2017年 06月 29日
AF-S NIKKOR 14-24mmf/2.8G ED
Nikon D750 + AF-S VR Micro Nikkor 105mm F2.8G
f0018464_19325492.jpg

今日はアイテム帳です。

1か月ほど前の事になりますが、広角レンズを新調しました。
新調といっても、いつものMapCameraの中古品ですが。
(^^;

今回購入したのは、AF-S NIKKOR 14-24mmf/2.8Gです。




 
f0018464_19373897.jpg

このレンズが発売されたのは2007年11月。
つまり、もう発売から10年近く経つ設計の古いレンズなんです。
ところが未だにこれを超える描写のレンズが現れません。
そのため巷では「神レンズ」と呼ばれています。

購入価格は中古美品で税抜158,900円。
定価は28万円ですから、まぁ、そこそこお買い得ですね。
発売から9年以上が経過していますが人気商品なので、
中古市場では品薄気味です。

私のレンズラインナップでは、今までは広角側は
AF-S VR 16-35mmf/4G と AF-S 20mmf/1.8G の2本が担っており、
多くの撮影地に持参して沢山の風景を切り取ってきました。
描写には満足していましたし、使い勝手も良かったですね。

ただ、星景写真を撮るようになると、
この2本では不満が出てきたのです。

VR16-35mmは、開放F値が4ということで、
星景写真を撮るにはちょっと暗いです。
星景写真は、絞りはF3前後で撮りたいですからね。

一方、20mmf/1.8Gは、
20mmという画角がちょっと狭いのです。
天の川と地上風景を収めるには
16mm前後の焦点距離がベストですね。

そんなわけで、星景写真を撮っているうちに、
どうしても14-24mmf/2.8Gが欲しくなってしまったのです。

そうなったら、もう私の物欲は止められません。
気が付いたら新宿のMapCameraに向かっていました。
(^^;

f0018464_2032640.jpg

14-24mmf/2.8Gを購入する際に、
VR16-35mmf/4G と 20mmf/1.8G の処遇をどうしようか考えました。

とくにVR16-35mmf/4Gは軽量コンパクトで使い勝手が良いので、
手元に置いておこうかな、とも思ったのですが、
私の過去の経験だと、より高性能なレンズを購入した場合は、
少々不便でも、結局は描写を優先して高性能な方ばかりを使うことになるので、
VR16-35mmf/4G と 20mmf/1.8G は売却することにしました。

愛用してきたレンズを手放すのは惜しいですが、
2本売却したおかげで、数万円の追い金で購入する事ができました。

f0018464_19453220.jpg

購入して1か月が経過していますから、
すでに 14-24mmf/2.8G はあちこちに持ち出して撮影しています。

でもって使った感想はというと、噂通りの神レンズですね。
どの焦点域でも解像度が半端ないです。
しかも歪曲は少なく素直です。
まだ普通の風景ばかりで星景写真は撮っていないのですが、
これなら星景写真もかなり期待大ですね。

唯一の欠点は大きく重いこと。
VR16-35mmf/4G の軽さに慣れていたので、
このレンズを装着すると肩にストラップが食い込みます。
(^^;

今回は作例はUPしませんでしたが、
今後の記事では、このレンズで撮った風景写真が
ちょくちょく出てきますので、お楽しみに。
 

by muto2100 | 2017-06-29 20:21 | アイテム帳 | Comments(0)


<< 伏見稲荷神社 1      竜頭の滝 2 >>