2013年 04月 13日
春の色 2
Nikon D7100 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G
f0018464_7284295.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

題:「 春の色 」

前回の続きです。
高滝駅を後にして私が次に立ち寄ったのがここ。
桜で有名な飯給駅です。

露出オーバーギリギリに設定して撮影し、
さらにハイキー気味、かつ色温度を上げてRAW現像することによって、
鄙びたローカル線の穏やかな春を表現しました。

納得・会心の1枚です。 ヽ( ^∀^)ノ ヤッター



f0018464_7391353.jpg

↑ 私が飯給駅に到着したときはこんな感じでした。

濃霧が立ちこめていて、駅舎以外は何も見えません。
「こ、これは、すんごい写真になるぞ!」
と、興奮のあまり鼻血ブーして服が血だらけになりました。(← 嘘)

ただ、次の汽車がやって来るまでに30分ほどの時間があったのですが、
残念ながら、その間に霧が晴れてきてしまいました。 orz
そんなわけで、topの写真は背後の小山や民家が見えています。
(^^;

まぁ、なかなか思い通りにはいきませんね。
高滝駅に立ち寄らずに飯給駅に来ていれば、とも思いましたが、
高滝駅は高滝駅で良かったので悔いはありません。
個人的にはtopの写真でも、十分に私のお気に入りです。

f0018464_8103162.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

↑ 汽車が飯給駅で停車した状態です。
2両編成だったので、停車すると駅舎が完全に隠れてしまいます。
構図的な収まりはこっちの方が良いのかもしれませんが、topの方がお気に入りです。
やはり、ちょっと傾いたホームの「いたぶ」の看板は外せないよな、と。

そんな訳で、topの写真は汽車が動いている状態で撮っていますので、
汽車が被写体ブレしないように、カメラ側の設定にちょいと気を遣っています。

参考までに、topの写真の撮影データを紹介すると、
絞り:F4.0、感度:ISO200、露出:EV+1.3で、SS:1/250秒。
勿論、三脚・ケーブルレリーズを使用しています。
どうせ背後は霧でボケますから、絞り込む必要は無いので開放気味にして、
基本感度のISO100だとSSにちょっと不安があったので、ISO200にしました。
D7100は高感度に不安がありますが、ISO200なら無問題。

設定に関してはバッチリだったかな、と自画自賛です。^^

f0018464_7441899.jpg

飯給駅の桜の時期の写真はあちこちで紹介されていて、
すでに撮り尽くされた感があります。
私も、何とか他の人が撮っていないような飯給駅の写真が撮れないものか、
と、常々思案していました。
なので「濃霧」と聞いて真っ先に思い浮かんだのが「飯給駅」です。

この日、この場所にいたカメラマンは私一人。
何度も通い詰めれば良いことがあるんだな、とつくづく感じたひとときでした。

次回は、春の小湊鐵道シリーズの最終回です。


※ 内容が重複するので、コメントはこちらにお願いします。

by muto2100 | 2013-04-13 08:10 | 小湊鐵道


<< 春の色 3      春の色 1 >>