2010年 12月 27日
九十九谷展望公園(9回目)
Nikon D300 + AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-200mm F2.8G
f0018464_9105749.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

写真の神様、そろそろ私に微笑んで下さいな。(^^;



 
私が九十九谷展望公園に行くのは、行き当たりばったりではありません。
一応、ネットの天気予報を見て、雲海の出そうな日を狙って行きます。

↓ で、この日(12月21日)の天気予報はご覧の通り。 
f0018464_9152148.jpg

f0018464_9153052.jpg

f0018464_9153886.jpg

f0018464_9154741.jpg

これら4つの天気予報を統合して予想すると、

天気:晴れ
湿度:80%後半
風:微風

といった感じでしょうか。
これはなかなかの良コンディションですね。
微風なので一面の雲海は望めそうもありませんが、それなりの霧は出てくれるでしょう。

ということで、期待を胸に現地入りしましたが、↓ 結果はご覧の通り。
f0018464_9284863.jpg

微風では無く、木枯らしがピープー吹いていて、さらに最悪なことに思いっきり曇っていました。

orz

f0018464_9484753.jpg

九十九谷の撮影においては曇りだけはNGです。
太陽が出てくれないと、どうにも撮りようがないですね。
で、一部だけ雲の切れ間があったので、
そこから太陽が顔を出すのをひたすら待って撮ったのが↑の写真です。

↓ しかも、この後、呆れかえったのがこの状況です。
f0018464_932483.jpg

陽が昇るにつれて、なんと雲まで一緒に昇ってきました。
その為、いつまでたっても太陽が顔を出しません。
これでは光芒写真も撮れませんよね。

さらに地平線は雲一つ無く、すっかり綺麗になっています。
しかも風も収まり、穏やかです。
この状況で日の出を迎えたら、それなりに良い写真が撮れたと思います。

この日はわざと良い写真を撮らせないように仕組まれたみたいな状況でしたね。
何か、写真の神様に嫌われちゃったみたいです。(^^;

九十九谷展望公園も今回で9回目になります。
果たして、感動の雲海写真を撮ることが出来るのはいつになるのでしょうか?

※ 悔しいのでコメ不可です。^^

by muto2100 | 2010-12-27 09:42 | しくじるは稽古のため


<< 年の瀬 2010      首都高速 >>