2018年 11月 11日
曽原湖 1
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRII
f0018464_18411386.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

曽原湖の朝の風景です。
対岸近くの円形の小島に陽が差して、
島全体が橙色に輝いていたので、
手前の小島と重ねてパチリ。
良い雰囲気に撮れたと、自画自賛の1枚です。

ヽ(´∀`。)ノ ヤッター

ちなみに、夜明けの印象を強めるため、
露出をアンダー気味にして、
WBも調整して実際よりも青みがかった描写にしています。
 



 
実は、私がこの場所に到着したのは深夜の3時半過ぎでしたが、
私が現地入りすると、
すでに4人くらいの爺様・婆様のグループがいました。

彼らは私が狙っていた場所の5mくらい右側に陣取っていて、
それはそれで全く構わないのですが、
このグループが、とにかくうるさいんです。
大きな声であーでもない、こーでもないと、
質問する婆様と手解きする爺様が大きな声で会話します。

しかも、このグループは懐中電灯を振り回していて、
私が誰だか確認するために
私の顔に懐中電灯を向けてきたりもしました。
(これはカチンと来ましたね。)

終いには10mくらい離れた場所で撮影していた仲間に向かって
「おーい!〇〇さん!こっち来なよ!」
とか大声で叫び始めましたから、私は流石に堪りかねて
「静かにしてください。今何時だと思っているんですか?
 すぐ近くに住人がいるんですよ。」
と注意しました。

注意したら静かになりましたが、
最近、こういう年配の人が本当に多くなりましたね。

おそらくは団塊の世代の方々だと思いますが、
ここ数年、風景写真を撮っていて、
写真の知識のある爺様が、素人の婆様に手解きをしながら
撮影する姿が散見されます。
それ自体は全く悪い事ではないのですが、
もう少し撮影マナーを守ってほしいです。

とくに地元住民が気分を害するようなことだけは
止めて欲しいですね。
地元の方々の顰蹙を買った結果、
撮影地が制限されたりしたら、
我々にとって大変な損失になるのです。
 
ここにこんなことを書いても何の解決にもなりませんが、
あまりにも腹が立ったのと、
これを他山の石とするために、ここに記しておきます。
 
 

by muto2100 | 2018-11-11 17:18 | 風景・福島 | Comments(0)


<< 曽原湖 2      裏磐梯 >>