2020年 03月 24日
伏姫桜 2020
Nikon D780 + AF-S 20mmf/1.8G ED
伏姫桜 2020_f0018464_17405604.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

千葉県地方はいよいよ桜が満開を迎えました。
そこで、とりあえず私が向かった先は
地元の千葉県・市川市にある
真間山・弘法寺(ぐほうじ)の「伏姫桜」です。

かつて、この伏姫桜は
拙blogの主力コンテンツの一つでした。
千葉県を代表する推定樹齢400年の巨木で
毎年、桜の開花時期になると
多くのカメラマンが来訪していました。
(かつての姿は → こちら です)

ところが、10年ほど前から樹勢が衰え始め
一時期は見るに耐えられないほど
酷い状態になってしまい、樹木医の指導のもと
療養生活に入ってしまいました。

そんなわけで、2013年を最後に
しばらく撮影することが無かったのですが
昨日、久しぶりに尋ねてみると
それなりに回復していて嬉しかったです。

勿論、かつての面影はすでに無く
枝も随分と切り落とされ、花の付きも少ないですが
古木らしい風格のある佇まいですね。

背後のソメイヨシノが8分咲きだったので
構図に入れてボリューム感を出しました。

あと、今回の撮影では
AF-S 20mm f/1.8G ED を使っています。
このレンズは以前愛用していて
AF-S 14-24mmF2.8Gを購入した際に
もう使わなくなるかな、と思い手放したのですが
あの描写が忘れられず中古で再購入しました。

今日の写真を撮影・現像して
単焦点レンズの良さを再認識した次第です。
やはりズームとは
解像感と空気感が段違いです。

「ヌケが良い」とは、
まさにこういう描写のことですね。
 


by muto2100 | 2020-03-24 11:43 | 伏姫桜 | Comments(0)


<< 実相寺 1      秋谷の夕暮れ 2 >>