2017年 03月 09日
根本海岸 3
Nikon D750 + AF-S 20mmf/1.8G ED + POLARIE
f0018464_2232412.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

前回の続きです。

今回の目的はこれ。天の川を絡めた星景写真です。

とはいっても単純に三脚を立ててパチリではなく、
今回はビクセン社のポラリエという赤道儀を使いました。
とりあえずは天の川はバッチリ写ってくれました。^^

ちなみに、↑ の写真のカメラ側の設定は、
F3.5、ISO:1600、SS:30秒です。
 



 
f0018464_22385223.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

↑ 夜明け前の時間帯だと、こんな感じにちょっと色味掛かります。

この写真もカメラ側の設定は、
F3.5、ISO:1600、SS:30秒です。

私にとって今回は初めての赤道儀を使った星景写真になりますが、
そこそこ良い感じに撮れたと思うと同時に、細かい部分で経験不足も露呈しています。

例えば、写真の左下端の岩がぼやけていますが、
これは左端の岩が手前にあるからです。

星景写真は絞りを開け気味で撮影するので、被写界深度が浅いです。
それなのに、いつものガッツリ絞った風景写真のノリで構図を決めたので、
左端の岩にピントが合わなかったのです。

また、岩が妙に緑色なのは、私の背後に街灯があったからです。
背後とはいっても、それなりに遠くにあるので問題無いと思ったのですが、
見事に影響されました。(^^;

ポラリエの設置についても、初めてだったので結構手こずりましたね。
まぁ、これについては、あと2・3回撮れば慣れると思います。

↓ 参考までに、topの写真の中心部の等倍切り出し画像です。

f0018464_2252253.jpg

すこーしだけ星が流れていますが、ほぼ止めることができました。

ポラリスのオプションキットのポーラーメーターのおかげで、
極軸望遠鏡を覗かなくても、これくらいの精度は確保できます。
超広角レンズで星景写真を追う分には、これで十分ですね。
今回は30秒露光ですが、1分程度でどうなるかは今後検証します。

f0018464_22553441.jpg

この日はこれで撮影を終了し、帰路につきました。


実は、今回の訪問の後に、
あまり時間を置かずに、もう2回ほど深夜の根本海岸を徘徊し、
赤道儀撮影の習熟を図りました。

それについては、次回以降の記事で紹介します。
 

by muto2100 | 2017-03-09 23:03 | ポラリエ | Comments(0)


<< 根本海岸 4      根本海岸 2 >>