2009年 09月 01日
金の稲穂と処暑の雲 1
Nikon D300 + AF-S DX Zoom Nikkor ED 12-24mm F4G
f0018464_2134422.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

黄金色に染まった稲穂の絨毯の上を進むキハ200形。
そして夏雲と秋雲の入り交じった季節の変わり目の微妙な空。
素晴らしい日本の原風景がそこにありました。



  
f0018464_2143360.jpg

topの写真は見た目に近い感じにしたかったので、RAW現像時にデジタルシフトを加えています。
↑ 元の画像はこんな感じでした。
デジタルシフトについては、こちらを参照して下さい。

こういうレタッチは賛否の分かれるところですが、私はtopの写真の方が気に入っています。

f0018464_21232436.jpg
↑ クリックすると大きくなります。

うーん、ちょっと汽車が小さすぎたかな。(^^;

f0018464_2111154.jpg

今回の撮影は、上総久保駅の近くで撮りました。
この場所は、前から撮影スポットとして目を付けていたんですよね。
田植えの時期の水鏡も良い感じに撮れそうなので、半年後にも撮りに来るつもりです。

↑↓ 本当はこの構図で撮ろうと思っていたのですが、今回は雲が多くて断念しました。
来年の楽しみに取っておきます。

f0018464_2111949.jpg

次回は上総川間駅です。

※ 内容が重複するのでコメントはこちらにお願いします。

by muto2100 | 2009-09-01 21:30 | 小湊鐵道


<< 金の稲穂と処暑の雲 2      処暑の候 >>