2013年 03月 08日
洲崎にて 2
Nikon D300 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G
f0018464_20321660.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

題:「 黄昏の海 」

昨日の続きです。
この日は日の入り方面に雲が出ていて富士山が拝めそうもなかったので、
アイラインを下げて、岩礁と斜陽に照らされる海面をパチリ。

なかなかシュールな写真に仕上がってくれたかな、
と自画自賛です。^^




  
f0018464_2043591.jpg

「シュール」とは「超現実、現実を超えた状態」という意味ですが、
今回は普通には見ることのできない風景にするために、
長時間露光で波を流して撮っています。

ちなみにtopの写真の撮影データは、ISO200、EV+2.3、F11.0でSS:13秒。
日没後ならともかく、撮影時はまだ日が落ちていない状態ですから、
こんな設定で普通に撮ったら露出オーバーで画像は真っ白けになっちゃいます。
なので、今回UPした写真はND400フィルターを装着して撮影しています。

ND400は型番の通り、光量を1/400に減らすフィルターです。
このフィルターを装着すると、ファインダー越しに見える風景も1/400の明るさになりますので、
見た目はかなーり暗く、MFでピントを合わせるのはちょっと難しい状況です。
なので、かろうじて明暗差の判る部分にフォーカスポイントを合わせて、
AFを使ってピントを合わせています。

え?ライブビューを使えば良いだろうって?
その通りなのですが、ライブビューを使うと電池の消耗が激しいので使っていません。
とくに、私が使っているD300の電池は4年半使い続けているので劣化が激しく、
いつも電池2個を満タンにして撮影に出かけるのですが、1個は確実に使い切ります。

とくに寒い日は電池の持ちが悪いので、
結構ギリギリだったりすることも多いんですよね。
D7100を予約している今、D300用の電池を追加購入する気にはなれないので、
電池の消耗を抑えながら使用しています。

f0018464_20434185.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

AFの話に戻りますが、D300の暗所でのAF性能はそれなりに定評があります。
暗いシチュエーションでも、わずかな光を検知して測距してくれます。
で、実はND400を付けて撮るときに、これが大いに助かるのです。
ND400を付けているということは、夜に撮影しているのと同じですからね。
暗所でのAFが正確なので、ちゃっちゃとピントを合わせて撮れるのです。

ちなみに、頑張ればファインダーを覗きながらのMFでも撮影可能です。
ただ、フォーカスエイドを駆使してピントを合わせることになりますが、時間がかかります。

斜陽の時間は限られるので、迅速に撮る事が重要です。
とくに海辺の写真の場合は、構図を決めてカメラの設定を追い込んで撮影しても、
気に入った波の形になるとは限りません。
なので、同じ構図で複数枚撮って、最も波の形の良いものを選択します。
しかも、長時間露光だと1枚1枚の撮影にかかる時間が長いので、
撮影を始めると、あっという間に旬の時間帯が終わってしまいます。

夕焼け・朝焼けの撮影は時間との戦いです。
なので、D300の高性能なAFは大変重宝しているのです。

なお、購入予定のD7100のAFは新開発のCAM3500DXというやつで、
カタログを見た限りではかなり良さげです。
D300と同等であれば十分なのですが、それよりも良かったら嬉しいですね。

期待していますよ、Nikonさん。^^

f0018464_219218.jpg

実は、私がD600の購入を見送った理由の一つがAFの性能です。
D600のAFモジュールはD7000に搭載されているものと基本的に同じで、
暗所に弱いと言われています。
そして、APS-C用のAFモジュールをフルサイズに転用しているのでフォーカスエリアが極端に狭く、
今回みたいな撮影だと明暗差のある場所を見つけても、
そこにフォーカスポイントを持っていけない可能性があります。
フルサイズに魅力を感じないわけではないのですが、これでは見送らざるを得ませんよね。

D800なら必要十分な性能ですが、子持ちサラリーマンには高嶺の花です。
宝くじにでも当たらない限り、購入することはないでしょう。(^^;

f0018464_2044923.jpg

AF性能というと、動体撮影にばかり話が行きがちですが、
暗所におけるAFの精度というのも結構重要です。

暗所でのAF性能というと、
「暗い場所でなんか滅多に撮らないし、その時はMFで撮れば良いだろ」
と思われるかもしれませんが、
今回の撮影方法みたいに、暗いシチュエーションじゃくなくても
暗所でのAF性能が重要になってくることがあるのです。
AFエリアの広さもまた然りです。

数年後にD7100のAFモジュールを積んだD610が発売されたら、
その時こそが、私がフルサイズに移行する時なのかもしれませんね。

以上、長文にお付き合い下さいまして、有難うございました。
<(_ _)>


※ 内容が重複するので、コメントはこちらにお願いします。

by muto2100 | 2013-03-08 06:32 | 風景・千葉


<< 洲崎にて 3      洲崎にて 1 >>