2021年 08月 22日
覚満淵
iPhoneX(a,b,c)
Nikon D780 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR(d)

-a-
覚満淵_f0018464_14141451.jpg

6日ぶりの更新になります。

3週間ほど前のことになりますが
群馬の小沼を訪問しました。
赤城山の頂上付近にある「覚満淵」です。

ここは私の家から2時間半ほどで行けるので
それなりに手頃な撮影地なのですが
なかなか訪問する機会に恵まれずにいたので
良い機会なので行ってきました。

-b-
覚満淵_f0018464_14193851.jpg

↑ 私が訪問した時は雨中の午後でしたが
辺りは五里霧中状態でした。
まぁ、ロケハンですからこんなもんで十分です。
勿論、私以外は誰もいないので
コロナも気にせず自由に散策しました。

とりあえず現地の状況を把握しておかないと
翌朝は未明から行動しますからね。
真っ暗だと何処に三脚を立てたら良いのかも
判らないですから。

-c-
覚満淵_f0018464_14221043.jpg


撮影地が駐車場から徒歩3分であることと
覚満淵駐車場にトイレと自販機があることを確認し
この日はこのまま駐車場で車中泊です。

未明は晴れることが判っていますので
前日からこれだけ霧が出ていれば
明朝は霧の覚満淵に光が差す
幻想的な朝の風景が拝めるに違いありません。

iPhoneの目覚ましを4時にセットして
ドキがムネムネしながら就寝しました。




 
-d-
覚満淵_f0018464_14271893.jpg

さぁ、御覧ください!
これが覚満渕の朝の風景です。

未明から吹きまくった強風が
霧をすべて吹き飛ばしてくれました!
昨日は木道以外は何も見えませんでしたからね。
視界良好!!
奥の木々までバッチリ見えます!!!

しかも、強風がシンボルツリー揺らし
写真に動きを与えてくれています。
風に大きくそよぐ水面も
キラキラしててとても綺麗ですね。
F22まで絞り込んで5秒の露光時間で
樹々と水面を流しました。

この日は私以外にも3人のカメラマンが
写真を撮りに来ていましたが
この素晴らしい沼の夜明けに感動して
皆さん涙を流して喜んでいました。
私もついもらい泣きしちゃいましたよ。

場所取りの必要も密の心配もなく
ゆったりとした気分で
それぞれに撮影を楽しんでいました。

いやぁ、本当に来て良かったですね。
風景撮影を趣味にして良かったと
つくづく思う瞬間です。


・・・・ いつか見てろよ覚満淵
チクショー!
 


by muto2100 | 2021-08-22 14:43 | しくじるは稽古のため | Comments(0)


<< おしらじの滝      チャツボミゴケ公園 >>