2011年 08月 25日
田園詩 1
Nikon D300 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm F4G(a,b,c,d,e)
Nikon D40 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(f)

-a-
f0018464_9221121.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

8月も終盤になりました。早いですねぇ。
厳しい暑さも和らいできて、秋の気配が聞こえてきた今日この頃です。

で、1週間ほど前のことになりますが、久しぶりに小湊鐵道を訪問してきました。
この時期の訪問ですから、お目当ては勿論稲穂です。
topの写真は上総川間駅の一コマ。
超広角レンズを使って一面の稲穂を強調してパチリ。
うーん、なかなか良いじゃありませんか。^^

刈り入れまで間があるこの時期の稲穂は黄金色ではなく、
まだちょっと青みがかっていましたが、
綺麗な稲穂の絨毯をファインダーに納めることが出来ました。



 
topの写真は、何気なく撮っているようですが、実は2つの工夫が入っています。

1つ目の工夫は、稲穂をより多く入れるために、
大型三脚を使って2m超の高さから見下ろすようにして撮っています。
1m程度の高さから撮ったのでは、こんなに多くの稲穂を入れる事は出来ませんからね。

でもって2つ目の工夫は、RAW現像時にデジタルシフトを加えていることです。
超広角レンズはどうしても歪みが出るので、
RAW現像時にそれを矯正することを前提に構図を決めて撮りました。
って、言ってることがわからないですよね。(^^;
なので、例を挙げます。

↓ これがtopの写真の元画像です。

-b-
f0018464_7555150.jpg

やや右上がりなのは禁句です。(^^;
2m超の高さにカメラがあるので、不安定な脚立に乗ってファインダーを覗いたのですが、
水平がとりきれませんでしたね。
ちなみに、RAW現像を前提に撮っていますから露出はアンダー気味です。

元画像を見ると、写真上部の汽車が歪み、電柱が傾いていますよね。
この方が“広角レンズで撮った感”があるので好みだ、という人もいますが、
私はあまり好きではありません。
電柱はスッキリ真っ直ぐに立っていて欲しいのです。
で、これをパソコンのソフトウェアで矯正するのがデジタルシフトで、
矯正したのがtopの写真なのです。

また、元画像で注目して欲しいのは構図です。
この写真だけを見ると上部にやや間があり過ぎますよね。
でも、デジタルシフトを加えると上下部が欠けるので、実はこのくらいが丁度良いのです。
逆に言うと、デジタルシフトを加える場合、
それを計算に入れて構図を決めなくてはならないのです。

↓ 参考までに、元画像をデジタルシフトを加えずにRAW現像した写真もUPします。
上部の空は不要なので、トリミングしました。

-c-
f0018464_9252075.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

うーん、こっちも広がり感があって悪くないですねぇ。
っていうか、こっちの方が良いかな。(^^;

私はRAW現像にはSilkypix DS Proを使っています。
Silkypixはとても使いやすくて、初期の頃のバージョンからずっと使い続けています。
デジタルシフト機能も例外ではなく、とても使いやすいですね。
微調整が効くので重宝しています。

↓ あと、デジタルシフトをしないことを前提に、空をカットした構図で撮影したのがこれです。
-d-
f0018464_758347.jpg

↓ でもって、これにデジタルシフトを加えるとこんな感じになります。
-e-
f0018464_824591.jpg

上部が詰詰になっちゃいましたね。
これは頂けません。(^^;

だからデジタルシフトを加えるときは、あらかじめ上下部に余裕が必要になるのです。


こういう加工を施すと、「これは写真ではない」という人もいますが、
私は、基本的には新しいものを加えたり引いたりしなければ写真としてはOKだと思っています。
どんなレンズだって多かれ少なかれ歪みを補正していますし、
今回のデジタルシフト機能を光学的に施しているレンズもあります。
ただ、あのレンズは高価で手が出ないので、ソフトウェアでの加工に頼っているだけです。

-f-
f0018464_936371.jpg

デジタルになって、撮影スタイルは随分と変わりました。

構図を決めて、ピントとブレに最大限の注意を払い、
露出はややアンダー気味に設定して、自信がなければABKで段階露出。
WBはどうにでもなるのでお構いなし。
シャッターチャンス前後に連写して、その中から最も出来の良いものを選択し、
現像ソフトで加工して作品に仕上げます。

撮影自体の難易度は下がりましたが、パソコンを使いこなせないと作品にはなりません。

パソコンに明るい人にとっては写真の難易度は下がりましたけど、
苦手な人にとっては難しいものになっちゃいましたね。


以上、くだらない独り言でした。(^^;

by muto2100 | 2011-08-25 08:53 | レタッチ


<< 駅.Locky      里帰り >>