2013年 12月 24日
六義園 2
Nikon D7100 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G
f0018464_2143111.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

昨日の続きです。
この日は紅葉の時期を外していて、風景的に見るべきところが少なかったので、
望遠レンズに付け替えてテレマクロ撮影開始です。



 
f0018464_2147187.jpg

六義園は東京都の文京区にあります。
山手線の上(北)の方にあると言った方が判りやすいでしょうか?
私の家からは小一時間で着くので、比較的アクセスは容易です。

f0018464_21445166.jpg

六義園についての蘊蓄を自分の言葉で説明するのは面倒なので、
東京都公園協会の紹介記事を引用させていただだきます。

・・・・・・

六義園は造園当時から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられておりました。
元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられ た駒込の地に、
柳沢吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、
7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げました。

六義園は吉保の文学的造詣の深さを反映した繊細で温和な日本庭園です。
庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」という分類法を、
紀貫之が転用した和歌の「六体」に由来します。

・・・・・・

判りましたか?
まぁ、要は300年以上前に作られた、由緒正しい日本庭園ということですね。
(^^;

f0018464_2145198.jpg

f0018464_2145848.jpg

f0018464_2147168.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

↑ この写真、背景の色合いが良い感じに決まったので、
撮ったときは「よしっ!」と思ったのですが、家に帰ってPCでじっくり見たら、
葉の1枚が明後日の方を向いちゃって、バランスを崩しています。
痛恨ですね。(^^;

f0018464_21453027.jpg

今回は時期を外していて、しかも初訪問だったので、この程度で撤収しました。
全体の感じは掴めたので、時間がとれたら来年再訪します。
実は、六義園には都内随一と名高い有名なしだれ桜がありますので、
早ければ桜の時期に訪問するかもしれません。


※ 内容が重複するので、コメントはこちらにお願いします。

by muto2100 | 2013-12-24 21:55 | 玉ボケ万歳!


<< HP-P1 その3      六義園 1 >>