2006年 01月 08日
歴史的なサル
Nikon D50+Ai AF Zoom Nikkor ED 80-200mm F2.8D
f0018464_1945966.jpg

f0018464_2024497.jpgボリビアリスザル。
当たり前だが、南米ボリビア周辺に生息しているリスザルである。
1958年に、アメリカの人工衛星に乗って初めて宇宙旅行をした歴史的なサルだそうだ。
とても愛嬌があって、かわいらしい。
ちょうどヒーターの熱明かりが当たっていて、面白い絵になりそうだったので、
現像の際に思い切って色を乗せてみた。
RAW現像だと、とくにこういう絵は、きめ細かで柔らかくてとても良い。
JPEGレタッチでこういうことをすると、まず塗り絵みたいになってしまう。















f0018464_7295334.jpgこれがRAW撮って出しの写真。
こうやってみると、上の写真はちょっとやりすぎたかなぁ・・・。

まぁ、きれいだからいいや。

by muto2100 | 2006-01-08 07:14 | 動物 | Comments(2)
Commented by miyu-uni at 2006-01-08 18:53
RAW現像はおもしろいですよね。
最近ではJPEGでの撮影はしなくなりました。
あまり枚数を撮るタイプではないのでデーターのでかさは気にしてないし。
レタッチはやりすぎではないと思いますが!綺麗にライトアップされてますよ!
Commented by muto2100 at 2006-01-08 21:21
miyu-uniさん、こんにちは。
やりすぎではないですか。そう言っていただけると嬉しいです。
ところで、miyu-uniさんのblogの写真、凄い雪ですねー。
本当にモノクロ写真みたいです。


<< 悪条件      白とび >>