2010年 10月 09日
AdobeRGB と sRGB(その1)
Nikon D300 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(b,d)
Nikon D300 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(a,c,e)

-a-
f0018464_18543930.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

今日は、先日購入したモニタ(EIZO FlexScan SX2262W)についての話です。



  
-b-
f0018464_18545889.jpg

SX2262Wは色再現性にこだわったモニタです。
なので、より忠実に色を再現出来るよう、AdobeRGBカバー率95%の広色域パネルを採用しています。
さらに、EasyPIXというカラーマネジメントツールを使うことによって、
正確な色を再現出来るように作られた秀逸なモニタです。

で、こうやって書くと、私のRAW現像環境はかなり整ったように見えますが、
実は、ちょっとした問題が起きています。
それはAdobeRGBとsRGBいう2つの規格についてなのです。

-c-
f0018464_18551357.jpg

AdobeRGBは、Adobe Systems社が定義した色空間(カラースペース)のことです。
対してsRGBは一般に広く用いられている国際標準規格です。
ほとんどの方が自宅のPCではsRGB規格で色を表現していると思います。
AdobeRGBはsRGBよりマイナーな存在ですが、sRGBよりも遥かに広い範囲の再現領域を持っていて、
きめ細やかな色彩の表現でき、色構成の厳密性が高いと評判です。

なので、
「色再現にこだわるなら、AdobeRGBっしょ。」
「風景は色彩命だもんね。」
なぁんていう軽いノリで、SX2262Wを購入したわけです。

-d-
f0018464_18553369.jpg

で、実際にモニタが自宅に届いて、PCに接続して起動させたところ、
画面いっぱいに綺麗な壁紙の風景写真が現れました。

「おぉ~、やっぱりAdobeRGB対応モニタは綺麗だな~」

なぁんて喜びながら、自分のHPやら画像ファイルやらを次々と表示させて喜んでいました。
が、そのうち、あることに気づいたのです。

「何かケバくね?これ。」

簡単に言うと、どの写真もケバケバしいのです。
AdobeRGBの売りの「きめ細やかで厳密な色再現性」とやらはどうしちゃったんだよ。
というくらいおかしな発色です。

これはアカンということで、早速EasyPIXでキャリブレーションをしてみましたが、変化無し。
つまり、私が何か大きな勘違いしているということですね。

で、私なりに色々と調べてみたところ、やっと原因が分かりました。

f0018464_10305617.jpg

↑ 上の図は、AdobeRGBとsRGBの色表現域を表したものです。
色の塗られている部分が人の目で認識出来る色空間で、
赤の枠がAdobeRGB、青の枠がsRGBで表現出来る色空間です。
黄色のNTSCは割愛します。
こうやってみると、sRGBが如何に表現域が狭いか分かりますね。

で、私の写真がケバく見えた原因は、
私の写真がどれもsRGBモードで撮ったものだったからなのです。

簡単に説明すると、
青の三角形の枠(sRGB)で撮った写真を赤の三角形の枠(AdobeRGB)で表現しようとすると、
青枠を赤枠と同一視しちゃうため、青枠と赤枠が重なるように青枠を拡張して表現しちゃうのです。

だから、ケバケバ画像になっちゃったんですね。

-e-
f0018464_18555755.jpg

で、原因が分かったんだから、あとはそれに対処すれば良いだけなのですが、
それがなかなか難しいことになっています。

とりあえず、モニタに関してはsRGBモードというのが用意されているので、
それで表示させれば無問題です。
今は普通に使えていますし、元々優秀なモニタなので表現力についても満足しています。

ですが、折角のAdobeRGB対応モニタなのですから、AdobeRGBを使ってみたくなりますよね。
っていうか、使わないとモニタが可哀想ですよね。
そうすると難しいことになってくるのです。

私もこのモニタを購入したときは、まさかこんな展開になるとは思っていませんでしたが、
その辺については、まだ考えがまとまらない&勉強不足なので、次回以降にお話ししたいと思います。

以上、長文失礼いたしました。

by muto2100 | 2010-10-09 11:08 | アイテム帳 | Comments(13)
Commented by papacamera at 2010-10-09 14:42
はじめまして。ピイクアップブロガー『温泉記』の紹介ブログから来ました。
実はまさに今FlexScan SXを購入するか悩んでいるところでタイムリーな記事に反応してしまいました。
以前CANON銀座でカラーマッチングの無料講習会があり、初めてAdobe RGBを知り、その色の違いに仰天。
以来、RAWをRGBで撮影しているのですが15インチの普及版PCなのでモニターの色が見にくく、
一方、colour edgeを使うほど高額投資する気もなく、今はFlexScan SXか、Dellか、Mac book Proか悩んでいます。
僕も過去のデータは全部sRGBなので、同じ悩みも抱えています。
今後の報告も楽しみにしています。

また本館の写真も拝見しましたが素晴らしいですね。
いつも行き当たりばたたりで撮っている僕に欠けている完成度の高さを感じました、
モニターネタに限らず、またお邪魔させて頂きますね。
Commented by fumicamera at 2010-10-10 02:19
わたしも sRGBで 表示、現像してます。
AdobeRGBでは 色合いが派手になりますし、、、
インターネットエクスプロラーでは AdobeRGBは カバーできないので
結局 BLOGにUPするときは sRGBに変換しなくちゃならないですしね^^;

RAW撮影(RAW自体はカラースペース概念がないですから・・・)
AdobeRGBモードで 現像(相対的な領域・・・カラー変換方法)。
その先(データーとして外部に出すとき)は、プロファィル変換で 臨機応変にいくしかないかなぁって思ってます・・・。
カラーマネージメント対応か否かで 変わってきますしね
(↑Photo shopで レッタチする場合ですし、もしかしたら、わたしの勝手な思いかもしれませんが^^;)
mutoさんの今後の結論報告を 楽しみにしています

Commented by 富嶽仙人 at 2010-10-10 11:58 x
はじめまして、一ヶ月ほど前から覗かせていただいております。風景写真のお手本の様な写真をしっかり撮られてますね。iPhoneで撮られた写真も、凄いなぁと思いました。私は真剣さのかけらもなく、ぶらりとしながら適当に撮るくらいのことしかしておりませんので、頭の下がる思いです。
昔、sRGBにするか、AdobeRGBにするかで随分と迷い、ポジフイルムスキャン時代には、とりあえずAdobeRGBでファイルを作っておくということをやっていましたけど(ファイル名でプロファイルを判別できるようにしていました)、デジカメでは黙っていればsRGBのJPEGなので、もうすっかりそっちに流れてしまいました。サブで使っているノートPC、VAIO ZにはAdobe RGB 96%のモニターを奮発しているんですけど・・・ほぼ猫に小判状態。
Commented by muto2100 at 2010-10-11 17:52
papacameraさん、こんにちは。
拙blogにようこそお越し下さいました。^^

AdobeRGBとsRGBの違いは以前から知っていましたが、
そんなものはPCの方で勝手に認識して表示してくれるものだと思っていました。
なので、モニタさえ対応させれば普通に共存出来ると思っていましたが、甘かったですね。
色々と試行錯誤が続きそうです。(^^;

後ほど、papacameraさんのblogにも遊びに行かせて頂きますね。
今後とも、宜しくお願いします。
Commented by muto2100 at 2010-10-11 17:55
fumicameraさん、こんにちは。
>>インターネットエクスプロラーでは AdobeRGBは カバーできないので
そうなんですよね。そこがネックなんです。
結局、プリントして楽しむ分にはAdobeRGBで良いのですが、
blogやHPを考えるとsRGBで統一した方が良いですよね。
でも、そうすると私のモニタを疑似sRGBモードにしなくてはならなくなります。
ちょっと面倒ですし、何だかなぁ、という感じですよね。

しばらくはAdobeRGBとsRGBを両立しながら試行錯誤したいと思います。(^^;
Commented by muto2100 at 2010-10-11 17:59
富嶽仙人さん、こんにちは。
拙blogにようこそお越し下さいました。

>>風景写真のお手本の様な写真をしっかり撮られてますね。
ありがとうございます。
フルサイズがもてはやされる昨今ですが、
APS-Cでもこれだけ撮れるんだぞ、ということを見せたくて頑張っています。(^^;
本音は、やっぱり自分の中でずっと心に残る写真を撮りたくてあちこちを訪問しています。
なかなか満足行く写真が撮れないんですけどね。(^^;

モニタ新調も、そんな気持ちの表れです。
試行錯誤が続きますが、AdobeRGBを何とか使いこなしたいと思っています。

今後とも宜しくお願いします。
Commented by jin-na at 2010-10-12 21:24
モニタ、いろいろ難しいみたいですね。

確かに、家PC ⇔ 職場PC ⇔ ミニノート ⇔ iPhoneと、
パソコンによって、自分の写真が全然違う色になりますよね。

「こっちはこっちで良いかもぉ~」なんて言ってる私には、
当分、安ものモニタで平気そうです。。^^

mutoさんのは、どのモニターで見ても素敵ですよ☆
Commented by Neoribates at 2010-10-13 12:08 x
はじめまして.
ご使用の一世代前のS2231Wを使ってます.Spyder3などを使いながらキャリブレーションをしていますが,どうもWindowsではややマゼンタ方向にシフトしがちで,どうしたものかと悩んでいます(やり方がわるいのか...).特にプリントアウトではプリンタキャリブレーションの問題も出てくるのでよけいに悩ましいところですねぇ.
写真展用にプリントアウトしようと思うと,なかなか思うようにならずに四苦八苦です.
Commented at 2010-10-15 03:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by muto2100 at 2010-10-16 06:08
jin-naさん、こんにちは。
返事が遅れてごめんなさい。(^^;

撮った写真を普通に眺めるだけならそんなにこだわらなくても良いのですが、
ことフォトコンになると話が違ってきます。色という要素はかなり重要になりますからね。
なので、色々と試行錯誤しているのです。(^^;
まだ、AdobeRGBでRAW現像した写真をプリントしていないので、
近日中にプリントして色の確認をしようと思っています。
Commented by muto2100 at 2010-10-16 06:11
Neoribatesさん初めまして。
拙blogにようこそお越し下さいました。^^

私も、以前はfueyを使っていました。
簡易キャリブレーションツールの割には、案外良い感じでしたね。
まだ、このモニタに変えてからRAW現像した写真をプリントしていないので、
これからどんな感じに仕上がるのか楽しみです。^^
余計に悩んじゃうかもしれませんけどね。

今後とも、宜しくお願いします。
Commented by muto2100 at 2010-10-16 06:16
鍵コメさん、初めまして。
拙blogにようこそお越し下さいました。

えっと、巾着田は埼玉県の日高市にあります。
今年は猛暑の影響でイマイチでしたが、100万本の曼珠沙華の林は圧巻ですよ。
今年は終わっちゃいましたが、来年は是非訪ねてみて下さい。

詳しくは巾着田のHP ↓
http://www.kinchakuda.com/
を参照してくださいね。
Commented at 2010-10-16 21:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< AdobeRGB と sRGB...      巾着田 4 >>