2005年 12月 22日
RAW
Nikon D50+Ai AF Micro Nikkor 60mm F2.8D
RAW_f0018464_2195485.jpg
いままで、ずっとJPEG(Fine)で撮ってきたのだけれども、
よりよい絵を求め、RAWで撮ってみた。
保存時の圧縮率が違うせいか、いくらか画質が向上している。
このサイズだとわかりにくいが、等倍でみると違いが分かる。
うまくいえないが、JPEGよりもきめ細かい、上質な絵であることに間違いない。
ただ、普通に見ているぶんには、違いは分からない。その程度の差である。
この絵はRAW撮って出しとでもいうか、
Nikon Editorで読み込んで、JPEG最高画質で保存しただけである。
とりあえず何の補正もしていない。
補正をするなら、RAW必須ときくが、やはり全然違うのだろうか。
うーん、やっぱりNikon Capture買おうかなぁ。
                
                        っていうか、買うしかないよなぁ・・・。

by muto2100 | 2005-12-22 20:17 | Comments(2)
Commented by kazu-dog at 2005-12-24 17:28
おお、僕といっしょですねえ。
僕もほとんどJPEGです。
たまにRAWで撮影するけど、やっぱりノーレタッチの即現像みたいな感じ。
いつかゆっくりRAWを極めたいと思うんだけど・・・。
どうも根っからのものぐさ人間なのもので。
イカンイカン
Commented by muto2100 at 2005-12-24 22:17
kazu-dogさん、こんばんは。
私もずっとJPEGオンリーだったのですが、
最近Micro60mmにはまってまして、
そうすると、あのレンズの解像感をなるべく残したくなってきた訳なんですよ。
欲しいレンズもまだまだあるし、困ったものです。


<< 吠える      寒波 >>