2008年 04月 22日
伏姫桜2008
Nikon D200 + Ai AF DC Nikkor 105mm F2D
f0018464_20554365.jpg
伏姫桜の花。
弘法寺の境内に咲いていた。

このblogを古くからご覧になっている方は、
「mutoの奴、いつになったら伏姫桜の写真をUPするんだろう」
と思われたかもしれません。

伏姫桜は、当blogの看板カテゴリの1つ。
今年も見事な花を付けてくれました。
といっても、3月下旬のことなんですけどね。^^
実は、どんな順番でUPしようか迷っているうちに1ヶ月近く経ってしまいました。(苦笑)

そんなわけで、今日から伏姫桜シリーズです。
今年も気合い入ってますよ。^^

by muto2100 | 2008-04-22 21:18 | 伏姫桜 | Comments(50)
Commented by とぉ at 2008-04-22 22:14 x
こんばんは。

>いつになったら伏姫桜の写真をUPするんだろう
はい、ず~っと思ってましたよぉ。
でも、必ずUPしてくれるものと思ってましたけどね。

今年は自分も行ったので、余計mutoさんの写真が楽しみです。
気合のほど、じっくり見させていただきます。

見る方も気合入りまくりですよ。
Commented by ichi-some at 2008-04-23 15:04
この柔らかいボケがたまりません!
105㎜ですと、やはり三脚は必須ですか?

桜シリーズ、楽しみにしてます。
Commented by muto2101 at 2008-04-23 18:19
とぉさん、こんにちは。
写真を撮るときは、いつもblogに記事をUPすることを考慮しているのですが、
今回は、あまり考えずに撮りまくってしまい、
さて、どうやって記事にしようか、と考えたら何だか面倒になって放置してしまいました。^^
今でもまだ迷っているので、何回シリーズになるか明言できないでいます。
話が前後する形のUPの仕方になりますが、よろしくお願いします。

>>見る方も気合入りまくりですよ。
そんなに気合い入れないで下さいね。
大したことありませんから。^^
Commented by muto2101 at 2008-04-23 18:28
ichi-someさん、こんにちは。
>>105㎜ですと、やはり三脚は必須ですか?
実は、私は花撮りでは三脚は使いません。
ファインダーを覗きながら前後のボケ味を探しますからね。
そういう撮り方をする場合は三脚は面倒なのです。

その代わり、手ブレを防止するための工夫はしています。
まず、寄りかかれるところがあった場合は、必ず寄りかかります。
これは結構効果があります。
肘を固定できれば、まずブレません。
あと、意外かもしれませんが、必ず連射で撮ります。
シャッターを押すことによってブレるので、1枚目は手ブレし易いですからね。
2・3枚目はブレが少なかったりします。
Commented by ichi-some at 2008-04-23 20:51
私は手持ちのホールドに難ありなのです。
しかし、三脚はフットワークが悪くなるし・・・ということで一脚はどうかなと考えてます。
でも、結構揺れるという話も聞きますし、さてどうするかな?
ホールドと呼吸を最近注意してはいますが。

とても参考になります、ありがとうございました。
Commented by kicyann at 2008-04-23 21:04 x
入賞フォト先日見て来ました~~~
身近な人の写真を本で見るのは、嬉しいものですね♪^^
魚眼のイメージ~~~~~
想像していたのとは、ちょっと異なりました。。。。。
広角の感じにも撮れるんでしたねぇ。。。
私は、ついつい丸く撮ってしまって^^;
今度挑戦してみよう~~っと、
Commented by sachikogirl at 2008-04-23 22:04
こんばんは^^
いつも素敵な写真で勉強になります!
魚眼でとったしだれ桜の写真が、特に好きです^^

いつもスッキリした画質に惹かれますが、
カメラ、レンズはもとより
レタッチにもかなりチカラを入れられてるように見えます。

私もレタッチの勉強をしたいと思ってますが、
なにかオススメの本とかありますか?
よければ教えていただけると嬉しいです^^
Commented by りん at 2008-04-23 22:13 x
こんばんは!
伏姫桜、たおやかですねぇ。迫力も十分です。魚眼、ばっちりですね!
私は今年は、桜のいわゆる銘木を訪ねてないので、手に入れたばかりの望遠で前ボケばかり撮ってました(笑)
でも、今週末に訪れる予定のところは、ちょっと違ったものを撮ってきます~!
Commented by hanagasukii at 2008-04-24 07:35
おはようございます。
広角で下から撮るとめちゃくちゃ遠近感があって迫力ありますね
bの写真がすごく印象的でした。
Ai AF DC Nikkor 105mm F2D
このレンズ前から欲しいと思っていまして写真すごく参考になります。
これでぼかしたらかっこいいだろうなと思っていました。
プラスアルファの機能が使ってみたいです。
Commented by jin-na at 2008-04-24 21:47
こんばんは。
2回目の方の桜シリーズ、なんだかいつもと違いますね。
なんと言っていいか分かりませんが、明るめというか。。
不思議な感じを受けたのですが、気のせいですかねぇ?

でも桜のシャワー、気持ちよかったです。
私は。。。知らずのうちに、桜終わってましたよ ( ̄Д ̄;アリャ
Commented by muto2100 at 2008-04-25 21:28
ichi-someさん、どうもです。
>>三脚はフットワークが悪くなるし・・・ということで一脚はどうかなと考えてます。
一脚は私も以前使っていましたが、それなりに効果はありますね。
でも、結構面倒なので、結局使わなくなりました。
以前にも書きましたが、三脚と一緒で、一脚もボケ味を探しながら撮るのにはあまり向いていないのです。
風景などで、きちんと撮りたいときは三脚を使いますからね。
一脚は中途半端なんですよね。

ホールドに関しては練習あるのみだと思いますよ。^^
Commented by muto2100 at 2008-04-25 21:30
kicyannさん、こんにちは。
>>広角の感じにも撮れるんでしたねぇ。。。
今回の魚眼の写真は、なるべく歪曲が目立たないように撮りました。
歪むと面白いですが、きちんと撮りたい気持ちが強かったもので。
桜がうわぁっと降ってくる感じは、魚眼じゃないと表現できませんからね。
ただ、今回は逆光気味に撮ったので、ちょっと難しい撮影になってしまいましたね。
もうちょっと早い時間に撮れば良かったです。(苦笑)
来年は気をつけます。
Commented by hidetatu32jp at 2008-04-25 21:32
うーん、、ため息の出る美しさ・・・・。この質感・・この玉ボケ。
Commented by muto2100 at 2008-04-25 21:35
sachikogirlさん、こんにちは。
>>レタッチにもかなりチカラを入れられてるように見えます。
そうですね。
かなり力を入れているつもりです。^^
っていうか、デジカメに関しては、PCに落としてレタッチして初めて写真が完成すると思っています。
カメラ側の設定で追い込まないと上手くならないと言う人もいますが、
現地で細かく設定するよりも、
現地で失敗のない撮り方をして、家でじっくり追い込む方が自分的には好みなんですよね。
なので、私の写真はアンダー気味に撮ることが多かったりします。

レタッチに関しては殆ど自己流ですね。
あれこれ試して、失敗しながら覚えた感じです。^^
あ、使っているソフトは、SILKYPIXとPhotoshopです。
どちらも使いやすいですよ。
Commented by muto2100 at 2008-04-25 21:38
りんさん、こんにちは。
>>魚眼、ばっちりですね!
有り難うございます。
魚眼レンズを買ったのは、このしだれ桜の写真を撮るためというのが理由の一つだったので、
そういって頂けるととても嬉しいです。^^
これだけ大きいしだれ桜だと、普通のレンズでは入りきらないんですよね。
魚眼ならではの写真が撮れました。

>>でも、今週末に訪れる予定のところは、ちょっと違ったものを撮ってきます~!
おぉ、どんなところに行ってくるのか、楽しみにしていますね。^^
Commented by muto2100 at 2008-04-25 21:41
hanagasukiさん、こんにちは。
>>広角で下から撮るとめちゃくちゃ遠近感があって迫力ありますね
このしだれ桜は、実際に見るとかなり迫力があるんですよ。
でも、普通の広角レンズでは、なかなかその迫力が表現できませんでした。
魚眼レンズで「ぐわぁっ」と撮って、やっと実際に見た感じに近くなりましたね。
それだけでも、このレンズを買った甲斐がありました。

DC Nikkorは素晴らしい描写のレンズですよ。
ただ、お値段もなかなか宜しいので、購入には勇気が要りますよね。^^
Commented by muto2100 at 2008-04-25 21:46
jin-naさん、こんにちは。
>>2回目の方の桜シリーズ、なんだかいつもと違いますね。
そうですね。
あの写真は、昼間に撮った為に逆光気味だったので、現像には結構気を遣いました。
で、結局コントラストを下げて、かなり明るく現像したんですよね。
なので、いつものアンダー気味の私の写真とは、ちょっと雰囲気が違うと思います。

>>でも桜のシャワー、気持ちよかったです。
実際に見ると、もっと気持ちいいんですよ。^^
Commented by muto2100 at 2008-04-25 21:50
hidetatu32jpさん、こんにちは。
DC NikkorはDCリングを操作したふわっとした写真がよく「取り上げられますが、
実は、DCリングを使わないで普通に撮った描写も素晴らしいんですよ。
繊細で解像感があります。
中望遠の単焦点のNikkorは85mmF1.4の評判が良いですが、
このレンズもそれに匹敵していると思いますね。
欠点はAFの遅さかな。
動きものには弱いですね。^^
Commented by mino_rin at 2008-04-25 21:56
こんばんは^^ お久しぶりです。
mutoさんの玉ボケ万歳シリーズ 大好きです
自分で 写真撮ってても 時々 玉ボケ万歳ってコトバがでてくるくらい(笑)
Ai AF DC Nikkor 105mm F2D  やわらかい描写してくれますね
mutoさんのお花をみるたびに そう思います^^
Commented by to-oh at 2008-04-25 23:08
こんばんは。

伏姫桜、さすがの素晴らしい写真が続いてますね。
特に、黎明の息をのむ美しさは圧巻です。
霧が出てるのを見て、速効で出かけるあたりがmutoさんの
思い入れがいかに深いかがわかりますね。
玉ボケも良かったですし、くっきりさわやか系の滝のような花の様子も
素敵です。
Commented by okamura-ken at 2008-04-26 08:30
おはようございます

私もレタッチ後のほうが完璧に好きです 色温度下げる事により朝の冷たい空気感が強く伝わってきます
雰囲気を強く感じる出来になってると思います
Commented by muto2100 at 2008-04-26 17:22
mino_rinさん、こんにちは。
>>自分で 写真撮ってても 時々 玉ボケ万歳ってコトバがでてくるくらい(笑)
私も玉ボケが大好きで、いつも狙っているのですが、
本当に綺麗な玉ボケって、なかなか出会いませんね。
私の写真の中では、紅葉の時期に本土寺で撮ったのが最後です。
これから青葉の季節になりますので、また綺麗な玉ボケを探してみますね。

DC Nikkorの花撮りも丸一年が過ぎました。
伏姫桜シリーズの後に、DC Nikkorに関する記事をUPしようと思っています。
Commented by muto2100 at 2008-04-26 17:25
to-ohさん、こんにちは。
>>霧が出てるのを見て、速効で出かけるあたりが
いやぁ、あの日は慌てましたよ。
朝起きて、何気に外を見たら真っ白だったんで、
「おぉ、これはチャンスかも!」なんて叫んで、カメラをバックに詰めて出かけましたからね。
到着したときには、結構霧が晴れてきていましたが、
何とか、普通とは違うテイストの写真を撮ることが出来ました。

こんな機会、二度とないかもしれませんからね。
Commented by muto2100 at 2008-04-26 17:28
okamura-kenさん、こんにちは。
先日の小湊線の写真もそうなのですが、
伏姫桜は毎年撮っていて、ある程度撮り尽くした感があるので、
普通に撮っても面白くないんですよね。
なので、こういう変わったシチュエーションは逃さないように気をつけていました。
おかげで、今年は今までにない雰囲気の写真を撮ることが出来て、満足しています。
これだから、写真は止められませんね。^^
Commented by k-masa77 at 2008-04-26 19:08
「黎明のとき」は秀逸ですね。
レタッチでの作画ですが、よほどイメージがしっかりしてないと出来ないですよね。
合わせて満開前というときをも巧みに生かした点も大変参考になりました。
Commented by ichi-some at 2008-04-26 23:23
17-55は私もメインで使用してますが、透明感をあやかりたいです。
望遠は、VR70-300のみですので、単玉がやはり欲しいですね~
花を撮るようになり感じたことです。
まずは、ホールドの練習、鋭意努力します!
Commented by muto2100 at 2008-04-27 07:58
k-masa77さん、こんにちは。
>>「黎明のとき」は秀逸ですね。
有り難うございます。
レタッチは結構試行錯誤しましたが、
なんとか自分のイメージに近いものが出来ました。
こういうのは出かけた者勝ちですね。^^

>>合わせて満開前というときをも巧みに生かした点も大変参考になりました。
これは偶然です。^^
たまたま満開直前だったのですが、
「夜明け前」と「満開前」がうまく重なってくれて良かったです。
Commented by muto2100 at 2008-04-27 08:04
ichi-someさん、こんにちは。
DX17-55mmF2.8Gの描写は素晴らしいですよね。
大きくて重たいのが欠点ですけど。
あ、あと値段も高過ぎです。^^
とりあえず、DX17-55mmがあれば、この焦点域での単焦点は不要ですね。
なので、私は50mmF1.4やmicro60mmの出番がすっかり減ってしまいました。

このレンズ、「使うと写真が下手になるレンズ」って言われているんですよ。
これは、何でも綺麗に撮れてしまうので、テキトーに撮るようになっちゃうと言う意味です。
言い得てますよね。^^
Commented by hidetatu32jp at 2008-04-27 09:48
こんにちわ!

黎明 2の最後の二枚が特に好きです。幻想的というか何と言うか、、太古の昔からこういう風景が日本にあったのだろうなぁと思ったりします。 なんというかこの写真の中を着物を着た美人が通り過ぎる、、と、そんな場面を想像してしまいました。
Commented by eldora_dora at 2008-04-27 11:43
初めまして! えるどら、、と申します。
ichi-someさんから辿って参りました。
実は以前からチョコチョコお邪魔して鑑賞してました(^^)
素晴らしい写真ばかりで、見とれてます!

また過去のエントリー含め、お邪魔させて下さい!!

リンク、頂いていきます。。 宜しくお願いします・・・
Commented by asty-flower at 2008-04-27 20:34
こんばんは^^
も~~mutooさんらしい雰囲気がとても素敵な写真でうっとりです・・。
黎明 2の最後の写真にもうびっくりです。
ポスターとかになりそうなんですけど・・・・(#^.^#)
Commented by okamura-ken at 2008-04-29 17:13
桜影、魅せてくれますね~ 素晴らしいです
桜の想いが充分に伝わります 水鏡を使ってイメージ通りの写真になったのではないですか?
私もこのようなチャレンジ、してみたいです
Commented by hapihapitime at 2008-04-29 23:28
こんばんは
最終回までじっくり拝見いたしました。
どれも、素晴らしい作品です。
個人的には、最終回のすごく印象的です
何故かって、朝日でしょうか?(間違ってたらスイマセン)
あの光で桜あまり見かけませんし、黎明にもある青みがかった雰囲気も大好きですが
やっぱり最終回作品、強烈に印象に残ります。
桜撮の1枚目のソフトフォーカスいいですね。
たっぷり時間をかけ、撮影してるぅーって感じで勉強になります。
自分の単純でな撮影では、とてもじゃないですがこのような作品は生まれません(^^ゞ
Commented at 2008-04-30 01:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hanagasukii at 2008-04-30 12:36
最後の水に写った桜、水面に波がないせいか、すごいですねw
気絶寸前です。
Commented by muto2100 at 2008-04-30 18:47
hidetatu32jpさん、こんにちは。
>>黎明 2の最後の二枚が特に好きです。
有り難うございます。
あの2枚は、背景までの距離が稼げたので、霧の深い感じが出てくれましたね。
他のは背景までの距離が稼げませんでしたから。

こういう風景は、人工物を隠せるので昔ながらの風景の様に見えますよね。
出かけたモン勝ちな写真だと思います。^^
Commented by muto2100 at 2008-04-30 18:50
eldora_doraさん、初めまして。
拙blogにようこそおこしくださいました。^^
このblogは、私が暇を見つけてはあちこちに出かけて撮ってきた写真を、
取り留めもなくUPしています。
最近は房総方面に出かけることが多く、房総観光案内blogになっていますね。(笑)

後ほど、eldora_doraさんのblogにもお邪魔させて頂きます。
今後とも、よろしくお願いします。<(_ _)>
Commented by muto2100 at 2008-04-30 18:57
asty-flowerさん、こんにちは。
お褒め頂き、光栄です。^^
ここいらで、こんなに深い霧が出るのは本当に珍しいんですよ。
おかげで、滅多に撮れない写真を撮ることが出来ました。
昨年の水たまり鏡といい、今年の霧といい、ツイてましたね。
来年もまた、こんなハプニングに出会えると良いのですが・・・。
Commented by muto2100 at 2008-04-30 19:01
okamura-kenさん、こんにちは。
この水鏡の写真、実は先日の飯給・月崎の写真と同じ日に撮ったんですよ。
あの写真を撮った後、家路に就いたら何か晴れてきて、
見上げると、青空が出ているじゃないですか。
で、それが悔しくて、急遽弘法寺に向かったのです。
おかげで、綺麗な水鏡の写真を撮ることが出来ました。^^
風もなかったので、撮りやすかったですよ。
Commented by muto2100 at 2008-04-30 19:05
hapihapitimeさん、こんにちは。
>>個人的には、最終回のすごく印象的です
有り難うございます。^^
あの写真は夕方に撮りました。
昼間はザーザー雨が降っていたのですが、
夕方になって急に晴れてきたので、急遽弘法寺に行って撮りました。
風がなく、晴れたので、綺麗に撮れましたね。^^

>>たっぷり時間をかけ、撮影してるぅーって感じで勉強になります。
有り難うございます。
伏姫桜の開花は、毎年楽しみにしている被写体なので、
1年かけて色々と練ったアイデアを一気にだしている感じですね。
また1年かけて、アイデアを練っておきます。^^
Commented by muto2100 at 2008-04-30 19:11
鍵コメさん、こんにちは。
拙blogにようこそお越し下さいました。^^

スキン編集はなかなか手強いですよね。
私も、初めて編集に挑戦したときは、訳が分からず途方に暮れました。
で、苦労して覚えたテクニックなので、
他の人にも役立ててもらおうと、編集コーナーを作った次第です。

>>アバウトやカテゴリなどの枠を取り外すにはどのようにすればよいでしょうか。
カテゴリに関しては、メニュー管理画面で、チェックを外せばすぐに取り外せますよ。
アバウトに関しては、ちょっと難しいですね。
HTMLをいじらないといけないので、初心者の方は手を出さない方が無難です。
これはある程度スキン編集に慣れてきてからが良いですね。
ただ、事情があってどうしても外したければ、その旨をコメントしてください。
方法を教えます。

今後とも、よろしくお願いします。
Commented by muto2100 at 2008-04-30 19:14
hanagasukiiさん、こんにちは。
最後の1枚、実は手持ちだったので被写界深度がもう一つ稼げなかったんです。
三脚立ててきちんと撮れば、フォトコンに応募しても良かったのですけどね。
なので、ぱっと見綺麗でも、よく見ると手前がボケていたりして、イマイチだったりします。(苦笑)
blogにUPする分には十分なんですけど。

もう少し、きちんと撮らないといけませんね。(苦笑)
Commented by ichi-some at 2008-05-01 09:36
別館もあったのですね。
いずれも他では見れない絵ばかりで素晴らしいです。

ひとつ教えて下さい。
最近になって、RAW調整後のJPEG画像の劣化がとても気になり始めました。
輪郭がボケて、階調も潰れてしまってますがこれは仕方ないことなのでしょうか?
MUTOさんをはじめ他の皆さんはスッキリとしているように見えるのですが、私の手順がどこか間違っているのでしょうか?
手順は・・・
RAWをCaputure NXでレタッチ後、サイズを縮小(横幅800px)してから同時にJPEG保存してます。
試しにサイズ変更せずにJPEG保存もしてみましたが、やはり同じです。

時間のある時で結構です、よろしくお願いします。
Commented at 2008-05-01 11:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by muto2100 at 2008-05-01 22:31
ichi-someさん、こんにちは。
>>別館もあったのですね。
ははは。そうなんです。
DC Nikkorの花写真にはまってしまって、一年前に別館blogを立ち上げたのです。
こだわりを持って1年間同じ作風を通してきましたので、
それなりの雰囲気のようなものが出てくれましたね。
今後もVol.2の発行を目指して撮り続けていくつもりです。

>>RAWをCaputure NXでレタッチ後、サイズを縮小(横幅800px)してから同時にJPEG保存してます。
NXは使ったことがないのでよく分かりませんが、RAW現像で画質の劣化はあり得ません。
jpegレタッチも、3回、4回と修正・保存を繰り返さないと目に見える劣化は起きないと思います。
なので、一番怪しいのがサイズの縮小。
縮小時にファイルサイズを指定していませんか?
ファイルサイズを指定していると、そのサイズに納めなくてはならないので、
ソフトが強制的に画質を劣化させます。
とりあえず、私が思いつくのはこれだけですね。
Commented by muto2100 at 2008-05-01 22:46
鍵コメさん、こんにちは。
>>アバウトやカテゴリを囲んでいる四角い黒い線(枠)をはずしたい、と思ったのです。
鍵コメさんのblogを訪問して分かりました。
あの黒っぽい枠のことですね。
CSSの中に、DIV.MNTTLという文字列がありますよね。
その中に、こんな文字列がないですか?

BORDER: 1PX #○○○○○○ SOLID;

#○○○○○○は色コードです。
これは、メニュータイトルの境界に#○○○○○○色の線を引け、という命令です。
この行を削除すれば、黒っぽい枠は無くなります。
ちなみに、
BORDER-bottom: 1PX #○○○○○○ SOLID;   
で、アンダーラインになります。
この辺については、カテゴリ「スキン編集」の“立体化”の記事を参照してください。
Commented by ichi-some at 2008-05-02 00:16
ありがとうございました。
他のソフトのことはわかりませんが、サイズ変更せずに現像をしても諧調が損なわれるようです。

どうやらシャープの不足のようです。
しきい値を上げすぎていたこともあり、用途別に組み合わせを試してみます。
Commented at 2008-05-02 14:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by muto2100 at 2008-05-03 07:13
ichi-someさん、こんにちは。
なんだかお役に立てなかったみたいですね。(苦笑)
ソフトによって、勝手が違いますからね。私はNXは使ったことがないもので。^^

>>どうやらシャープの不足のようです。
かけすぎても画像が荒れますから、気をつけてください。
Commented by muto2100 at 2008-05-03 07:15
鍵コメさん、こんにちは。
うまくいって良かったです。
スキン編集って、原因が分からないとイライラしますよね。^^
で、原因が分かるとちょっとしたことだったりします。

納得のいくスキンが出来ると良いですね。


<< 春風駘蕩      片栗 >>