2020年 05月 18日
わに塚の桜 再現像
Nikon D780 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

-a-
わに塚の桜 再現像_f0018464_08000673.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

今日の千葉県地方は生憎の曇り空です。
朝晩が肌寒いですが
この肌寒さが無くなると蒸し暑くなってきますので
これくらいが丁度良いですね。

私が勤めている会社は千葉県内にあるのですが
非常事態宣言解除後に向けて動き始めました。
5月一杯で解除されるとの見込みを立てて
解除後から徐々に慣らし運転をして
6月2週目くらいからの平常運転を目指します。
目指すだけで、実際は平常にはならないでしょうけど。
(^^;
それでも、やっと先が少し見えてきましたね。


閑話休題。
今日は3月下旬に撮った「わに塚の桜」です。
桜の巨木の背後に残雪の八ヶ岳が拝めるということで
全国的に有名な桜です。
1か月ほど前に、このブログで紹介しています。

↓ その時UPした写真がこちらです。

-b-
わに塚の桜 再現像_f0018464_14340310.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

この写真も悪くはないのですが
思うところがあって再現像しましたので
記事にしました。

まず、写真そのものが違います。

a は b よりも1mくらい左に移動して
八ヶ岳と桜がより重なるようにして撮りました。

次に現像内容ですが
b だと背後の八ヶ岳の存在感が薄いので
a の方は青色の明度を下げて
山をはっきりとさせました。
比べると違いが判りますよね。
露出やコントラストで背後の山を調整すると
手前の桜がおかしくなりますので
桜が影響を受けない
青色の明度を下げたのがポイントです。

あと、下部の柵がやっぱり目障りなので
トリミングして削り
桜の上部を少し切り取って構図を整えました。
下部をここまで切り詰めてしまうと
上部も詰めないとバランスが崩れるんですよね。
桜の巨木感が出て
結果的に良い感じにまとまりました。

最後に露出・コントラストを調整して
朝陽に照らされた感を強調して完成です。


大きな変更は無いのですが
ちょっとずつの変更を加えることによって
完成品は随分と印象が変わりました。
再現像した a の写真の方が断然良いですよね。

とくに、わに塚の桜を八ヶ岳と重ねて
上部をちょっと切り詰めただけで
桜の迫力が全く変わりました。
比べると b は a よりも大人しいですし
わに塚の桜と八ヶ岳のバランスもイマイチです。
小さいようで大きな違いです。

写真撮影が上手い人って
きっとこういう小さな違いを
積み重ねる事のできる人なんでしょうね。

そう考えると、私はまだまだ未熟です。
(^^;

撮影に行かずに引き籠っていても
加工で楽しめるのがデジタルの良い所です。
こういう自学自習も大切ですよね。

でもやっぱり撮影に行きたいけど。
 


by muto2100 | 2020-05-18 08:45 | レタッチ | Comments(0)


<< 山高神代桜 再現像      大厳寺高原 >>