2011年 06月 02日
初夏の美人林 4
Nikon D300 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm F4G
f0018464_6594473.jpg

美人林シリーズの最終回です。

今回の写真は前回の写真と雰囲気が違いますが、
理由はHDR加工していないからです。



  
f0018464_7708.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

今回UPした写真は、前日の夕方に撮影したものです。
前日の午後は風が強かったので、HDR加工用の写真も撮ったのですが合成不可でした。(^^;
HDRの最大の弱点は動いているものには弱いということです。
風で木の葉が揺れると、合成したときにブレブレ状態になってしまいますからね。

そんなわけで、今日は普通にRAW現像した写真を紹介しています。

f0018464_771749.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

↑↓ この2枚は翌朝に撮ったもので、普通に撮ってRAW現像しました。
水面に光が入り込んでから撮れば良かったですね。これではごく普通の写真です。

まだまだ想像力が足りません。(^^;

f0018464_794286.jpg

実は、今回の撮影で残念なことがありました。

旬の時期なので、ここに撮影に来ている人はそれなりに多かったのですが、
一部の高齢の女性達の撮影マナーが非常に悪かったのです。
具体的に言うと、根開けの縁付近を平気で歩いて踏み荒らしてしまうのです。

↓ こんな感じです。
f0018464_7105472.jpg

これでは、この根開けはもう被写体にはなりません。
本人達に悪気はないのでしょうが、はっきり言って迷惑です。

ちなみに、↑ の写真は、この根開けを構図に入れた写真を撮ろうとして、
私が三脚を構えて人が居なくなるのを待っていたら、
デジカメ持ったおばちゃんが目の前を堂々と通過して、グチャッと壊してくれました。
で、「げっ」という顔をした私と目が合ったら、「あら、ごめんなさいね」の一言で去っていきました。

他にも私が気づいただけで、この人達は3・4箇所の根開けを壊していました。
根開けの中に入り込んで、縁に足をかけて撮影していましたから崩れて当たり前です。
なんていうことをしてくれるんだろう、と呆れてしまいました。
注意するのも大人げないので何も言いませんでしたが、言えば良かったかな、と思っています。

f0018464_79549.jpg

最近とみに思うのですが、
有名な撮影地に行くと、マナーを知らない年配の方を見かけることが多くなりました。

一昔前は、年配のカメラマンの方が
「最近の若いモンは、撮影マナーがなっていない」
なんて愚痴っていたものですが、最近は立場が逆転している気がします。
デジカメが普及して、写真を老後の趣味にする人がそれだけ増えたということですかね。
写真の楽しみ方は人それぞれですが、
被写体を壊すような真似だけはしないで欲しいものです。

ちなみに、前回UPした写真の老夫婦は、奥方は写真の素人でしたが、
ご主人が撮影マナーも含めて色々と教授しながら撮影を楽しまれていました。
ああいう姿は、私も見ていて良いなぁと思います。

折角の気持ちの良い松之山の風景を撮りに来ているのですから、
マナーを守って撮影したいものですね。


※ これで初夏の松之山シリーズを終了します。
長きにわたり、お付き合いくださいまして有り難うございました。
右のカテゴリに「松之山」を新設しましたが、
HPの方でも、近いうちに特集を組もうと思っています。

※ 内容が重複するのでコメントはこちらにお願いします。

by muto2100 | 2011-06-02 07:37 | 風景・新潟


<< 7週齢      初夏の美人林 3 >>