2013年 03月 29日
D7100 その2
Nikon D7100 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G
f0018464_1048108.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

今日UPするのはお馴染みのソメイヨシノの花。
弘法寺の境内で撮りました。

↑ の写真。
先端の一番目立つ花の花弁が1枚だけ取れかかっています。
それが無ければ良い写真になったのに。
(>_<。) クヤシー




f0018464_8381377.jpg

さて、購入後2週間ほど経過したD7100ですが、
今日は、私なりに使ってみた感想を述べたいと思います。

私はD300からの乗り換え組なので、基本的にD300との比較になるのですが、
まず、画質については隔世の感がありました。
まぁ、このblogの写真を見れば、D300で撮った写真とは縮小写真でも違いが判りますよね。
東芝製2400万画素CMOSセンサー+ローパスフィルターレスはビックリの描写です。
単に高繊細で色のりが良いというだけでなく、ダイナミックレンジの広さが段違いで、
「今までの苦労は何だったんだろう」と思うくらい撮影が楽になりました。

とくに朝夕の明暗差の大きい被写体の写真を撮る事が多かった私にとって、
D300のダイナミックレンジの狭さは一つの悩みでした。
ハイライトがすぐに白トビするので、アンダー気味に撮ってRAW現像時に持ち上げるのですが、
そうすると、持ち上げた暗部がノイズでガサガサになります。
それを回避するためにPhotomatixを使って露出合成をしたりして、
あれこれ工夫して撮ってきましたが、限界を感じていました。

その苦労が解消されて、個人的にはスッキリ晴れやかな気持ちです。^^
今まで撮ってきた風景写真を全部撮り直したいくらい、描写が違います。

ただ、高感度に関しては期待していた程ではありませんでした。
私の基準では、ISO400未満じゃないと作品と呼べる画質にはならないと思います。
なので高感度で撮る事が多い人は、フルサイズに行った方が良いです。
私のように三脚立てて低感度で朝夕の風景を撮る分には関係無いですけど。

f0018464_8382250.jpg

デジカメは画質が一番大切ですが、画質だけでは評価できません。
他の部分も含めたトータルで判断しなくてはなりません。
D300はDXフォーマットのフラッグシップということで、その他の部分が良かったのです。

で、まずはD7100のAFですが、これは素晴らしいの一言です。
新開発の「アドバンストマルチCAM 3500DXオートフォーカスセンサーモジュール」は
体感的にはD300より明らかに上です。
まず、暗部に強いです。そして動体を捕捉する能力が高いです。
D7100の一番の売りはAFなんじゃないかな、と思うくらい使いやすいです。
まだ×1.3クロップモードは試していないのですが、
これについては近日中にドッグランにでも行って挑戦してきます。

ただ、AFが素晴らしいだけに、連続撮影枚数の少なさが目立ちます。
普通に花や風景を撮っている分には、そんなに連写しないので気になりませんが、
小湊鐡道の写真を撮るときは連写することが多かったので、息切れすることがままありました。
鉄道写真は14bitRAWで撮ってPCに取り込んでRAW現像ソフトで追い込みます。
なので、RAW撮影時のスタミナがもうちょっと欲しかったです。
12bitRAWで撮れば若干改善されますが、やはり14bitで撮りたいな、と。

この点についてはネットで散々叩かれていましたが、その通りだと思います。
やはり、ここがD7100の最大の弱点です。

f0018464_8383394.jpg

画質とAF以外の部分については必要十分です。

シャッターの音と感触については、使い始めは違和感がありましたが、すぐに慣れました。
ミラーバランサーを搭載しているのでレリーズショックが少なく、軽快です。
防塵・防滴については、D300相当と謳っているので、きっとそうなんだと信じて使っています。
先日の飯給駅は雨中の撮影で、カメラもレンズも結構濡れましたから。

あと、カードスロットが2枚分あるのは便利ですね。
1枚目が一杯になったら勝手に2枚目に保存してくれるわけですから。
D300の時は、いちいちカードを入れ替えていましたが、取り出す必要が無いです。
おそらくSDカードは、このままずっと差しっ放しだと思います。

その他の各種機能も、私が必要なものは全て揃っています。
D300とボタンの有無を含めた操作方法が違うので、
初めのうちは戸惑いましたが、今ではすっかり慣れました。
慣れると、ニコンの操作体系はユーザーの事をよく考えているな、と感心させられます。

この辺は流石、老舗の味です。^^

f0018464_8384277.jpg

ということで結論ですが、
D7100は基本性能のしっかりした良いカメラです。

単純に画質だけをみれば、同じCMOSを搭載したD5200と大差無いわけですが、
AFをはじめとした基本部分の性能が段違いです。
D300と比較しても、見た目はややチープですが、内容的には見劣りしませんでした。
こういうメカを含めた基本的な部分のしっかりしている所がD7100の強みです。


最後に一つ。
カメラの性能的な部分とは直接関係の無い話なのですが、
2400万画素の画像データは思った以上にPCに負担をかけます。
画像によりますが、ファイルサイズがRAWで30GB前後、Jpegで20GB前後あります。
ファイルサイズが大きいので、とくにHDDから画像を読み込むのに時間がかかるのです。
RAW現像でも、それなりに負荷がかかっているのが判ります。
ちなみに、私が使っているDellのPCのスペックはCPU:CORE i5、RAM:8GBです。
昨年末に買ったばかりなので、それなりに高性能なんですけどね。

なので、古いPCをお使いの方は、D7100に乗り換えると、
PCも買い替える羽目になるかもしれませんので、ご注意ください。
私も、画像処理がもっさりするとストレスが溜まるので、
ビデオカードを入れようかな、と思案中です。
まったくもって、デジカメは金食い虫です。(^^;

2400万画素でこれですから、
D800の3600万画素のデータだとどうなっちゃうのでしょうか。

by muto2100 | 2013-03-29 10:07 | アイテム帳 | Comments(0)


<< 大黒堂      辛夷 >>