2018年 06月 27日
竹林の小径 2
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
f0018464_5425210.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

前回の続きです。
他にも色々と撮ってきたので紹介します。

↑ は、良いタイミングでカラスが舞い降りてきたので、添景にしてパチリ。
今回のベストですね。

カラス君、そこに居てくれて本当に有難う。
 



 
f0018464_5435354.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

↑ 人やカラスがいないと、何か物足りないですよね。
やはり、添景の存在は大きいです。

f0018464_5481064.jpg

↑ この写真に限らず、今回UPした写真は全体的に右寄りですが、
これには理由があって、
右側の竹林の竹が数本が傾いているのです。

なので、ちょっと見苦しいので目立たないように苦心しています。
topの写真とか、よく見ると斜めな竹が数本あるのが判りますよね。

f0018464_5442120.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

↑ 太陽を入れてパチリ。
三脚を持ってきていれば、オートブラケティングで連写して、
Photomatixで露出合成をすることにより、
もっと太陽を小さくキリッとできたのですが、
今回は仕事のついでなので、手落ち撮影です。

それでも、思った以上に良い雰囲気に仕上がりました。
これもローアングルにして、右側の傾いた竹林を隠しています。

f0018464_5442962.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

↑ 白ラブ・黒ラブの2匹を連れて散歩している地元の方がいました。
この方曰く、ここまで光芒が出るのは珍しいそうです。

f0018464_5481731.jpg

始発電車に乗って現地入りしたのが5時50分くらいで、
光芒が出始めたのが6時過ぎから。

そして6時半を回るころには
観光客がわらわらと出てきて光芒も弱まり、
撮影に適さない状況になりました。

撮影に適していた時間は、
6時10~30分までの20分間だけでしたが、
十分に撮影を楽しむことが出来ました。
 
 

by muto2100 | 2018-06-27 06:04 | 風景・その他 | Comments(0)


<< 圓光寺 1      竹林の小径 1 >>