2007年 10月 06日
小湊鐵道 全18駅紹介  ~牛久以南編~
Nikon D200 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(1枚目のみ)
f0018464_7245329.jpg
昨日の続きです。
今回は、上総川間駅~上総中野駅(終点)までです。
勿論、今回も実際の駅順で紹介します。

この区間は、汽車の交換ができる場所が1カ所もない閉塞区間となっています。
つまり、川間~中野間は汽車が1本しか進入できないということですね。
そのため、五井~牛久間に比べると、汽車の本数が激減します。
また、そのほとんどが無人駅なので、小湊鐵道ならではの鄙びた風景を見ることができます。

なお、評価は私の主観ですから、参考程度に留めて下さいね。

にほんブログ村 写真ブログへ



 
 
 
-上総川間-

f0018464_732855.jpg

田んぼの真ん中にぽつんと建っている駅。
田園風景を絡めた写真を撮るならここが一番。
ただ、田園風景以外何もないので、初めての人にはオススメできない。
3・4回目くらいに行くと、ここの良さがわかると思う。
ちなみに乗り鉄の場合、折り返しの上りの汽車が来るまで80分前後待たなくてはいけないので、
帰りを急ぐなら上総牛久駅まで歩いて戻った方が良いだろう。(私の足で徒歩20分少々)

雰囲気:★★★★
撮影スポット:★★★
オススメ度::★★★







-上総鶴舞-

f0018464_732171.jpg

関東の駅百選に選ばれた、小湊線を代表する駅。
駅から下り方向を望むと、通称「鶴舞カーブ」と呼ばれる田園風景が広がっている。
このカーブを走るキハ200の姿は必見。
駅構内および周辺には花も多く、発電所跡があったりと見所は多い。
自動車でのアクセスも容易なので、個人的には一押しの駅である。

雰囲気:★★★★
撮影スポット:★★★★★
オススメ度::★★★★★








-上総久保-

f0018464_7324235.jpg

大銀杏が有名な駅。
なので、黄葉の時期以外はとくに見所はない。
自動車で行く場合、ナビが無いとちょっとわかりにくいかもしれないな。

雰囲気:★★★
撮影スポット:★★
オススメ度::★★










-高滝-

f0018464_7325433.jpg

野良猫が住み着いている駅。
適度に人に慣れていて、ミャーミャー鳴きながら近づいてくる。
近くに高滝湖という人造湖があって、そこで催される花火大会の時はかなり混雑するらしい。
ただ、普段は閑散としていて駅舎の雰囲気はとても良い。
なんだかんだ言って、立ち寄ることの多い駅である。

雰囲気:★★★★
撮影スポット:★★★★
オススメ度::★★★★








-里見-

f0018464_733689.jpg

私が、初めて小湊鐵道を訪問したときに立ち寄った駅。
初めて立ち寄ったのがここで良かったと思うくらい雰囲気の良い駅である。
季節の花も多く咲き、とくに春先に線路に生える土筆はなかなかに可愛らしい。
ここから下り方向に100mほど行くと、有名なS字カーブの撮影スポットがある。

雰囲気:★★★★
撮影スポット:★★★★★
オススメ度::★★★★★








-飯給-

f0018464_7334896.jpg

「いたぶ」と読む。
何でこんな所に駅があるのだろう、とその存在意義を問いたくなる駅。(笑)
この駅での鉄っちゃん以外の乗降客は、いままでに1人しか見たことがない。
しかし、鉄っちゃんにとっては、これ以上は無いというくらいローカル色全開の駅である。
桜の時期が良いというので、今年の春に2度ほど訪問したが、
結局桜の写真を撮ることはできなかった。
基本的には何もない駅なので、何かあることを期待する人は行ってはいけない駅である。

雰囲気:★★★★★
撮影スポット:★★★
オススメ度::★★★








-月崎-

f0018464_7335972.jpg

小湊鐵道を代表する駅の1つ。
あの独特な雰囲気は、まさに異次元空間。
都会の喧噪から離れて、この駅でホケーっとするのが個人的には大好きである。
駅舎、周辺ともに撮り所が多く、いつ訪問しても満足感で満たされる。

唯一の欠点は遠いこと。
自動車、乗り鉄ともに、ここまで来るには相応の時間がかかることを覚悟して欲しい。

雰囲気:★★★★★
撮影スポット:★★★★★
オススメ度::★★★★










-上総大久保-

f0018464_7343523.jpg

トトロの絵以外は何もない駅。
近くに小学校があって、子供達が通学に利用している。
しかし、人気という意味では小湊鐵道の駅でNo.1かもしれない。
とくに桜の時期が有名で、「小湊鐵道 桜」でググると、
この駅の桜の写真を多く目にすることができる。

雰囲気:★★★★★
撮影スポット:★★★
オススメ度::★★★








-養老渓谷-

f0018464_7344656.jpg

養老渓谷へのハイカー御用達の駅。
紅葉の時期は、駅はハイカーで溢れかえる。
私も以前、紅葉の時期にここから上りの汽車に乗ったのだが、
ものすごい混雑で、終点の五井駅まで座れなかった。

ちなみに、終点は上総中野駅なのだが、利用客の関係で、この駅止まりの汽車が多い。

雰囲気:★★★★
撮影スポット:★★★
オススメ度::★★★










-上総中野-

f0018464_7345587.jpg

小湊鐵道の終着駅。
ここでいすみ鉄道と接続している。
この駅の存在価値は、いすみと接続していることだけであろう。
終点ということで、それなりに見所はあるのだが、
乗り鉄の場合は、乗り過ごすと次の汽車まで3時間待ちなどということになるので要注意。

雰囲気:★★★★
撮影スポット:★★★
オススメ度::★★




以上ですが、如何でしたか?
一応、今回は小湊鐵道に馴染みのない人を対象に紹介させて頂きました。
そういった意味で、マニアックな川間と大久保の評価は辛めに付けてあります。
これから小湊鐵道に行ってみようかな、という人の参考になれば幸いです。

小湊鐵道に1年通い続けて、とりあえず駅を訪ねて写真を撮る、というのはこれで完結しました。
今後は、季節のイベントやテーマを絞って訪問することになると思います。

日本の原風景が広がる小湊鐵道沿線。
これからも変わらずそこにあり続けて欲しいですね。

※ 内容が重複するので、コメントはこちらにお願いします。

by muto2100 | 2007-10-06 08:30 | 小湊鐵道


<< 秋桜      小湊鐵道 全18駅紹介  ~牛... >>