2013年 05月 25日
UE900 その1
Nikon D7100 + AF-S VR Micro Nikkor 105mm F2.8G
f0018464_18141190.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

物欲を抑えきれませんでした。
(^^;



f0018464_22283323.jpg

新しいイヤホンを購入しました。
今回購入したのは、Ultimate Earsという会社のUE900というイヤホンです。

Ultimate Earsはアメリカの会社です。
あまり馴染みの無い会社名ですが、カスタムイヤホンで有名なブランドです。
私が使っているTriple Fi 10(以下10pro)もこの会社のイヤホンです。
ディスコンが噂されていた10proがいよいよ生産・販売を終了し、
後継機種として開発されたUE900が今春から日本でも発売されることになりました。

UE900は、片耳に4基ずつのBAドライバーを搭載した、
Ultimate Earsのコンシューマー機のハイエンドモデルです。
詳しくはこちらを参照して下さいな。

f0018464_18221020.jpg

気になる価格は、淀の通販で39,800円で、10%のポイント還元。
たかがイヤホンとは呼べない値段ですね。
(^^;

興味の無い人にとっては信じられない価格設定だと思いますが、
高級イヤホンの世界は10万円オーバーが当たり前ですから、
4万円は「それなりに高級」レベルです。

今回はイヤホンスパイラルから脱却すべく、
少々高額になっても良いから納得のいくものを購入しようと決めていました。
で、そんな私が購入候補に挙げていたのが以下のイヤホンです。

SHURE  SE535LTD
SENNHEISER  IE80
Westone  Westone 4
Ultimate Ears  UE900

値段はどれも同じくらいで、3~4万円です。
で、秋葉原のeイヤホンに行って、すべてを試聴した上でUE900に決めました。
決め手になったのは、装着したときのフィット感と音質です。
どれも個性があって甲乙付けがたかったのですが、
総合してUE900が私にはベストである、と結論づけました。

f0018464_21504253.jpg

↑ 私が愛用している10proとUE900の比較画像です。
3ドライバの10proより4ドライバのUE900の方が随分とコンパクトですね。

10proの最大の欠点は装着感です。
独特な出っ張った形状のイヤホンを耳にぐいっとねじ込むのですが、
お世辞にも装着感が良いとはいえません。
その点、UE900は私の耳にスポっと填まってピッタリでした。
今回試聴した4機種の中で、填めた瞬間に「あ、これ良いな」と感じたのはUE900だけでした。
まぁ耳の形は人によって違うので、この辺の感想は人それぞれですね。

f0018464_21571556.jpg

↑ 9種類の付属のイヤーピースです。
上の3種類がコンプライで、下の6種類がシリコンです。
これだけあれば自分の耳に合うやつが必ず見つかるでしょう。
私にはシリコンの一番大きいやつがピッタリでした。

ちなみに、UE900のシリコンイヤーピースは他に比べて薄くて柔らかく、
装着感がかなり向上しました。
これは相当良いですね。他メーカーも真似た方が良いと思います。

f0018464_2223353.jpg

↑ UE900に付属している2本のケーブルです。
だんだん撮影が面倒になってきて、結構いい加減に撮っています。
(^^;

青い方のケーブルはiPhoneのリモコン付きです。
リモコンが付いていた方が便利ですが、こういう青色は好きではないので、
私は黒い方を装着しています。
別にリモコンが無いと困るという訳ではありませんからね。

このケーブルの質感はちょっとゴワ付いていて私の好みでは無いのですが、
タッチノイズは皆無で、取り回しは良好です。
ただ、作りがチープですね。
2本もいらないから質感を高めて欲しかったです。

f0018464_2242756.jpg

おっと、肝心の音について何も言ってませんでした。

UE900の音の傾向はフラット型です。
やや中高音寄りですが、欠点の無い万能選手といった感じで、
どんなジャンルの曲でもきちんと聴かせてくれます。
とくに解像感が突出していて、高音域がとても綺麗に伸びていきます。
中音域は抜けが良くて音色が美しく、ボーカルがきちんと前に出てきます。
10pro同様につぶつぶ感のある音ですが、UE900の方が繊細です。
低音は適度に締りがあって心地良いのですが、
人によっては沈み込みが不足しているように感じるかもしれません。
個人的には全体のバランスを考えるとこんなもんだと思います。

高音1基・中音1基・低音2基のクアッドドライバーが奏でる音色は格別で、
単純に一つ一つの音が美しく響き、伸びやかです。
遮音性も文句なしで、音漏れは皆無です。
もっとも値段が値段なので、これくらい鳴って当然ですけどね。
低音好きな人以外がこれを聴いて不満を持つことはまず無いと思います。

聞き始めは、各帯域がバラバラに主張している感じでしたが、
20時間くらい聴いたら随分と変わってきて、音がまとまってきました。
一応、メーカーのエイジング推奨時間が100時間なので、
これからどんな風に変化していくのか楽しみです。^^


<7/2 追記>
UE900について、購入後1ヶ月の所感を記事にしました。

記事その1その2

参考になれば幸いです。

by muto2100 | 2013-05-25 22:38 | ポータブルオーディオ | Comments(0)


<< 梅雨入り      隔離 >>