2011年 05月 01日
夏初月
Nikon D300 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G
f0018464_523434.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

題:「 夏初月(なつはづき) 」

昨日の続きです。
今日の写真は昨日の写真の4分前に撮ったものです。
太陽が丁度雲にかかって日差しの柔らかくなった所を狙いました。

田植え直前の水の張ったの棚田を手前に大きくに入れて朝焼けの雲を映し、
左手前に雑草を配して構図のバランスをとりました。
(等倍表示はこちらからどうぞ。)



  
今回の写真はHDR加工していますので、その辺の処理法について紹介します。

↓ 合成に使ったのは以下の5枚です。
f0018464_7241057.jpg

f0018464_7242037.jpg

f0018464_7242932.jpg

f0018464_7244088.jpg

f0018464_7291824.jpg

EV0.7ステップで5枚連写しました。
これを見ると、適正露出の写真が1枚もないことが分かります。
空に露出を合わせるなら1枚目が適正で、棚田に合わせるなら5枚目が適正です。
デジカメ泣かせのシチュエーションですね、はい。

でもって、これらをPhotomatix Proに取り込んでHDR加工します。

↓ 加工したのがこの写真です。
f0018464_7412032.jpg

なぁんか眠いですね。しかも色が不自然です。
でも、これで良いのです。
っていうか、わざと眠いテイストに加工しています。

この後、この写真をSilkypix DS Proに取り込んでレタッチして仕上げるので、
眠い画像の方が都合が良いのです。
色に関してもSilkypixで調整するので無問題です。

で、Silkypixに取り込まれた画像は露出・色・コントラスト・WB等々微調整されて、
最後にトリミングしてtopの写真となって完成します。

Photomatixでも色やコントラストを調整出来るのですが、
Silkypixに比べるときめ細かさに欠けます。
最後の仕上げは、やはり使い込んだソフトを使うのが一番ですよね。

つづく

※ 内容が重複するのでコメントはこちらにお願いします。

by muto2100 | 2011-05-01 08:01 | 大山千枚田


<< 薫風駘蕩 1      水張田の夜明け >>