2020年 01月 11日
養老川臨海公園 1
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G FD VRII
養老川臨海公園 1_f0018464_21254234.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

今日から新シリーズです。

かねてより撮ろう撮ろうと思いつつ
撮る機会がなかった工場夜景を撮りに行ってきました。
↑ は千葉県市原市にある、(株)丸善石油化学の工場です。
養老川臨海公園から撮りました。
ここはアクセスが楽なので、初心者向けの被写体ですね。
出来栄えはまぁまぁでしょうか。^^

私が住んでいる千葉県市川市は
東に京葉工業地帯、西に京浜工業地帯があって
工場夜景が撮り放題な土地柄なのですが
何故か撮る機会を持ちませんでした。
都会のビル等の夜景は撮っていましたけどね。

せっかく工場夜景の有名撮影地が近くにあるのですから
撮りに行かないのも勿体ないな、と思い立ち
行ってきた次第です。

この時期の海辺の夜はめっちゃ寒いですが
レタッチしていて楽しかったので
今後も時間を作って撮りに行こうと思います。




RAW現像ソフトをアップデートしました
私が使っているソフトは市川ソフトラボラトリーのSilkypixですが
Pro7からPro9にバージョンアップしました。

Silkypixは2.0を10年前に購入して以来
途中で2回ほど飛ばしましたがバージョンアップを続けて
今回のPro9が通算7本目になります。
10年も使っていると、もう他のソフトには移行できませんね。
使っていて不満はない(っていうか、使い易い)ので
末永くお世話になるつもりです。

以前まで使っていたPro7よりも色々と進化していて
よりきめ細かく調整できるようになりましたが
とくに便利なのが
使用レンズ毎に歪曲を修正しくれる機能です。
レンズにはそれぞれ固有の歪曲があって
今まではいちいち手作業で歪曲を修正していたのですが
これが使用レンズを選ぶだけで一発で修正してくれます。

↓ 実例です。
養老川臨海公園 1_f0018464_21593010.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

↑ topの写真と同じく丸善石油化学の夜景です。
露出やコントラストは調整しましたが
歪曲は未修正です。

写真の下部に目をやると
糸巻型に歪曲しているのが判ります。
右端の煙突もよく見ると反り返っていますよね。

これが使用レンズを選ぶだけで ↓ こうなります。
養老川臨海公園 1_f0018464_22022709.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

はーい、御覧の通り。真っ直ぐになりました。
レンズを選ぶだけなので簡単です。
これは便利ですねぇ。
今回の撮影で使ったAF-S 70-200mmF2.8G VRIIは
歪曲が比較的素直なので
手作業での修正は苦にならないのですが
AF-S 24-120mmf/4 VRは歪曲に癖があって
建物関係の写真はちょっと苦戦していたので
この機能はかなり助かります。

他にも「部分補正ツール」という
ハーフNDフィルターを使ったような加工が出来たり
露出調整もハイライトとシャドー別々に調整出来たりと
なかなか使い勝手が向上しています。

私は他のRAW現像ソフトは使ったことがないので
「これくらいのこと、他のソフトでもできるよ」
とか言われちゃうかもしれませんが
私にとっては大変有難い機能で、重宝します。

実は、今回バージョンアップした一番の理由は
「D780購入に備えて」だったのですが
思った以上に進化していて嬉しかったです。
RAW現像が楽しくなりました。

これだけ進化しているのなら
昔のRAWデータを引っ張り出して
再現像してみようと思います。
 


by muto2100 | 2020-01-11 22:16 | 風景・千葉 | Comments(0)


<< 養老川臨海公園 2      真名瀬海岸 2 >>