2008年 07月 05日
小湊鐵道 my favorite
f0018464_1941496.jpg
このblogの右にギャラリーがあるのをご存じでしょうか。
アクセス数が少ないので、殆ど見て貰えていないようですが・・・。(^^;
私は暇をみつけてはあちこちに出かけて色々な写真を撮っているのですが、
とくに思い入れのある被写体については、アルバム化してギャラリーにUPしています。

で、そのギャラリーの半数近くを占めるのが小湊鐵道関連。
何気に12回分もUPしているんですよね。
数が増えてきたので、私なりにとくに気に入った写真をピックアップして新しいアルバムにまとめてみました。

小湊鐵道 my favorite

どれも思い入れのある写真なので、全ての写真に題も付けました。
センスのない題名は笑ってスルーして下さい。^^
写真を通して小湊線の四季折々の風情を感じて頂けたら幸いです。
ちなみに、この記事のtopの写真は加工していますが、アルバムは普通の写真集です。
夏の写真が少ないので、今夏出かけて補充してきます。

是非、ご笑覧下さいませ。<(_ _)>

by muto2100 | 2008-07-05 16:26 | 小湊鐵道 | Comments(10)
Commented by tsukimizato at 2008-07-05 18:56
こんばんは
いやいや、うっかり気が付きませんでした (^^;
で、早速拝見・・・すっかりノスタルジックな気分に浸らせて頂きました。
架線の無い長閑な環境もさることながら、可愛らしくも健気に働く車両が
本当に田園風景にマッチしていますね。私も久しぶりに大井川鉄道を撮り
に行きたくなりましたよ。今シーズンの夏写真も楽しみにしています!
Commented by to-oh at 2008-07-05 21:28
こんばんは。

どれも素晴らしい写真ばかりですね。
「冴返る」や「春霖」はもちろん、私は「秋の日に」や「かえりみち」が好きですね。
汽車が入ってなくても、ここの長閑な時間を感じさせてくれる光景が私は好きですので。

私が初めてここを訪れたのは、夏真っ盛りのころでした。
桜も菜の花も水鏡も黄金色の穂波も無いんですが、とっても良かったです。

でも、小湊鉄道、すっかりmutoさんにとってもライフワークともいえる被写体になりましたね。
私ももっともっと通いたいと思います。
Commented by mino_rin at 2008-07-06 20:39
こんばんは^^ 小湊鉄道 堪能させていただきました。
ひとつひとつのお写真に 物語がある そんな感じがしました
「冴返る」や「春霖」、「土筆」、「運転手」、「秋の日に」・・・ 
たくさんの素敵な写真に 魅了されました。
運転手さんの手、ハンドルが 特に 印象的です。
いろんな思いがこの手にあらわれてる気がしました^^
夏の小湊鉄道も 楽しみにしております
Commented by hapihapitime at 2008-07-06 22:49
こんばんは
さすがに厳選された作品、見ごたえありました。
素晴らしい
小湊は当然ですが、たのシリーズがまたいいですねーーー
僕が聞くのも変ですが、タイトル、題名つけるのって難しいんでしょうねぇ
僕は題名付けたことがないので、いざ考えろって言われると何も浮かんできません(^^ゞ

追伸、D700触ってきました。
コンパクトフラッシュを持って行くとデータくれましたよ!
一応、アップしておきました。
Commented by jin-na at 2008-07-08 00:50
こんばんは。
ギャラリー、満喫させていただきました。
写真集にしたいような作品でいっぱいですね。

私もレタッチの記事などを読ませてもらって
色々と遊んでみるのですが、遊びで終わっちゃうんですよねぇ。。
どれか一つを続けられると、レベルアップするんでしょうが。

モノクロの世界に入ってみたいような、怖いような (^ ^;)
Commented by muto2100 at 2008-07-08 06:43
tsukimizatoさん、こんにちは。
小湊線は、電車じゃなくて気動車なので、架線がなくてスッキリしていますよね。
あと、この辺りは目立った産業も無いので、鄙びた日本の原風景が広がっています。
大井川鉄道も良さそうですよね。
実は、今年行こうかと企画したのですが、結局ボツになりました。
理由は、私は撮り鉄したくて、子供達は乗り鉄したいからです。
家族旅行で別行動はとれませんからね。(^^;
Commented by muto2100 at 2008-07-08 06:48
とぉさん、こんにちは。
小湊線の写真は、やはり人が入った方が良いですね。
情感が増します。
先日の梅雨の小湊シリーズは、人を絡めた写真を撮れなかったので、
それが残念でした。^^
次回訪問予定は夏真っ盛りですが、そのときは人を絡めて撮りたいですね。

>>小湊鉄道、すっかりmutoさんにとってもライフワークともいえる被写体になりましたね。
小湊線は、とぉさんに紹介して頂きましたからね。
感謝、感謝です。^^
Commented by muto2100 at 2008-07-08 06:54
mino_rinさん、こんにちは。
>>ひとつひとつのお写真に 物語がある そんな感じがしました
有り難うございます。
訪問し始めの頃は、駅を訪問して撮ってくるといった感じでしたが、
回数を重ねるうちに余裕が出てきて、テーマを設けて撮るようになりました。
別館の花の写真もそうですが、
同じ事を繰り返すと、経験値が上がって色々なアイデアが浮かびますね。

>>運転手さんの手、ハンドルが 特に 印象的です。
実は、運転中に撮った写真なので微妙に手ぶれしてるんですよね。(苦笑)
縮小して誤魔化しています。(^^;
Commented by muto2100 at 2008-07-08 07:01
hapihapitimeさん、こんにちは。
お褒め頂き光栄です。

タイトルは結構難しいですよ。
もともと小湊線にはフォトコンを意識して撮りに行っているので、
ある程度、題名のイメージはあるのですが、浮かばない時は本当に苦しみますね。
このアルバムだと、飯給駅の菜の花の写真のタイトルが苦心しました。
なかなか良いタイトルが浮かばなくて。
で、結局「Yellow Railway」なんていうタイトルにしちゃいました。(^^;

D700は日増しに欲しくなっています。
実売価格が25万円を切ったら検討します。
Commented by muto2100 at 2008-07-08 07:06
jin-naさん、こんにちは。
>>私もレタッチの記事などを読ませてもらって色々と遊んでみるのですが、
有り難うございます。
ああいうのは遊びですから、堅苦しく考えない方が良いですよ。
色々と遊んで、出来映えに自分で驚いて、家族に自慢して、blogにUPして・・・。
私もそんな程度です。^^
でも、何か1つのことにこだわってみるのは良いですよ。
私の場合は、DC Nikkorの花写真と小湊線の風景写真ですね。
同じ事を繰り返すと、経験値が増して余裕が出来るので、新しいアイデアが生まれ易くなりますからね。
モノクロも案外良いかもしれませんよ。


<< 大賀蓮 1      梅雨の本土寺 4 >>