2022年 05月 01日
中子の桜
Nikon D780 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRII
中子の桜_f0018464_18013470.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

今日は仕事は休みでしたが
天気がイマイチなので
一日中家でゴロゴロしていました。

まぁ、疲れも溜っていましたので
これはこれで良いリフレッシュになりました。
明日以降は仕事が入っているので
GW中は撮影旅行には出掛けないでしょう。
行くとしたらGW以後ですね。
天候の回復を祈ります。

でもって今日は、1週間ほど前に
新潟に遠征した時の写真を紹介します。

↑は、津南にある「中子の桜」です。
ここは結構有名な撮影地で
残雪の池のほとりに咲く桜が美しいので
桜の時期になると多くのカメラマンが来訪します。

私も訪問する機会をずっと窺っていたのですが
ここ数年は積雪量が少なくて
桜が満開の時には雪が無くなってしまっていたので
訪問せずにいました。

そして今年の津南地方は大雪だったので
「いよいよ訪問する時が来た」と確信して
ネットで開花情報を入手して
満を持して現地入りしましたが
結果は ↑ 御覧の通り。

残雪も桜もベストな状態でしたが
この日は風がぴゅーぴゅー吹いていました。

orz

晴れなくても良いんです。
少々雨が降っても良いんです。
無風でそこそこ湿度があれば
霧が出てくれるので
幻想的な風景になったんです。

また、霧が出なくても無風でさえあれば
水鏡が綺麗なシンメトリーを
作ってくれたんです。

風さえなければ・・・。

もう、現地入りして車から降りたら
風がビューっと吹きつけてきたので
その瞬間「あ、終わった」という感じですね。
まさに秒殺でした。

チクショー!
いつか見てろよ中子の桜!






中子の桜_f0018464_18141595.jpg

↑ この日は日曜日だったこともあって
ざっと数えて150人くらいのカメラマンが
訪問していました。

気になる人もいるかと思いますので
現地情報を簡単に報告しておきます。

まず、駐車スペースは無問題です。
車を停める場所はいくらでもあります。
これが一番の心配でしたが
夜明け直前に現地入りしても大丈夫です。

また、場所取りもほぼ無問題です。
手前に桜を入れたいとか
背後の杉林にも拘りたいという人は
早めに三脚を立てる必要があると思いますが
残雪と桜のみを狙うのであれば
撮影場所に困ることは全くありません。

トイレは仮設トイレがあるそうですが
私が観た限りでは確認できませんでした。
↑ の写真の奥の方にあるのかな?


 中子の桜は早々に見切りを付け
この後、もう一つの目的地に向かいました。

つづく。

 

by muto2100 | 2022-05-01 18:25 | しくじるは稽古のため | Comments(0)


<< 桜と棚田      あけぼの山農業公園 >>