどね。(笑)
Commented by muto2100 at 2007-01-18 21:50
parasa_kさん、こんにちは。
東京はこういう場所が沢山あるので、
おかげさまで、このblogもネタ切れにならずに済んでいます。(笑)
以前、parasa_kさん一家が東京に来られたときは、まだ制作中だったんですよね。
東京タワーのすぐ近くなんですけどね、ここ。
Commented by muto2100 at 2007-01-18 21:52
kicyannさん、こんにちは。
空港だと、羽田になりますね。
結構近いですよ。羽田から30分くらいで着きますね。
近くに東京タワーやお台場、レインボーブリッジもありますから、
観光にはそれなりに適していますよ。
でも、もしここに来たら、是非劇団四季のミュージカルを観て下さい。
凄いですよ。マジで。
Commented by muto2100 at 2007-01-18 21:57
竜之介さん、こんにちは。
ジブリ美術館に行かれたことがあるのですか。良いなぁ。
ウチは行きたいのですが、なかなか予約が取れません。
休日はすぐ予約が埋まってしまいますからね。
平日だと、私が仕事を休めても子供の学校がありますので。
2月が比較的空いていて、空きが沢山あるみたいなので、
休日に休みが取れるかどうか(←変な言葉だなぁ)仕事の方を調整中です。
Commented by Polaris_Planning at 2007-01-19 21:29
こんばんわ。

いかにも宮崎チックな風体と色合いのからくり時計ですね(^^
巨人兵の中身、こんな風になってるのかな?と想像してしまい
ました(笑)

大砲なんか、未来少年コナンやラピュタの世界が、そのまんま♪
現実では無い世界の話ですけど、それが目の前にあると楽しく
なりますね(^^

Commented by POKOパパ at 2007-01-20 00:50 x
「細部までこだわりを持って作り込まれた素晴らしい芸術作品」を素晴らしい描写で撮っているこれも芸術作品ですよ。
質感が忠実に表現できてると思います。
でもこれ作った人は偉いな~って感心してしまいます。
Commented by yoruichi01 at 2007-01-20 16:33
こんにちは~♪
POKOパパさんと同感ですね(^ー^)
日テレのHPよりもmutoさんの解説の方が解りやすいですね
ハウルの動く城が分解された感じに見えます。
三鷹のはカミさんと子供たちは行ったようですが
これは一見の価値がありそうですね
会社帰りとかライトアップされてるのでしょうかね。
Commented by muto2100 at 2007-01-20 22:29
Polaris_Planningさん、こんにちは。
この大時計を見ると、ジブリ映画の建造物のイメージが沸きやすくなりますね。
あぁ、あの飛行艇はこんな感じなのか、っていう感じで。
こういう作品を見ると、改めて宮﨑駿氏の才能を感じます。
Commented by muto2100 at 2007-01-20 22:37
POKOパパさん、こんにちは。
>>質感が忠実に表現できてると思います。
有り難うございます。
銅板が光に反射してテカるので、白トビしないように露出を押さえて撮って、
現像時に暗部を持ち上げました。
あと、blogなのでシャープネスを強めにかけています。
何気に手間かけたんですよ。(笑)
Commented by muto2100 at 2007-01-20 22:41
yoruichiさん、こんにちは。
この大時計の企画が持ち上がったのは、ハウルの動く城の上映直後ですから、
ハウルの色が強いですよね。
夜は見たことがないのでわかりませんが、照明器具は見あたらなかったので、
ライトアップは無いと思います。
その代わり、時計自体が光るのではないでしょうか。
Commented by atempo2006 at 2007-01-22 22:30
こんばんは。
いかにも宮崎作品ですね。 重厚感の中にも夢があっていいなぁ。
写真の構図によって、とても生き生きした印象を受けました。
いまにも動きそうです。
Commented by muto2100 at 2007-01-23 04:09
atempoさん、こんにちは。
宮﨑作品は、独特の雰囲気があって良いですよね。
何を作っても品があります。
この大時計自体が、非常に精巧に作られているので、撮影自体は楽でした。
カメラ片手にパシャパシャやるだけでしたからね。


<< からくり時計      これ、なぁに? >>