2016年 02月 07日
鎌池 5
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
鎌池 5_f0018464_20405912.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

昨日の続きです。
私が場所取りをしていた右手から大声が聞こえた理由がこれです。
何と一人の爺様が池畔の撮影スポットのど真ん中に立っていたのです。
これはいただけませんねぇ・・・。

こちら側にいたカメラマン達がいくら声をかけても、
完全に無視を決め込んでいました。
自分が撮りたい写真を撮るためなら人の迷惑なんか顧みないというスタンスです。
これでは皆場所を移動するしかないですね。




 
鎌池 5_f0018464_20461372.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

爺様が立っていたのは、↑ の写真の中央部の裏側です。
topの写真と比べてみると、どの辺りに立っていたのかわかると思います。
私が場所取りした所からは爺様は茂みに隠れて見えませんでした。

鎌池は簡単に訪問できる場所ではありません。
私のように遠方から訪問して、前日から車中泊して撮影に臨むような人も多くいます。
仕事のある人は、時間をやりくりして休日を作って2日がかりで訪問しています。

紅葉が最盛期であることを期待して、
そして、霧の出る晴れた夜明けであることを期待して、遠方からはるばる訪問して、
果たして期待通りの条件に恵まれて、
未明から場所取りをしてワクワクしながら夜明けを待っていたら、
こんな形で自分の思い描いていた写真を台無しにされるのですから、
たまったもんじゃないですよね。

鎌池 5_f0018464_2145045.jpg

幸いなことに、私は影響が無かったので良かったのですが、
一つ間違えば私の撮影も台無しにされるところでしたから、他人事ではありません。
こういうKYな爺様は本当に勘弁してもらいたいです。

次回は鎌池シリーズの最終回です。

by muto2100 | 2016-02-07 21:12 | その他 | Comments(0)


<< 鎌池 6      鎌池 4 >>