2013年 06月 09日
崇福寺 3
Nikon D7100 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G
f0018464_6591934.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

前回の続きです。

今日は、崇福寺の本堂内部に安置されている十八羅漢像を紹介します。
折角、本堂内に入れる機会に恵まれたので、
VR70-200を取り出して、羅漢像にぐぐっと寄ってパチリ。

外からでは撮れないアングルで撮影できて嬉しかったです。^^



f0018464_6595028.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

今回の撮影には三脚は持参しませんでした。
なので、暗いお堂の中で手持ちで撮らなくてはならないので、
絞りを開放気味にして感度を上げることでSSを稼ぎ、
レンズの手ぶれ補正を頼りました。

また、撮影に際しては、壁にもたれかかりながら息を止めて、
2~3枚連写を繰り返します。

f0018464_7019.jpg

連写する理由は、シャッターを押すことによる手ぶれを防ぐためです。
シャッターを押すと、どうしてもカメラが微妙に動いてしまいます。
指に力を込めるわけですから当然ですよね。

なので、2~3枚連写して、
指を動かした1枚目を捨てて2・3枚目のブレの少ないのを拾う作戦です。
大量に撮ってブレブレ写真は全て捨てました。

f0018464_701057.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

↑ この写真はISO800、F3.2で撮っています。
さらにEV-2.7と、かなりアンダー気味に設定して撮りましたが、
それでもSSは1/15秒しか稼げませんでした。
焦点距離200mmですから、手持ちでブレずに撮るのはなかなか辛いものがありましたね。

この1枚をブレずに撮った陰には、10枚ほどの失敗写真が存在しています。
(^^;

f0018464_70394.jpg


← 上の写真の等倍切り出し画像です。

ISO800で、しかもEV-2.7で撮ってRAW現像時に露出を持ち上げたので、
ノイズガサガサを覚悟していたのですが、どうでしょうか。

ややディテールが失われていますが、なかなか健闘していると思います。

私的には、十分合格です。


f0018464_705848.jpg

ちなみに、本堂は国宝ですが、
この羅漢像は国宝とかでは無く、長崎県の有形文化財に指定されています。
国宝や重文だったら、こんなに安易に近寄らせてくれないですよね。

でも、なかなかに雰囲気のある羅漢像でしたよ。

f0018464_71541.jpg

次回は本尊の釈迦如来像を紹介します。

つづく。


※ 内容が重複するので、コメントはこちらにお願いします。

by muto2100 | 2013-06-09 07:27 | 神社・仏閣


<< 崇福寺 4      崇福寺 2 >>