2010年 11月 14日
NIKON PLAZA Sinjuku
iPhone4
f0018464_19151574.jpg

今日は朝から曇り空でしたね。

久しぶりの休日だったので、ちょいと早起きをして遠出をして、
茨城あたりの紅葉撮影を楽しもうかなぁ、なんて思っていたのですが止めました。
この天候では、ろくな写真が撮れないでしょうからね。

で、家でゴロゴロしているのも何なのでニコンプラザ新宿に行ってきました。




  
f0018464_1991610.jpg

NikonのSCにやって来た目的はD300のローパス清掃です。
一応、家にクリーニングキットがあるので、普段は自分でやっているのですが、
年に1回くらいのペースでSCに持ち込んで綺麗にして貰っています。
やはりプロの清掃は素人とは全然違いますからね。

これから紅葉などの風景撮影の本番を迎える前に、きっちり綺麗にして貰った次第です。

f0018464_1992854.jpg

ローパスの清掃は大体1時間~1時間半ほどかかります。
なので、D300を預けた後、時間つぶしに新宿SC内をうろついていたらD7000が置いてあったので、
暇つぶしにちょいといじくってみました。

f0018464_19143299.jpg

で、触ってみた感想ですが、悪くはないですが個人的には魅力は感じませんでした。
シャッターを押したときのレリーズショックが廉価機種を感じさせます。
「カシュン」っていうシャッター音と感触は全くキレが無く、正直萎えました。
D300は「バチッ」という感じですからね。

あと、大きさも小さすぎて持ち辛く、ボタン類の配置が窮屈に感じました。

f0018464_1915129.jpg

良い感じだったらD300の後釜にと思ったのですが、私は見送りです。
レリーズの感触や持ち易さなんて写りには関係ないだろ、
と思われるかもしれませんが大いに関係あります。
感覚的なことなので上手く言えませんが、私にとっては大切な要素です。

こう書くとD7000ユーザーの方は気を悪くされちゃうかもしれませんね。
実際、D7000は出来の良いカメラだと思います。
D300どころかD300Sを超えている部分もありますからね。
購入された方はきっと満足して使っていることでしょう。
でも、やはり使い心地というのは私にとって大切な要素の一つで、譲れないんですよね。

なので、近い将来発売されるであろう廉価フルサイズ機を横目に見ながら、
いつ出るか分からないD300の後継機を待つことにします。

f0018464_19153070.jpg
↑ 特徴的なドコモタワーを配してパチリ。

ちなみに、この写真だけはSCのある新宿エルタワー28階ではなく、
新宿ミロードの7階から撮っています。

それにしても、やっぱり曇天はつまらないですね。
風景写真には光の要素が必要です。

※ つまらないのでコメ不可です。(^^;

by muto2100 | 2010-11-14 19:55 | iPhone


<< 透き通る花 1      柿の木 >>