2014年 03月 06日
HA-FX850 その1
Nikon D7100 + AF-S VR Micro Nikkor 105mm F2.8G
f0018464_2059768.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

またしても物欲を抑えきれませんでした。
(^^;



 
新しいイヤホンを購入しました。

今回購入したのは、ビクター(JVC)のHA-FX850です。
先日の記事で「しばらくオーディオには散財しない」と決めていたのですが、
我慢できずに購入してしまいました。

このイヤホンは「Woodシリーズ」と呼ばれています。
樺の木を加工して振動板とハウジングに用いているのが特徴で、
その独特の艶のある音色が個人的にとても気に入っていて、
初代HP-FX500、2代目HA-FX700と愛用してきました。

f0018464_20595889.jpg

その「Woodシリーズ」の最新作が2月下旬に4年ぶりに発売されたのです。
そりゃぁ、気になって、気になって夜も寝られませんよ。

このままでは睡眠不足で仕事に支障をきたしてしまうので、
仕事帰りに秋葉の淀に行って試聴してみたところ、納得の進化が認められたので、
即購入と相成りました。

ウチのカミさんは「またイヤホン? 何で? 何個目? 信じられない!」
と連呼して呆れていましたが、
「このイヤホンを購入しなかったら、気になって気になって、仕事が手に付かなくなって、
そのうち気が狂って、会社をクビになって、結果的に家族全員が不幸になる。
だから、自分のためでなく家族の幸せのために購入したのだ。」
と説明したら納得してくれました。(嘘)

f0018464_2114138.jpg

今回発売された「Woodシリーズ」のイヤホンは、
HA-FX650、HA-FX750、HA-FX850の3種類です。
型番と形状から、FX650とFX750が、それぞれFX500、FX700の後継機になります。
そこに新たにFX850というラインナップを追加した感じですね。

肝心の音は3機種共に旧機種のFX500、FX700とは比べものになりません。
とくに旧機種で感じていた「こもり感」が無くなって、中高音がすっきりと伸びるようになりました。
新型を聴いた後にFX700を聴くと、膜が張ったような音に聞こえます。

f0018464_21383474.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

ちなみに、3機種を試聴した感想は、FX650<<<<FX750<FX850 ですね。
それぞれの価格が 1.9諭吉、2.9諭吉、3.9諭吉 なのですが、
FX650とFX750の間には、それなりに大きな差があるように感じました。
一方のFX750とFX850は差が小さいですね。
なので、人によってはより小型で安価なFX750の方に魅力を感じるかもしれません。
3機種の中ではFX850だけがリケーブル可なのですが、
そのため、MMCXコネクタが付いていて、大きくて重いです。

ただ、聞き比べると、やはり音はFX850の方が一枚上です。
ウッドユニットが一回り大きいこともあってか、中高音の艶と張りが違います。
「Woodシリーズ」の長所に、より磨きがかかった感じですね。

この差は決して無視できるレベルでは無いので、
今回はFX850を購入した次第です。

f0018464_21441414.jpg

先代のHA-FX700はそれなりに評判の良いイヤホンで、
私も気に入っていたのですが、実は使い込んでいて二つの不満がありました。

一つ目は、中高音の「抜け」と「伸び」が足りなくて、こもった感じに聞こえること。
これは先にも述べましたが、新型になってかなり改善されました。
BA型の10proやUE900には敵いませんが、解像感も十分なレベルです。

二つ目が、低音過多でボワボワしていて締まりが無いこと。
これについては、新型ではボワつき感はある程度改善されました。
ただ、新型も相変わらずの低音過多なんですよね。
BA型の音に慣れている私の耳には、低音が支配的に感じます。
ドンシャリ好きの私が過多だというのだから、本当に過多なんですよ。

なので、実はFX850を試聴しての感想は「このイヤホンすげー!」とかではなくて、
「この低音過多を何とか改善出来れば、このイヤホンは相当良い感じに鳴るぞ」
という期待感でした。
元々、このシリーズは音の響きや艶に関しては文句なしでしたからね。
この欠点が改善されれば、私にとって最高のイヤホンになるかもしれません。

f0018464_21524794.jpg

ということで、購入後、早速家に帰って工夫です。
あれこれと試行錯誤した結果、私好みの状態に持ち込むことに成功しました。
っていうか、低音のボワつき感を改善できる見込みが無ければ買いませんよね。

長くなりましたので、工夫については次回紹介します。

by muto2100 | 2014-03-06 21:59 | ポータブルオーディオ | Comments(4)
Commented by kou9n at 2014-03-07 12:52 x
おはようございます。こういうブツ撮りで105mmだと、D7100で150mm位の望遠になって、かなり距離をとって撮られていますか?やはり3脚立てて撮っているのでしょうか?
Commented by muto2100 at 2014-03-07 17:24
kou9nさん、こんにちは。

おっしゃる通りです。
近くで撮っているようで、実はそこそこ距離を置いています。
こたつ机の上にベージュの服を広げ、
そこにイヤホンを置いて、三脚を設置して見下ろすようにして撮っています。
距離はたぶん1mくらいだと思います。
夕方の斜陽の間接光入れて、少しだけ陰をつけました。
参考になれば幸いです。
Commented by てすたん at 2014-04-14 16:22 x
写真のこと何もわかりませんが、すごく素敵に撮ってますね
私は初の一万オーバーイヤホンなので、違いが分からずFX750買いました
Commented by muto2100 at 2014-04-15 07:12
てすたんさん、はじめして。
拙blogにようこそお越し下さいました。

ここは一応、写真blogなので、
こういう写真も手抜きをせずに三脚を使って撮っています。
私も試聴したときはFX850とFX750の差が少なかったので購入を迷いました。
結局、リケーブルをしたかったのでFX850にしましたが、
FX750がリケーブル可だったら、より小型・軽量なFX750を選んでいたかもしれません。

人柱になりながら試行錯誤していますので、参考になれば幸いです。


<< HA-FX850 その2      高原の秋 3 >>