2006年 11月 27日
ハイジ
Nikon D50+AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G
f0018464_2120137.jpg

f0018464_21201275.jpg

f0018464_21202451.jpg
大地の芸術祭シリーズの最後に、その他の作品を紹介する。

上から
「渓谷の灯籠」
「メタモルフォーゼ -場の記憶-」
「星の誕生」
「銀の蝶々」
「『森の学校』キョロロ」

他にも作品は沢山あるのだが、今回の時間ではこれが精一杯であった。
作品は、どれも訳分からないものばかりだが、実際に観て回るとなかなかに面白かった。

そのうち、また見る機会があるかな?


f0018464_2121333.jpg

f0018464_21211788.jpg

f0018464_21212696.jpg





f0018464_21454372.jpg
実は4番目の巨大ブランコ、「乗らないで下さい」という注意書きがあったのだが、乗ってみた。

で、その感想は、とんでもなく怖かった。
とにかく加速感が半端じゃない。
さらに、尻の下は木の板1枚だけなので、気を抜くと放り出されそうになる。

ハイジはこれよりもっと大きいブランコを楽しんでいた。
もの凄い精神力である。

※「ハイジ ブランコ」でググってみて下さい。面白い記事が読めますよ。

by muto2100 | 2006-11-27 21:52 | 風景・新潟 | Comments(14)
Commented by parasa_k at 2006-11-27 22:46
憧れましたよ~あのハイジのブランコ。
でも、普通のブランコでさえ怖い私は憧れも口先だけ・・・ 笑
Commented by とぉ at 2006-11-28 00:11 x
こんばんは。
時々mutoさんのmore…には何かがあるので、いつもドキドキしながらクリックするのですが、今日のはヒット!でしたね。タイトルからもしや…と思いましたが、まさかこういう手でくるとは…(笑)。

ところで、ブランコ…確かに乗ってみたくなります。
ただ、高いところは嫌いではないのですが、足が地面についていないのはちょっと怖い私(観覧車・ヒコーキの類は苦手です)には、ちょっとハイジのブランコは無理っぽいです。

Commented by POKOパパ at 2006-11-28 08:20 x
芸術物も17-55mmだと単焦点並みに
いい表現で撮れますね。
こういう写真は単調になりやすいのですが、
さすがmutoさん、構図でしっかりと魅せる
作品になってます。
ところでハイジのブランコって時速68kmって
本当ですか?(早速検索してみました)
mutoさんの乗ったブランコもそのくらい出そうですね!
Commented by muto2100 at 2006-11-28 20:25
parasa_kさん、こんにちは。
このブランコ、本当に怖かったですよ。
何といっても、放り出されそうになるあの加速感。
気を抜くと、お尻がスポーンって抜けてしまいそうです。
ブランコ自体は頑丈に作られているのですけどね。
Commented by muto2100 at 2006-11-28 20:28
とぉさん、こんにちは。
ハイジのブランコの話は結構前から知っていたので、
どこかで紹介できればなぁ、と思っていました。
直リンOKのサイトが見つからなかったので、リンクで紹介できなかったのが残念です。
こういうネタは幾つか知っているので、そのうちまた紹介します。
Commented by muto2100 at 2006-11-28 20:30
POKOパパさん、こんにちは。
実は1枚目、ケラレが出ています。
17-55F2.8は開放で撮るとケラレるんですよね。
このレンズの欠点の1つです。

あの記事、なかなか面白いですよね。
私がこいだのはせいぜい時速2・30kmくらいでしたよ。
それでも充分怖かったですけどね。
Commented by isyota at 2006-11-28 22:43 x
うーん!芸術は奥が深いですよね。
ハイジのブランコって知りませんでした。
Commented by gohda_takeshi at 2006-11-28 23:07
最初「ハイジ」と書いてあったのでなぜ?と思っていたらそういう
ことだったのね(笑)
それにしても「乗らないでください」と書いてあるのに乗ってしまう
muto2100さんは素晴らしい!!
なるほどこんなに大きければさぞ凄いことになってしまうでしょうね(>_<)
恐るべしハイジ!
Commented by doragonjun at 2006-11-28 23:29
確かにこのブランコは怖そうです・・・
そして時速68kmには、こりゃまたビックリ!!
Commented by muto2100 at 2006-11-29 21:34
isyotaさん、こんにちは。
今回の芸術祭で分かったことは、
芸術とは、簡単に分かってはならない普段はできないことをやるモノだ、ということです。
でも、いろいろと回ってみると案外楽しかったんですよ。
また来年行きたいですね。
Commented by muto2100 at 2006-11-29 21:35
gohda_takeshiさん、こんにちは。
>>それにしても「乗らないでください」と書いてあるのに乗ってしまう
muto2100さんは素晴らしい!!

ははは、見るなといわれると見たくなっちゃうじゃないですか。
あれと同じです。
何かがあったら自己責任だ、と言い聞かせながら乗りました。(笑)
写真のブランコでも、乗ってみると相当恐ろしいですよ。
Commented by muto2100 at 2006-11-29 21:38
doragonjunさん、こんにちは。
写真のブランコは何といっても加速感が違います。
グワーっという加速感は、公園のブランコとは格の違いを感じますね。
でも、このブランコはせいぜい10mくらいでしょうか。
ハイジのブランコは推定27mですからね。
相当凄いと思いますよ。
Commented by atempo2006 at 2006-11-29 22:44
D50の空の色って、きれいですね。
うう~ん、心が揺らぎます。(^^;
Commented by muto2100 at 2006-11-30 06:30
atempoさん、こんにちは。
1枚目の空は、D50の青空というよりも、
SILKIYPIXの青空といった方が良いかもしれません。
フィルム調V1というモードで現像すると、こんな感じの綺麗な青空になるのです。
V1というのは、「ベルビア調・その1」ということみたいです。
青空は、これに限りますね。


<< RAW現像      収穫の家・米との対話 >>