2014年 10月 09日
赤い月
Nikon D7100 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G+TC-20E II
赤い月_f0018464_643683.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

今日は紅葉とは無関係の写真です。
こういうのはすぐにUPしないと、そのままお蔵入りしそうなので。
(^^;

昨日は久しぶりの皆既月食でした。
前回が2011年12月でしたから、約3年ぶりになりますね。
その時の記事はこちらです。

3年前と比べ、カメラはD300からD7100になりましたが、
それ以外の機材は全く同じです。
D300は高感度に弱く、皆既月食の写真はイマイチ撮りきれなかったのですが、
D7100では、それなりの写真を撮ることが出来ました。
技術の進歩を感じた1枚です。

参考までに、PHOTOHITOにオリジナルをUPしました。
こちらからどうぞ。

実は、縮小だと良い感じに見えますが、等倍で見るとそれなりに酷いです。
そんなわけで、こういう写真を撮ると、
「フルサイズだったらもっと綺麗に撮れるのかな」
という思いがいつも沸き上がります。
たまにですが、こうやって高感度が必要になるときがあると、
やはりフルサイズが欲しくなってくるんですよね。
今回の写真も私なりに頑張りましたが、
鑑賞にはそこそこ堪えられても、作品レベルにはほど遠いです。
先日D750が発売されましたが、
値段がこなれてきたらちょっと揺らぎそうですね。

D750は2400万画素でD7100と同じですが、
PCでの現像・レタッチの取り回しを考えると、このくらいが丁度良いです。
むしろ、D810よりも高感度の画質に期待できそうです。
また、軽量・コンパクトな筐体は根性無しの私にピッタリです。
さらに、可動式のモニタはレンゲショウマ等の花撮りで活躍してくれそうです。
連写も毎秒6.5コマあれば私的には十分ですね。
連続撮影枚数も14bitRAWで15枚ですから、これも私的には必要十分です。
D7100なんか6枚で息切れですからね。話になりませんよ。
D600で酷評されていたAFも随分と改善されているみたいです。

VR24-120mmF4のレンズキットが20万円ちょいくらいまで落ちてきたらな~
なぁんて期待しているのですが、どうでしょうか?
来春頃には、それくらいまで落ちてきそうな気がします。

とは言っても、実際に低感度で普通に風景を撮る分にはD7100で十分です。
連写と高感度にさえ目をつぶれば、D7100は良いカメラだと思って使っています。
ただ、D7100は色々な意味でチープ感があって、
私の所有欲を今ひとつ満たしてくれないんですよね。
D300は「如何にも良いカメラ」的なオーラが全開でしたから。
DfのDXフォーマット版が出れば飛びつくんですけどね。

っていうか、DXフォーマットのフラッグシップはどうなってるんでしょうか?
今度、キヤノンから7Dの後継機が発売されますが、
どうするつもりか、そろそろはっきりして欲しいですねぇ。
たのんますよ、ニコンさん。
 

by muto2100 | 2014-10-09 07:09 | アイテム帳 | Comments(0)


<< 小田代原 1      千畳敷カール 4 >>