2019年 05月 02日
三春滝桜
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED(a)
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR(b,c,d)

-a-
f0018464_06092080.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

昨日から元号が変わりましたが
私の生活は何ら変わりはありません。

4月はマスコミが何かにつけて
「平成最後」と連呼していましたので
今後しばらくは「令和最初」
というフレーズを使いまくるのでしょう。

マスコミの元号フィーバーの扇動には
ちょっと辟易としています。
もう少し厳かであってほしいと思うのは
私だけでしょうか。


閑話休題。
福島の桜シリーズも終盤になりました。
今日紹介するのは、日本人なら知らない人はいない
名桜「滝桜」です。
推定樹齢1000年の紅枝垂れ桜で、日本三大巨桜の一つ。
国の天然記念物に指定されています。

その威風堂々とした佇まいは「圧巻」の一言ですね。
かねてより、一度この目で見てみたいと思っていたので
満開の時期に訪問出来て大満足です。

↑ は、超広角14mmで
桜の根元からぐわっと見上げるようにして撮りました。
AF-S 14-24mmF2.8G は枝垂れ桜撮影御用達レンズです。





-b-
f0018464_06244763.jpg

↑ クリックすると大きくなります。

↑ この日の早朝は、雲が多かったのが残念でした。
朝から快晴だったら ↑ この写真ももう少し映えたのですが。
ちなみに「a」の写真は 「b」の写真の1時間後に撮影したものです。
この日は、たったの1時間で雲が一気に無くなったんです。

ちなみに、桜の近くに誰もいませんが
桜の手前の通路にいた人達に
「ぅおりゃぁ~!お前ら邪魔だからどかんか~い!!」
と怒鳴りつけたら
皆ビビッて一目散に逃げていきました。
まぁ、私が本気で凄めば楽勝ですよ。はい。

・・・・ なぁんちて、嘘です。
そんなことできませんよね。

実際の状況は ↓ こんな感じでした。

-c-
f0018464_06245005.jpg

早朝なので混雑はしていませんが
観光客が常時ちらほらと居る状態ですね。

なので同じ構図で時間をずらして何枚も撮って
人のいない部分だけを切り取り
Photoshopで繋ぎ合わせたのが「b」の写真です。
先日の月崎駅でも同じ手法を使いましたね。

作品としてはNGですが
人の写っていない滝桜の写真が完成しました。
もうちょっと早く晴れてくれればなぁ。

-d-
f0018464_06245314.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

↑ 雲が多かったので、空を入れない構図でパチリ。
滝桜の定番構図ですね。

この構図だと左下に常に人がいる状態になるので
先のレタッチは使えません。
なので、これは人が写っている状態で我慢ですね。

夜のライトアップだと
比較明合成で上手くいけそうですね。
来年訪問出来たら、夜に訪問してみます。
 


by muto2100 | 2019-05-02 06:41 | 風景・福島 | Comments(0)


<< 紅枝垂れ地蔵桜      塩ノ崎大桜 >>