2013年 09月 26日
代々木公園ドッグラン 3
Nikon D7100 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G
f0018464_79178.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

「ちょっ、、ゴルの旦那ぁ、良い話があるんスよ。待って下さいよぉ・・」

なぁんていう感じでしょうか。^^
偶然ですが、良い写真が撮れました。

で、今日は昨日の続きですが、撮影機材について話をします。



 
f0018464_7104272.jpg

今回の撮影機材については、記事のtopに記載しているとおりです。

私が犬撮りで使うVR70-200mmはとても優秀なレンズです。
すでに新型のⅡが発売されて久しく、ディスコンされているので新品は入手できませんが、
中古市場では10万円前後で取引されています。

AFのスピード、解像感、ボケ味。どれをとっても文句なしです。
勿論、新型のⅡと比べると性能は1ランク落ちますが、
私にとっては大きくて重いこと以外には不満の無い、優秀なレンズです。

f0018464_7105997.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

↑ たかがドッグランで犬が走っているだけの写真ですが、
被写体の解像感と背景のボケ味が相まって、雰囲気のある写真になっていますよね。
こういう描写は、やはり廉価ズームレンズでは表現できません。

犬撮りだけでなく、あらゆる場面で活躍してくれる、使用頻度の高いレンズです。

f0018464_711989.jpg

ただ、昨年末になりますが、
より小型軽量でナノクリタルコーティングの施されたVR70-200mmF4が発売されました。
新品で13万円前後(三脚座別)で購入できるので、
コストパフォーマンス的にはそっちの方がお買い得だと思います。
中古品に抵抗があるなら尚更ですね。

もっとも、開放F2.8が必要な場面は少なからずありますので、
そこに拘るなら中古のVR70-200mmF2.8Gを購入するのは十分に有りです。

f0018464_7111739.jpg

次にボディですが、
私が使っているD7100はDXフォーマットです。

DXフォーマットというのはNikon独自の表現で、世間ではAPS-Cサイズと呼ばれています。
フルサイズより一回り小さな画像素子を使っているのでイメージサークルが小さく、
機材をコンパクトに作れるので、フルサイズよりも安価に機材を揃えることが出来ます。
その代わりに画像素子が小さな分、画質はフルサイズに劣るといわれています。

f0018464_7112646.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

風景屋の私は、フルサイズのFXフォーマットに行った方が良いのかもしれませんが、
すでにDXフォーマット専用の金環レンズを複数所有していることと、
フルサイズとAPS-Cの画質の差と掛かるコスト、取り回しの利便性などを天秤に掛け、
結論としてDXフォーマットを使い続けています。

D7100は今春に購入しましたが、低感度であれば描写に関しては文句無しで、
以前使っていたD300よりも数段上質な、解像感のある写真を撮ることが出来ています。
優秀なNikonの金環レンズのお陰もあって、個人的には満足しています。

ただ、これは低感度で撮影したときの話で、
ISO640を超えてくると辛いモノがありますね。

被写体にもよりますが、風景ならISO400、動きモノならISO640くらいまでが、
作品レベルで鑑賞できる限界でしょうか。
これ以上の高感度になると、塗り絵っぽくなってディテールが失われます。

三脚を用いてがっつり撮る撮影スタイルでは高感度で撮ることは希なので、
とりあえずは私の撮影スタイルでは無問題です。

f0018464_7113650.jpg

なお、唯一の欠点と言われている連写についてですが、
私は犬撮りのような「連写命」のときは、12bit圧縮RAWで撮っています。
14bitだと単純に12bitの4倍の色情報になるのでデータが重く、
連写が効きませんので12bitに落としています。

落としているといってもJpegが8bitですから、12bitでも十分なんですけどね。

f0018464_7211158.jpg

以前はJpegで撮っていましたが、Jpegはレタッチ耐性が低いのでダメです。
私が使っているSDはそれなりに高速なので、Jpegだとほぼ無限連写状態になるのですが、
レタッチでボロが出るのなら意味がありません。
12bit圧縮RAWだと、クロップを使わなくても連続で9枚撮影できますし、
Jpegと違ってRAW現像ができます。( ← これが大きい!)

連続撮影枚数が9枚というのは、一見少ないように思えますが、
犬撮りだと “4・5枚撮って一呼吸して、また4・5枚撮る” といった感じなので、
息切れすることはまずありません。
とりあえずは、これで十分に間に合っています。

f0018464_711447.jpg

そんな感じで、世間ではフルサイズ・フルサイズとうるさいですが、
私は当分の間はDXフォーマットで行くつもりです。

機材をFXに切り替えると、レンズも含めて60万円ほどの出費になります。
所有しているDXレンズやD7100を売却して資金に充てても、40万円以上は掛かるでしょう。
そんなお金があったら、その分を旅行代に充てて、
良い風景を追い求めた方が絶対に幸せになれますね。はい。^^

以上、長文・駄筆、失礼しました。


※ 内容が重複するので、コメントはこちらにお願いします。

by muto2100 | 2013-09-26 07:33 | アイテム帳


<< 愛犬との富士山写真展      代々木公園ドッグラン 2 >>