2013年 04月 06日
霧の朝 1
Nikon D7100 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G(a,b,d,e)
Nikon D7100 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(c)

-a-
f0018464_19542534.jpg

今夜は日本中が大荒れの天気みたいですね。
千葉県地方の散りかけの桜も、今夜の嵐で完全に無くなりそうです。

明日は風が強いですが、雨は降らないみたいです。
私は午前中は仕事が入っているので、出かけられたら夕方に出撃します。
波が高そうなので、行くなら海が良いのかな。^^
もっとも夕陽が出ないと意味がないので、晴れればの話ですが。

で、今日UPしたのは3月末に小湊鐡道を訪問した時の写真です。
この日は千葉県全域に濃霧注意報が発令されていました。
ということは、桜と菜の花と霧を絡めたローカル線の写真が撮れるのではないか、
と期待に胸を膨らませて、早起きして出撃した次第です。




-b-
f0018464_19245547.jpg

夜明けとともに霧は晴れていきますから、
汽車を絡めて撮影できるのは、時間と汽車の本数を考慮すると2・3か所程度でしょうか。
なのでチャンスは多くありませんから、
行き当たりばったりで訪問するわけにはいきませんよね。

で、車を運転しながら条件を整理して、私が最初に訪問した撮影地がここ。
高滝駅です。

-c-
f0018464_19473629.jpg

高滝駅を選んだ理由は2つあります。

1つ目は今年の小湊鐡道沿線の桜は大不作でしたが、
先日の下見で高滝駅は桜が比較的多く咲いていることが判っていたこと。

そして2つ目は、霧で視界が悪くなった方が高滝駅は都合が良い、ということです。
高滝駅の駅舎は風情があってとても良い雰囲気なのですが、
駅舎の周辺に人工建築物が多く、ローカル色がイマイチ出しにくいんですよね。
霧で周辺の建築物が隠せれば、良い雰囲気の写真が撮れるかな、と。

-d-
f0018464_19474452.jpg

ホームから撮った ↑ 上り方面と、↓ 下り方面の写真です。
遠景の人工物が霧に隠れて、なかなか良い感じじゃないですか。
桜と菜の花の咲き具合も悪くないですし、これは期待が持てますね。

( ̄ー ̄) ニヤリッ

-e-
f0018464_19475351.jpg

汽車がやって来るまでに20分程の猶予があったので、
あちこちに移動して試し撮りをしながら構図を練り、
気に入った場所に三脚を立てて汽車の到着を待ちます。

つづく。

by muto2100 | 2013-04-06 20:03 | 小湊鐵道 | Comments(4)
Commented by ilovedart at 2013-04-07 19:57
mutoさんの撮影スタイル大好きです。
ぜひご一緒したい。。

さてさて、この後楽しみっ!

Commented by muto2100 at 2013-04-08 00:25
ilovedartさん、こんにちは。

>>ぜひご一緒したい。。
私の方こそ、dartさんの感性を盗みたいです。
千葉と山口では距離が遠すぎますけどね。(^^;

とりあえず、先ほど1枚UPしましたが、
この後、霧を絡めてシリーズ化して紹介していきます。
ご笑覧くださいませ。
Commented by pine-no-asioto at 2013-04-15 07:49
春らしいトーン、ストーリーを感じるphotoの数々、、、どれも素敵で、一目ぼれしてしまいました!
私もニコンユーザーで、今D90(たまにJ1)を使っているのですが、そろそろ買い換えたいと思ってて、
D7100とD600で悩んでいるところです。

マールちゃんも可愛い~ 我が家にもワンコがいます。
7歳になりますがジャックラッセルテリアと暮らしています。

ここへ来ること、、、楽しみがひとつ、増えました♪

Commented by muto2100 at 2013-04-16 07:01
pine-no-asiotoさん、初めまして。
拙blogにようこそお越し下さいました。

お褒めいただき光栄です。
写真は、はじめにイメージありきだと思っています。
撮影地に赴き、「こんな写真を撮りたいな」とイメージして、
あとは、いかにそれに近づけるかですね。

D7100とD600で悩まれているそうですが、
レンズ資産にもよりますが、それぞれ長所・短所がありますので、
自分の撮影スタイルに合わせて選択されれば良いのではないでしょうか。
動き回るわんこを追いかけるなら、断然D7100ですし、
夜に手持ちで撮影することが多いならD600です。
よく言われるDX・FXの画質の差は明るい所で普通に撮った場合、ほとんどありません。
参考になれば幸いです。

今後とも、よろしくお願いします。


<< 霧の朝 2      伏姫桜2013 #3 >>