2006年 09月 15日
異変
Nikon D50+AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G
f0018464_23164915.jpg

f0018464_23165729.jpg
わが家の庭に生えているチェリーセージ・ホットリップス。
ホットリップスは白と赤の可愛らしい花を付けるのだが、
最近は、真っ赤と真っ白と赤と白の3種類の花が咲くようになってきた。
以前は赤と白の花しか咲かなかったのに。

何でだろ。

Nikon D50+Ai AF Micro Nikkor 105mm F2.8D
f0018464_2317748.jpg
↑これが真っ赤。
f0018464_23171433.jpg
↑これは真っ白。
f0018464_23172310.jpg
↑でもって、これが白赤。今までは皆この色だった。




f0018464_7161728.jpg

昨日、錦糸町のヨドバシカメラでD80を触ってきた。
で、感想は「うーん、なんだかなぁ」っていう感じ。はっきり言ってチープである。
隣に置いてあったD200と比べると尚更である。期待しすぎたかなぁ。
せめてグリップにラバー付ければ随分変わると思うのだが、もろプラスチッキーな感じ。
更に、そのグリップがなんだか持ちにくい。簡単に言うと分厚い感じがするのである。
D50使いが質感を語るのも何だが、チープでも良いモノをというのならD50で十分である。
値段も半分だし。
そもそも2万円の携帯だってもっと高い質感を持っているのに、
10万円以上するデジ一眼の外観がなんでこんなにチープなんだろう。
オーディオで10万円出したら、それなりに質感の高いものを買えるぞ。
もっとも、これはニコンに限らず、どのメーカーのデジカメについても言えることなのだが。
ただ、ニコンだからこそ、余計にこういう部分に期待してしまうのである。
中身に関してはD80のポテンシャルは相当に高いのだが、やはり触感は大事である。
とくに10万円以上するようなデジ一眼は所有欲を満たす道具であって欲しいと思う。
そういった理由で、D50からの買い換え組の私にはイマイチに見えた。
私ならD80を買うなら、5万円余計に出してD200を買うかなぁ。
大きくて重いけど。
触っていて、「このカメラ売れるのかなぁ」なんて余計な心配してしまった。

※ これは、あくまでも私の個人的な感想ですので、D80ユーザーの方は気を悪くなさらないで下さいね。
  D80は、触感以外は文句なしに良いカメラだと思います。D50とは比べものになりません。

by muto2100 | 2006-09-15 23:26 | 植物 | Comments(4)
Commented by ilovedart at 2006-09-16 10:04
おはようございます!

あ!これは以前拝見した花ですよね。
名前が魅力的だったので覚えてました(^^♪
色が分かれてしまったのですね。
赤は濃厚なホットリップス!だぁ~(^o^)丿

さて!D80!ボクもじっくり触ってきました。
最初の感触は、、小さい、、でした。
mutoさんが言われるようにグリップの感触がボクの手には今ひとつで、
肝心の小指が掛かりませんでした。まあ、バッテリーグリップをつければいいかも知れませんが、、。
しかし、中身はさすがに進化を感じましたね~
高感度は完全にD200を凌駕してますし、ファインダーなんてもう!びっくりでした。
これで、ボディーがしっかりしてたら、、D200の立場が、、、ですから、、、。
K10Dというすごいスペックのカメラも登場しましたから、、
もうちょっと値下がり期待です(^▽^;)
Commented by atempo2006 at 2006-09-16 22:06
チェリーセージ・ホットリップス(難しい名前ですね^^ ) にも
色んな色があるんですね。 遠い昔に学校で習った遺伝(?)の
せいなのかな? 違っていますね・・・。(^^;
白もカワイイし、赤も。 白と赤を見ると、どうしても、巫女さんを
イメージしてしまいます・・・。
Commented by muto2100 at 2006-09-16 22:35
ilovedartさん、こんにちは。
D80は、中身は良いのですが外側が頂けません。
もうちょっと質感を上げれば、5000円高くなっても買う人が増えると思うのですが・・・。
キヤノンとペンタからも意欲的な新型機が出ましたから、今後の値下がりに期待します。
8万円くらいに下がれば、十分にお買い得ですね。
Commented by muto2100 at 2006-09-16 22:36
atempoさん、こんにちは。
なんで、こんな風になったのかは全然分かりません。
遺伝とか、分からないので。
ただ、この品種は人の手で作られた改良品種なので、
その辺も影響しているのかもしれません。
何にせよ、飽きさせない花です。


<< タテハチョウと百日草      ニラ >>