2014年 06月 15日
石切場 1
Nikon D7100 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G
f0018464_1883265.jpg

鋸山の山頂付近です。
彼方に見える岩の出っ張りは「地獄のぞき」と呼ばれる名所です。
あれが一応山頂になるんですかね。

6年前に地獄のぞきに行ってみたことがありますが、
高所に弱い私は、その時に「二度とここには来るまい」と固く誓いました。
行ってみると、そのくらい怖いです。→ 当時の記事はこちら
柵が付いているから安全なはずなんですけどね。
(^^;

で、この切り通しを抜けると北口管理所があり、
目指す場所は北口管理所から日本寺の外に出たところにあります。




 
f0018464_1819528.jpg

↑ 管理所を出ると、こんな感じでひたすら下っていくことになります。

f0018464_18191395.jpg

↑ 足場が悪いので、三脚を杖代わりにして進みます。

f0018464_18192376.jpg

↑ この道を下ると金谷港とJR金谷駅があります。
とはいっても、相当下っていかないとたどり着きませんが。

f0018464_18193586.jpg
 
↑ 後ろを振り返ってパチリ。

「ひたすら下る」ということは、帰りは「ひたすら昇る」ということです。
この写真を撮った後、振り返ったことを後悔しました。

f0018464_18194152.jpg

↑ 途中で見晴らしの良い場所があったり、

f0018464_18194729.jpg

↑ 躑躅が咲いていたりしましたが、どうでも良くなってきました。

普段、まともな運動をしていない中年オヤジですから、
この程度でも息が上がり、辛いです。

いつまでこれが続くんだったっけ、という不安と、
帰りは登りだからもっと辛いんだぞ、という徒労感が交錯して、
脆弱な私の心が折れそうになります。

f0018464_18195444.jpg

いままでに何度か通っている場所なので、
どのくらいで目的地に着くのかはある程度は判っています。
初めて訪問したときは、先が読めないので本当に心が折れそうになりましたからね。

さぁ、ここまで来たら後には引けません。
気力を振り絞って前進します。
目指す場所はあと少しです。

つづく。

by muto2100 | 2014-06-15 18:36 | 神社・仏閣 | Comments(0)


<< 石切場 2      千五百羅漢 3 >>