2013年 06月 22日
光徳寺 1
Nikon D7100 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(a,b,c,d,e)
Nikon D7100 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(f)

-a-
f0018464_2115652.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

前回の続きです。

小湊鐵道・月崎駅を後にして立ち寄ったのがここ。
千葉県市原市のある「光徳寺」という寺院です。



-b-
f0018464_2181959.jpg

光徳寺は日蓮宗の寺院です。

境内には紫陽花が沢山植えられていて、
6月になると、色とりどりの紫陽花の花が咲いて、
境内に彩りを加えています。

-c-
f0018464_218922.jpg

ただ、紫陽花を撮るだけなら、わざわざ市原までやってきません。
実は、この寺には多くの羅漢像が安置されているのです。

-d-
f0018464_2110502.jpg

羅漢像の写真といっても、ただ撮っただけでは面白くありませんよね。
やはり添景というか、アクセントが欲しいです。
なので、梅雨のこの時期に紫陽花を絡めて撮りにきた訳です。

-e-
f0018464_21105859.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

ちなみに、羅漢像は石で出来ているので、
晴れた日に訪問しても白っぽくなって味がありません。
とくに、ここの羅漢像は平成14年に奉納された新しい石像群なので、
乾いた状態だと味も素っ気も無くて何の面白味もありません。
なので、雨の日を狙って訪問したのです。

雨中の撮影は大変ですが、
コントラストが強く出て、味わい深い石像の写真を撮ることが出来ました。

-f-
f0018464_21223794.jpg

なお、今日紹介した羅漢像は、
山門から本堂に続く通路に安置されている、ごく一部だけです。
本堂の右脇には、「五百羅漢」と呼ばれる石像群が安置されており、
メインの被写体はそちらになります。

五百羅漢像は、次回紹介します。


つづく。

by muto2100 | 2013-06-22 21:25 | 神社・仏閣 | Comments(0)


<< 光徳寺 2      紫陽花の待つ駅 >>